このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


沖縄 に お住まいの 「 り~か~さん 」  の愛娘、 ベビーパグの かえでちゃん の
お姿を 拝みにいったついでに、 こんな お土産? を いただきました。


0630-1



マジメ で 几帳面 な A型の性格ゆえ、 さっそく お答えさせていただきます。
が、読んでも楽しいモノではございません ので 予めご了承を。


                        ★ ★ ★

1.回す人3人を最初に書いておく。

  ルリさん

  ミズキさん

  アトムママさん


  急ですが、どうぞよろしくお願いします! でも 面倒なら とっとと、 スルー してください♪


2.お名前は?

  豆2母。

  別名: 照屋ラッセル

  ジャック ラッセル テリア の ように よく動く から。 サメと同じく 止まると 死ぬ。


3.おいくつですか?

  わたしの人生設定は60年。 その半分は 消費してるな。


4.ご職業は?

  自営業。 ワンコに 食べさせてもらっています。


5.ご趣味は?

  カタカタを少々・・・ ってゆーのは 豆太郎で、
  わたしの 趣味は パグの 「 シワ掃除 」。  キレイ好きなの♪


6.好きな異性のタイプは?

  ワイルドなヒト。

  転んだとき コンビニで バンドエイド 買ってきてくれるより、 いきなり ペッ と
  ツバを 吹きつけてくれるような、 孤島でも シッカリ 生きて いけそうなヒト。


  でも、 本当に ツバ かけられたら ソッコー しばく と 思う・・・。

 
7.特技は?

  力仕事 全般 そして 虫採り(=害虫専門)


8.資格を何か持っていますか?

  普通自動車免許。 教員免許。



9.何か悩みはありますか?

  さいきん、モノ忘れが激しい・・・。昨日のごはんさえ忘れてる・・・。



10.お好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

  にく!!!

 
お肉が好き!!! あと ファンタ オレンジ。


  嫌いなモノは、 ふにゃふにゃの麺!


11.アナタが愛する人へ一言

  パグっぽたちへ
 
  君たちを 迎えたときに 約束した 「 世界で イチバン 幸せな ワンコに してあげる 」 は、
  かあちゃん まだまだ 力不足で、 君たちの 不調 に さえ 気づいて あげられないことも
  あるけれど、 でも、 出来る限り の ことは 何でも してあげたいと いつも 思ってる。
  君たちが わたしに 与えてくれるものは 何物 にも 代えがたい、 宝物。
  一生をかけて 君たちを 大切にするからね。


12.回す人を3人指名すると同時に、その人の紹介を簡単に

  ルリさん  白パグ & 黒パグ コンビ 「 にこ&もかちゃん 」 の ママです。
          いつも 愛情いっぱい の 記事に 癒されてます。


  ミズキさん  独特の 視点 と 感性 の 持ち主。 チョットくんの にぱぁ~ な 笑顔 に
           逢いたくて  お邪魔させて もらってます。


  アトムママさん  3匹のフガフガちゃん たちの ママさん。
              トップページの 「 踊るジャニス姫 」 は 最高!




                         ★ ★ ★



こんな カンジ で よろしいでしょうか?


0620-2



ほっとけッ!!!



さてさて、どんな 結果が 出るのやら。



小鳥たちの 賑やかなさえずりをBGMに、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日も 元気です!



スポンサーサイト

このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


前回の 「 ヘソみかんの局 」 では、  せっかくの 新しい オモチャ を ぜんぶ 豆太郎 に
ひとり占め されてしまった そら豆。
黙って 眺めていた彼は あまり オモチャ に 興味がないのかと 思いきや・・・

今回は そんな そら豆 の ストーリー です。


                          ★ ★ ★


異国の姫君たちを、 その 餅 のような 執着心 で、 ねこそぎ 「 マメタロウ 大奥 」 へと
連れ込んでしまった マメタロウ 将軍


0628-1



本来は お世継ぎである  ソラマメの君 のための 姫様方 でもあったのだから、 
ソラマメの君 の ご心中は 穏やかであるハズがない。


「 姫などに 興味ござらん 」 風 の そぶり で  お父上の マメタロウ 将軍 が
姫様方 と お戯れの様子 を、 遠くから 眺めてらっしゃる 眼差しには、 しかしながら
落胆 の 色 が ありありと・・・

0628-2



母君のお計らいで ワン姫様が お訪ねになると


0628-3



やはり 血気盛んな 若い殿方。 姫様への 並々ならぬ 興味 が 伺え・・・


0628-4



しかし 餅の執着心 を 持つ マメタロウ 将軍 が そのような所業を お許しになられる
ハズがなく・・・ 自らお出向きになられて ワン姫様 を お連れ戻しになる 始末。


0628-5


更には、 餅のように粘っこい お小言 が 始まるのだから、 ソラマメの君 には 堪らない。


0628-6


06287-7



そんな様子を 見かねた 母君 が 仲裁に お入りになられても


0628-8


0628-9



色に溺れる マメタロウ 将軍 と、 色に目覚めはじめた ソラマメの君 の 確執は
御方同士で ご決着 を おつけになるほか 手立てはないようで・・・


0628-10


0628-11



ここはひとつ、 お若い ソラマメの君 の 出方が 今後の 「 大奥 」 へも 重大な影響 を
及ぼすあって、 うるさがたの お局様 (わたし) など、 密かに 若様を支持する勢力 も
あるとかないとか。


殿方たるもの、 ここ一番の 出方 が 大切ですぞ

との、 家臣(わたし) の 注進にも・・・


0628-13



お父上であり、 また 天下の 豆 将軍 であられる マメタロウ 将軍 の < 性質 > を
誰よりも よく ご存知の ソラマメの君

それ故に マメタロウ 将軍の 逆鱗 に 真っ向から 立ち向かう ご準備は 、まだまだ
お若い ソラマメの君 には なさらない ご様子で・・・


0628-12



ソラマメの君 の 苦悩 は つづく・・・



                        ★ ★ ★


ふだんは あんなに ヤンチャ な そら豆が、 こと 「 オモチャ 」 に対しては その 全支配権
を 豆太郎 へ 一任 しているのが なんとも 不思議で。
 
ちなみに、 「 ごはん 」 に 関しては 絶対に譲らない そら豆。 豆太郎に 勝るとも劣らない
餅 の 執着心 を みせてます(笑)
  


豆 将軍 と 若様 の イビキ が 足元から響く夜、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日も 元気です!




このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


豆太郎 が 愛して止まない 「 ヘソみかん 」 。
イチバンの お気に入りの オモチャ だけに 「 ヘソみかん 行方不明事件 」(←クリック)
の ときなど そりゃぁ もう 大騒ぎで。

0410-10


ところが、日本へ帰国していた 友人からいただいた、 たくさんのお土産(オモチャ) が
仲間入りしてからというもの、 豆太郎 と ヘソみかん の 関係に なにやら 異変 が ・・・。


今日はそのことについて、 ちょっぴり 時代劇風に お話ししたいと思います。


                      ★ ★ ★


“ ヘソみかんの局 ご傷心 ” の 噂が 大江戸・・・ではなく バリの町(ホントはうちだけ)
 に 聞こえて 久しい。


「 ヘソみかんの局 」 といえば、 その 輝くような 美しさ (つまり黄色い) と 肉体 (つまり
ラテックス製) で 「 マメタロウ 将軍 」 の ご寵愛 を 欲しいままにしてきた 美貌の姫様。


0625-1



ヘソみかんの局  に 対する、 マメタロウ 将軍の なみなみならぬ ご執心 と ご寵愛 には
さすがの うるさがたの お局様たち も 閉口し、 マメタロウ 将軍の 篤いご庇護 と 相まって
ヘソみかんの局  は 「 マメタロウ 大奥 」 で 不動の地位 を 守り 続けてきた。


0625-2



そんな  ヘソみかんの局  が 

        “ ご傷心 ”
 とは これ如何に?
 



コトの起こりは 神無月のはじめ。

マメタロウ 将軍  の 母君が、 日のいずる国からの 貢物 である 「 異国の姫様 」たち を
将軍家へ お招きになったことに 端を発する。


0623-3



ちょうど お年頃 で いらっしゃる 将軍様の 一粒種 「 ソラマメの君 」 との お引き
合わせの 心づもりが どういう訳か裏目にでて、 うら若き姫様方の 麗らかなお姿に

マメタロウ将軍  の お心が なびいてしまった。


0625-3



マメタロウ将軍 の 執着心は    の ようだ。

ひとたび 火がつくと、 すべて 我が物 に ぜずにおれない それは それは 粘っこい、
「 つきたての餅 」 の ようだ。



結局、 異国の姫様たち は

一人残らず 「マメタロウ大奥」行き と 相成った。

0625-65



それからの マメタロウ 将軍 は もぅ  連日連夜  とっかえ ひっかえ
新しい 姫様方 と お楽しみで・・・


0625-6


0625-7


0625-8


0625-9




憐れ ヘソみかんの局。

大奥での地位 は 一気に崩壊 し、 同情どころか むしろ ザマァミロ とばかりに
先住の局たちに ハジキとばされ・・・

0625-10



いと 憐れなり ヘソみかんの局。

ご傷心の床で 詠まれた 唄 が 人々の 涙を誘う ・・・


     やわはだが 床につめたい  冷えみかん



                        ★ ★ ★


こんなカンジで あんなに 執着 していた ヘソみかん を ほったらかしにして 最近は
新しい オモチャたち に 夢中 の 豆太郎 です。


0625-11



オトコの 浮気グセ は ワンの世界 でも 同じ ってこと でしょうかね?(笑)

ところで 結局 オモチャ を ぜ~んぶ 豆太郎 に 持っていかれてしまった そら豆。

次回は、そんな 『 ソラマメの君 』 について お話ししたいと思います。



バカなことほど楽しいと思う夕べ、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは 今日も元気です!




このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


隅っこ や 物陰 が ミョー に 好きな 豆太郎
姿が見えず 気になって 名前を呼ぶと、 たいてい 物陰 から ノッソリ 出てくるか、 目だけ
キョロリ と こちらに向けて、 視線で 返事 してきます。


で、 時には こんな場所にも いたりして・・・。


0623-1



コッソリ 近づくと 、

0623-2



マ・メ・タ・ロ・ウ!!! どうしたの? こんな場所で。

0623-3



ほら、 コッチ おいでよ!

0623-4



いや、そーじゃなくて・・・ 姿が見えなかったからどーしてるのかと思って・・・
しっかし アンタの その姿、 ぷぷぷ!!!
まるで カエル みたいよ?! この 、『 豆ガエル 』 め!!!(笑)

0623-5



がはは!!!  似てるぅ~!!!

0623-6



ちなみに 

0623-7



ぶはは!!! やっぱり 似てるぅ!!!


あ!! 『 シャワーキャップ 被った オバチャン 』

ってのも 悪くないな! がはは!!!

0623-8



あ、、、 マズイ ・・・。

0623-9



じつは 豆太郎、 バカ にされると、 ちゃんと 判る ようなんです。
そして 面白いほど 機嫌 を 悪くする!!! (笑)

 

豆ガエル、 いや、  豆太郎 には 申し訳ないけれど、 わたしは 彼が カーテン際 で
見せてくれる このショーが 大好き!
毎回 ゲラゲラ 笑って 豆太郎 を 不機嫌 に させてしまうんですケドね。(笑)


0623-10



あはは。 モチロン、 この後 ちゃ~んと フォローの お散歩 に 出かけたので
ご機嫌は なおりましたよ!


それにしても パグっぽたち との 生活は、 マンネリ も 飽き もこない 新鮮な毎日。
きっと、 どれだけ長く 一緒に暮らしても、 この 楽しさ は 色褪せないんだろうな♪



久しぶりに 風が凪いだ日、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは 今日も元気です!




このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


お騒がせしました デジカメ水没事件 も、 ニュー カメラ購入 で ようやく 一件落着! 
2度と ドジらないよう 自分への “戒め” を込めて、 店でイチバン お高かいカメラ を 
奮発 しちゃいました! ふっはっはっ♪


し・か・も・ 水没してしまった ドジ亀カメラ から、 メモリーカード は 無事救出
見事 “生還” を 果たした メモリアル・フォトたちは こんなカンジで 

0620-14


この後の “悲劇” も 知らずに、 ノンキ に 家族写真 なんて ・・・

0620-15


ドジ亀カメラ 最後の1枚 ・・・

0620-16



ところで、 「 ファッション・ショー 」 の 内容 は ですねぇ・・・ くっくっく

当日ショーに出場した 犬友 ルンナちゃん の ママのブログ (←クリック!) にて
詳し~く レポート されてマスので、 気になる方は ぜひぜひ 笑いに いってください♪
さっすが ゆる~いバリ 的 結末 です(笑)


し・か・も! ショー翌日 の 地元新聞 には ルンナ ママを 激怒 させた ある写真 が!!!
なぜか パグっぽたち と わたしも 載ってますので コチラ (←気になる人はクリック!) も
よろしければ ぜひ。



そんなこんなで、ようやく 日常 を 取り戻した 週明け。 いつもの  が やってきました♪


午前8時。
パグっぽたちの朝は、 一杯のコーヒーから・・・ ではなく 起きぬけの 散歩 から始まります。


0615-1

↑ おかげさまで 豆太郎の脚は すっかり良くなりました♪


朝の早いバリ島の人々にとって、 午前8時は わたしたちの10時くらい? の 感覚でしょうか。
この時間には、すでに オープン している商店も 少なくありません。

そんな中、 子豚のような犬たち と、 ボサボサ頭の日本人オンナ の 組み合わせは 
地元の人々の目を 引かずにはおれないようで・・・。
太陽のせい だけではない、 熱い 視線 を感じながら、 毎朝 歩いています。


お散歩から戻ると スグ朝ごはん。

0615-2


↑ 「 マテ 」 の 間に ヨダレが泡となり ・・・  カニか? 君らは???



しかし、 朝ごはんが済んでも、 ミョーに ソワソワ している パグっぽたち。

その わけは?! 


0615-3



その わけは!!!



0615-4



・・・わたしの朝ごはん。


0615-5


口に入るものなら 何でも喜ぶ パグっぽたち ですが、 なかでも フルーツ&ヨーグルト 
大のお気に入り


0515-6



う・る・さぁ~い!!!
 
とにかく スゴイんです。 おねだりが ・・・。

その 全身全霊 をかけたような しつこい おねだり に負けて、 ついつい 彼らにも
おすそ分け してしまうんですが


0615-7



その食べ姿といったら・・・


0615-8


0615-9


0615-10



アリですか? 朝から こんなの?


しかも、 ヒートアップしすぎて


0615-11


0615-12



君らは ドリフか?!!(笑)


毎朝 こんな繰り返し、 です・・・

ちなみに 「 顔ヨーグルト 」 は しばらくすると キレイさっぱり 消滅 しています。
お察しの通り、お互いに ペロンコ し合って 最後のひと口 を 楽しむようで (笑)


そんなこんなで 大騒ぎ の 朝のひととき。 わたしの朝食が済むと ようやく パグっぽたち も
落ち着きを 取り戻し・・・

 って ゆーか、 早くも お昼寝モード に突入してるし!!! 


0615-13



↑ さっき、 食べたばかり だって!!!



日の入りが ずいぶん 早くなった今日この頃、 ( 日本の夏至が近づくと、バリ島では日が短く
なります )  南の楽園に 暮らす パグっぽたちは 今日も元気です!



このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


命名 豆太郎
2001年10月15日生まれ
体長約 30cm、 体高 約20cm
2,250,000 ルピア也


0617-1

                    < 以下原文ママ >

2001年 12月21日(金)

ペットショップから 豆太郎 がうちに来た。
明日から会社が休みなので、それに合わせて引き取った。
見ればみるほど 仔犬のクセに 仔犬らしい 可愛さに欠ける犬。
お世辞にも カワイイ とは言いがたい。 でも、 表情は 抜群だ。
わたしの目を ジッ と 見つめ、 まるで 言葉 を 聞き取ろう と しているよう。
うちへ帰ってからは 大変だった。
まずはトイレ。
今まで ゲージで育ったものだから トイレ の 概念 が まったくないよう。
少し落ち着いたら その場で ジョォ~ とする。
そのうち ウンウン 唸りながら ウンチ もした。
仕事納めの会社の大掃除で ヘトヘト なのに 次から次へと 大忙し。
疲れ果てた。

0617-2



2001年 12月22日(土)

豆太郎のことが 気になって 夕べはよく眠れなかった。
ウンチ、 シッコ を あたりかまわず しているかと思ったが、 意外にも 見当たらなかった。
でも、 起きて しばらくすると、 例のごとく ジョォ~ と その場で してしまった。
今日は ずっと朝から 私のあとを チョコチョコ ついて回るのが カワイイ。
朝 牛乳を飲んだあと クシャミ したら、 豆太郎 の 鼻から 牛乳 がでた! 
眠るとき 目を開けたまま なのは、 なんとか ならないだろうか?

0617-3


2001年 12月23日(日)
豆太郎の 左脚中指 と 薬指 の 間が 赤く腫れているのに はじめて気づいた。
昨日までは なかったように思うが・・・。


2001年 12月24日(月)
夕べも2度ほど 豆太郎に起こされた。 でも シッコ に誘うと ちゃんと トイレ でしてくれた。


2001年 12月25日(火)

朝6時半 豆太郎 に 起こされる。
初めての 朝の散歩。 ププタン広場を試みるが 人が大勢いすぎて断念。 サヌールのビーチへも
いってみたが こちらも広場以上の人出で、 結局 豆太郎は ほとんど一人歩きすることもなく、
ノラ犬の ウンチ を 足に くっつけた だけで 終わった。

だいぶ シッコを トイレで できる 回数がふえた。 意識して、褒めるようにしよう。

0617-4
"

2001年 12月26日(水)
朝6時起床。豆太郎が 鳴いて起こす。
しかし シッコ は きっちり トイレで するようになっている。 豆太郎 エライ!


2001年 12月27日(木)
豆太郎は よっぽど甘えん坊なのか、 夜 わたしがベッドで寝ようとすると、 必ず 目を覚まして キューキュー 鳴く。 おかげで かなり寝不足だ。


2001年 12月28日(金)
夕方、先生のところへ行き 最後のワクチン を 打ってもらう。


2001年 12月29日(土)

夜半から明け方にかけて 雷を伴う大雨。 ついに寝室が 雨漏りした。 最悪。
夕べの嵐のせいか 今朝は 豆太郎 が 寝坊したので、 久しぶりに ゆっくり眠れた。
起きたら 昼前でびっくり。 豆太郎は 朝食を もらいそこねた。

0617-5


2001年 12月30日(日)

豆太郎 すこし咳が出る。
今朝はあまり 元気がない。 朝ごはんの食いつきが悪い。 すこし残した。
1日中雨模様の 天気のせいだろうか?
夜は いつもより たくさん遊ぶ。
見れば 見るほど 豆太郎は かわいい。
ずっと 豆太郎 とこうして 遊んでいられたら いいな。

0617-6


2001年 12月31日(月)
朝のうちに掃除。 豆太郎に モップ を 取られないよう 一苦労。


2002年 1月1日(火)

新年 という 改まった気持ち が まったくない お正月。
しいて言えば 今年からは 豆太郎 と 生きてゆく こと。
お正月だというのに 1日中雨模様。
夕方 豆太郎を 散歩につれ出すが 泥だらけになったので スグ戻った。
今日から 豆太郎専用 の オモチャ箱 を 用意した。

0617-7


これは、豆太郎を 迎えた日 から 書き始めた 育児ノートの原文そのまま。

年末に書き始めて、元旦で ストップ してしまっている・・・ 12日間 だけの 日記。
( お正月でストップしている無精者!!! 笑 )



なんで こんな日記を いきなりアップしたかというと ・・・




先日の 「 ドッグ・イベント 」(←興味のある方はクリック!)  に引き続き、 予定通り
「 ファッション・ショー 」 を 見に行ったんです。 モチロン、パグっぽたち 同伴で。


そしたら、 そこで ・・・

☆ よろしければ続きもどうぞ♪ ☆

このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


な、なんと! ここバリ島で ドッグ・イベント なるものが 開催!!!

0615-1


しかも会場は、今バリ島で 最も賑わっている 大型ショッピングモール の 屋外イベント会場。

こんな場所で ワンコ系のイベントが 開催されるのは、 わたしの知る限り はじめて!
州都デンパサールの 広場とかでは時々、 華僑の金持ち連中が ドッグショーまがい の
ことをやってはいるけれど、 今回の会場は、 オシャレな地元っ子と 外国人観光客が
詰めかける、人気のショッピングモール。


そんなメジャーな場所で ワンコのイベント が 開催されるなんて、うれしいじゃありませんか!
だって、それだけバリ島でも ワンコの認知度 が アップ しているって証拠ですもの!


4日間あるイベントには、 日替わりで各種プログラムが組まれているとのことで、

本日は なんと 「警察犬によるデモンストレーション」!!!


0615-2


犯人を追い詰める演習などを かる~く 披露したあと、 いよいよ本日の メイン・イベント に

0615-3


あはは! カワイイ~~~ 頑張れコリーくん!

0615-4



0615-5


えぇぇ?! ころんこぉ???


0615-6


エェェェ~~~??!!

お手? 警察犬が お手 ですか??!!



0615-7


け、警察犬として、 なんの必要が???


0615-8


何度かスルーして、ようやく・・・パチパチ


0615-9


なんだか、想像してたのと 違うかも・・・。


選手交代 で 登場した ロッド・ワイラーくんも

0615-10


0615-11


す、すいませ~ん、 コレ本当に 警察犬 のデモンストレーションですかぁぁ??

どうみても、 家庭犬の 芸  なんですけどぉ。



そして、 見ていて ヒヤヒヤ した この大ワザ・・・

0615-12


だって、このバイクって、会場の隣で 展示即売している 「 売り物 」
なんですよ~!?

万が一 この子が倒しでもしたら、 きっと後で こっぴどく叱られる のかと思うと・・・


0615-13


なんじゃ ソレ???  でも、オシリ は カワイイ♪



この後も 次々と登場した 警察犬たち が 披露 してくれたものは 

チンチン、 お手、 ホフク前進 ・・・


           あ"~~~ コレって一体??



こんな具合に ブーたれていた わたしたちも、 ショー (名称格下げ) の 終了後には
ご機嫌 に。


だって、 警察の皆さんったら、 気軽に警察犬へ触らせてくれる し、

しかも、 警察犬との 記念写真 も OK!  だってぇ~~♪


0615-14


0615-15


ま、 なんだかんだ云っても、 けっこう 楽しかったかも。

会場には ワンコ連れの見物客も かなりいて、いろんな子に 会えたし♪

とにかく、 少しずつでも  ワンコへ対する みんなの 意識 が 変わればいいな。




ところで、 今日は まだ、1度も登場していない

        パグっぽたち ↓


0615-16


いやいや、 「 留守番 」 ぢゃなくて 「 店番 」 でしょ?
あんたたち の お仕事の!

0615-17


だって、 ショッピング・モールだし、 ワンコ同伴OK って 知らなかったし・・・

よし! 豆太郎の脚も だいぶ良くなったことだし、 明後日の 「 ドッグ・ファッション・ショー 」
には、 3人でいっしょに 行くゾッ!! ( 多分 )




あらためて ゆる~い バリ島 を 再確認した日、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日 も 元気です!




このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


近ごろ 故障つづきの 豆太郎。 またしても やってくれました・・・

0613-1


ゆうべ、少し左前脚が ビッコぎみなのに気づいたけれど  とくに外傷はなかったので
とりあえず そのまま朝を迎えたら、 今朝になって見事に 肉球 が腫れあがって・・・

どうやら 小さな傷からバイキンが入って炎症を起こした様子。

あ~あ、 かあちゃん いつも気づいてあげるの遅くて ホントにゴメンよ・・・

とにかく 炎症が治まるまで 安静第一 の 豆太郎。

かなり痛いらしく、 朝から寝室で ヘコんでいました。


0613-2


そら豆  も、 元気のない豆太郎に 寄り添ったりして ・・・


0613-3

0613-4

0613-5



なんだか パワーダウン したまま スタートした1日・・・


0613-5


日ごろ豆太郎が ひとり占め しているオモチャを 今日がチャンスとばかりに
獲得してみた そら豆  も


0613-7


イマイチ 調子がでないようで


ふたり(2匹)して ぼんやり 過ごしていました。


0613-8



しばらく お散歩には出れないけれど、 お医者さんの おっしゃることを よ~く聞いて
早く 良くなろうね、 豆太郎。



0613-9


0613-10


パグっぽたち が おとなしいのを いいことに、 こんな写真を撮りまくって 笑い転げる
不謹慎なわたし ・・・。  重ね重ね反省 ・・・。


終日曇り空の1日、時にはイロイロあるけれど、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
とりあえず 元気です!



                  <今日のベストショット>


             0613-11



このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


ちょっと見ではわからない、 身体的特徴 って 誰にでもありますよね?

たとえば、出ベソ だったり 背中のホクロ だったり。
身近な者しか知り得ない、 ヒミツのマークが。 


モチロン、パグっぽたち にもあります!
今日は、 ちょっぴり恥ずかしい? パグっぽたち の ヒミツのマーク について聞いてください♪

0612-1



まずは、パグっぽたち ふたり(2匹)に 共通する、恥ずかし~い 特徴

それは ・・・

0612-2


はい ・・・。 多分、摩擦 による 色素沈着 だと思うんですが。
バリ島のおうちは たいてい 床がタイルばり。 そこへ直に ペタリ と腹ばいになるせいかな? と。


しかも、 そら豆は!!?


0612-3


↓ 決して エロネタ ではありませんので・・・予めご了承くださいまし。

0612-4


1つだけ、 こんなのも 持ってます。


さらに!!!
 
0612-5


確か仔犬のころは 無かったと記憶しているのに、、、 いつの間にやら 生えてました。


0612-6



かくいう 豆太郎 ↑ は  ・・・  幸い ヘソ毛 は持っておりませんが


0612-7


下顎の前歯2本 も、 持っておりません ・・・。

以前そら豆と ガウガウ したときに ボキッ と。 彼にとっては 名誉の負傷ってヤツでしょうか?


そして、 さらに!

0612-8


ベロの裏側に ホクロ? があります。

バリ島では ベロ にホクロのある犬を 「 霊的に強い犬 」 と いわれていますが、
残念ながら 豆太郎を見ている限り そんな兆候は皆無、 むしろ彼は ヘタレ犬 と
仲間内では いわれています。


0612-9



飼い主さんなら どなたもきっと、 自分ちの子の ヒミツ を よ~くご 存知だと思いますが、
はじめて それに気づいた時って、 それこそ

      鼻がくっつく位 顔をよせて マジマジと 

眺められたのでは ないでしょうか?

      わたしは そうでした (笑)

そら豆の 腹に顔をうずめ、 豆太郎の くちびる に身を乗り出し ・・・

回想すると かなり アブナイ 姿で。


でも、もし、東京ドーム満杯の パグ犬がいたとしても、 自分はちゃぁ~んと パグっぽたち を
見つけられるんじゃないかな? な~んて。  きっと どの飼い主さんも そうでしょうが (笑)
あぁ、 今日もまた 親バカ 全開です・・・


なんだか スッキリ しない 空模様の日曜日、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日も 元気です!


☆ よろしければ続きもどうぞ♪ ☆
2006.06.09 前略・・・

このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


当ブログへお越しの みなさま
本日は、 豆太郎より フォト・レターが届いております。
どうぞ 読んでやってくださいまし。
 

0605-1


0605-2


0605-3


0605-4


0605-5


0605-6


0605-7


0605-8



うちで仕事をしているときは、気分転換をかねて パグっぽたち と 庭へ出たりするのですが、
そこでは 相変わらず ・・・
「 オトコたちのドラマ 」( ←興味のある方はクリック! )
が 続いているようで (笑)


チャンピオンの座を守るべく、 豆太郎は 今日も頑張っております!



ハイビスカスの木が ずいぶん背高になったと気づいた日、南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日も 元気です!



このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


いきなりですが、そら豆は ・・・ 「 ひなたぼっこ 」  を します。 しかも ダイスキ です。


え? そんなのうちの子だってするわよ! って、思われるかもしれませんが ・・・

ここはバリ島。年間平均気温27度、常夏の島国。

いくら南国育ち とはいえど、暑さにはめっぽう弱いハズのパグ犬が、ナニが楽しくて午後2時の
サンサン と降りそそぐ陽光を 全身に浴びながら、うっとり しているのだろう?


日ごろから不思議でなりません。


0530-1


いちばん日差しの強い、こんな時間に ひとり庭へ出ていって


0530-2


しかも 「 ひなたぼっこ 」 だなんて!?


0530-3


エアコンつけていないから 部屋が寒いハズはないし、 日焼け目的?って ありえないし


0530-4


た、楽しんでるし ・・・


0530-5

0530-6


あんたの写真撮ってるかあちゃんは、汗だくよ ・・・


ちなみに、豆太郎 は?


0530-7


日の当たる場所は できるだけ避けたい ようで (笑)
だから、2人(匹)で 庭にいても ・・・ 


0530-8


この親子の間には、決して歩み寄れない 境界線 があるようで (笑)


ワンコ本などを読むと 「 夏場は 熱中症 にならないように 気をつけてあげましょう 」 なんて
書いてあるから、 最初は 連れ戻したりもしたけれど、 しばらくすると また トコトコ 出かける
そら豆。 本人が自発的に行動して、 気が済めば戻ってくるのだから、 もう 好きなように
させてます。


それにしても、人(犬)一倍 ぶ厚い毛皮を着た体で、真昼の ひなたぼっこ ・・・。

見ているだけで 暑苦しいったらありません ・・・




マンゴの木に 青い実がつきはじめた季節、南の楽園に暮らす パグっぽたち は
今日も 元気です!




このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


家庭犬の たしなみ として、パグっぽたち も “芸事” を少々。

な~んて(笑)、 ゼンゼンたいした事は できないんですケドね。
「 オマワリ 」 とか 「 ネンネ 」
とか くらいで。


少し前にあるTV番組で トイプードルちゃんが、 幼児用の 手押し車 を カタカタ 押しながら
器用に 2足歩行 している姿を 観ました。
トイプーちゃんは 身軽な体を生かして トコトコ とスタジオを横断。
思わず 「 カワイイ~♪ 」 な~んて 見とれていたのですが、 ふと


重量感 あふれるパグ犬が ヨチヨチ と 2本足で

歩いたら、 どんなに 可笑しいだろう?



などと 想像してしまい・・・


0607-1



練習してもらいました!!!  パグっぽたち に! (笑)


豆太郎は体力がなくて、 スグに ヘタレる “ヘタレ犬” の あだ名をもっている割に  物覚えは
悪くなく、 意外となんでも 器用 にこなします。
たぶん、 省エネのために 動く前にまず 考える からだと思います(笑)


0607-3


0607-2


0607-4



で、 そら豆 は??? 


0607-5



体力自慢ゆえに、 なに事も パワー で押し切ろうとする 性格上、 ヨチヨチ歩き は
“ 性” に 合わないようで (笑)


0607-6


押すことは 押すんですが、 胸から 体当たり ってカンジで、 脚が車輪の スピード に
追いつかなくて ・・・ 脱落。



でも モンダイ は、 プラスチック製の 手押し車は 軽すぎて 不安定 って コト。
とくに パグっぽが 体重をかける ライディング のときに、 カタカタ が 転倒しそうで ・・・。

残念ながら バリ島で手に入るのは コレしかないのだけれど、 程よい重量のある木製の
手押し車 なら、 もっと 美しい (可笑しい)  パフォーマンス が 期待できるのに ・・・。
くぅぅぅ~~~残念!!!

ちなみに今 狙っているのは、 オーストリアの ヴォーグウォッター社製
「 手押し車チロルタウン 」 

0607-car


あの愛子様 ご愛用の 手押し車は、 自然素材の可愛らしさはモチロン、 なによりも
「転倒防止用」 に 車輪が バック に動かないよう ストッパー がついているという スグレモノ。


見事  手に入れた あかつきには、

この芸で食費ぐらいは稼いでおくれよ、 パグっぽたち!

0607-7



な~んて、ね!!!   うふふ。



明け方に 珍しく雨がパラついた日、 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは 今日も元気です!







このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


なぜか 今朝から ブラウザ? それともサーバー? の調子がヘン。
どういうわけか、コメント欄だけが 開きません ・・・ (泣)
なので 6月1日の 『 かあちゃんは名探偵 』  へ いただいた、大切なコメントに お返事が
書けなくて。 コメントくださった方、ごめんなさい 。。。 でも 内容は ぜ~んぶ 読ませて
もらっています!


日本へ出張に行っていた友人が 10日ぶりにバリ島へ戻ってきました。
ビックリするほど たくさんの お土産をもらって 大感激のわたし♪ なかでも、思わず舞い
上がってしまったのが 
コレ 

0603-1

ニカッ と 満面の笑みを浮かべる おパグさま   あまりにも 素晴しすぎる!!!

ちなみに これは 紙ナプキン。
   「 こんな ステキ な モノ、もったいなくて 使えな~い 」 って いったら
   「 だから 2つ買ってきたんだよ、 ひとつは 永久保存 できるよーに 」
あぁ、そのお心遣いに 大感謝!


そして 「 これは、豆2ちゃんへ 」 って。
えぇ~!? パグっぽたち への お土産まで !!?

0603-2


「 コレ かぶってる姿、どーしても 見て(笑って) みたかったのぉ~!!!」  って。


やってみましょう! お見せしましょう! 彼女の期待に応えるべく 本日のお題目は、 

0603-3



      ~ ~ バリ島珍虫図鑑 58ページ より ~ ~ 


バリ島の ある地域でのみ、その生息が 確認されている 珍虫。 その名は ・・・

0603-4


その生態は まだまだ多くの “ 謎 ” に 包まれているが

0603-5


特殊な体型から 日常生活 に 不自由 を感じていることが 予想される

0603-6



そして もう一匹。 

0603-7


「 マメトムシ 」 の 側で 目撃 されることが 多く

0603-8


いっけん、 何の虫か 判断しにくいのが、“ 珍虫 ” と いわれる 所以 である

0603-9


彼らは ともに 行動 する。 ときには お互いの ツノ を 交えることもあるが

0603-10


基本的には 友好的な 関係 を 結んでいる ・・・ らしい

0603-11


もし、 この 虫たち を 見かけたとしても、決していきなり 笑ったり してはいけない。
機嫌 を 悪くして、 逃げていく ・・・

0603-12


数少ない 目撃者の証言によると、 彼らは ニンゲン の言葉を 非常によく 理解するという。

まずは ひと言 「 カワイイね~♪ 」 と 誉めておくと 機嫌をよくし、 進んで ニンゲンに
近寄ってくるそうだ。

ただし、 あまり 褒めすぎると 帰してもらえなくなる 恐れがあるため、 ほどほど にして
おいたほうが いいだろう。 ( 体験者談 )

     それでは、 みなさんが 珍虫たちに 出会えることを祈って!

               ~ GOOD LUCK! ~


☆ よろしければ続きもどうぞ♪ ☆

このブログは神々の住まう島、バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆 たちの暑苦しい生活を
つづったものです。


押し入れが 雪崩れ を起こしはじめたので、 仕方なく整理しました。
大汗をかきながら 片付けに励むわたしを横目に ドテ~ン と横たわる パグっぽたち。
しかし 気づけば パグっぽたちの 姿は消えていて ・・・

彼らの様子を 覗きにいった わたしが 見たものは?!


0601-1


リビングの真ん中で、 うねる バスルームの 「 足ふきマット 」 ・・・


いつもなら、 かあちゃんに ひっつき虫 の パグっぽたちが 珍しく 別行動 してると思ったら
この有様 。。。
イタズラっ子 たちは、わたしが 現場 へと やって来る 足音 を聞きながら きっと・・・、

        
0601-2


0601-3


0601-4


0601-5



ちょっとぉぉ~! 豆太郎ッ! そら豆ッ!

0601-6



アンタたちでしょッ、コレやったのッ!
かあちゃんね、確かに 目は悪いケドね、さすがに コレは 見えるわよッ
ふたりして、知ら~ん顔して。 でもね、かあちゃんには ちゃ~んと 判るんだよッ


まずは、そら豆ッ!

バスルームから、マット引っぱってきたの
アンタでしょッ!!


こんな 重労働な イタズラするのって、 ハイパー犬 の アンタしか いないのよ
それにね、よく犯人は 「 犯行現場へ戻る 」 って ゆーじゃない?

0601-7


これが 動かぬ証拠 じゃい! どうだ!

0601-8



次は 豆太郎よッ!


0601-9


なに? このオモチャ。
コレクションして、マットの上で遊んだのはアンタよね?
そら豆が マット運んできたのを 幸いに、 便乗したの?
しかも、 アンタの大切な 「 ヘソみかん 」 があるってことは 「 豆太郎が ここで遊びました 」
って、 宣言 してるよーな ものじゃない?

0601-10



よって、2人とも イタズラっ子! 2人とも 同罪!!!

さ、悪い子は どうするのッ???

ハイッ♪

0601-11



と まぁ、こんな具合で ・・・
ホントは マット なんて どうでもいいんですケドね、 一応 オモチャ以外の モノ で遊ぶのは
うちでは 禁止事項 なもので ・・・ 規則は 規則です。

で、この後は気分をかえて、みんなでお散歩に出かけて、この1件は おしまい ってカンジです。


どれだけ 毎日一緒 にいても、日々ちがった 出来事がある。
いいことも、悪いことも、ぜ~んぶ含めて ワンコとの生活って ホント楽しいなぁ って 思う
今日この頃です。 




久しぶりに ゲッコーやもり の鳴声を聞いた夜、南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日も 元気です!