このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



【犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)】
脳下垂体の過形成や腫瘍、副腎皮質にできた腫瘍によって、
コルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンが過剰に分泌
される病気。ステロイド薬が原因の医原性もある。
主な症状として、水をたくさん飲む、おしっこの量が増える、
たくさん食べるのにやせていく、全体的に毛がうすくなる、
左右対称に毛が抜ける、お腹が膨れるなどの症状がある。





豆太郎にクッシング症候群の診断が下る少し前から

ノートをつけはじめた。

毎日の飲水量とゴハンの内容、ちょっとした体の変化

たとえば下痢ぎみ・・・等を記録したノート。





0215-1 2016





豆太郎は真水を飲まない子で

ミルクやスープは喜んで飲むくせに

味のない真水には見向きもせず

真夏のお散歩後でもペロッとも舐めてくれなかった。



ところがクッシングの症状が

顕著になった2014年になると

日に日に水を飲む量が増えてゆき

最初はペロペロ舐めていたのが

そのうちガブガブと

器からシブキをこぼしながら

スゴイ勢いで飲むようになった。



当時、体重が9.4kgの豆太郎は

食事の内容にもよるけれど

1日に500~900mlの水を飲んでいた。


たとえば

2014年5月31日 620ml

2014年6月1日 900ml

2014年6月2日 450ml




そして2014年6月4日から

クッシング症候群の治療薬として

ホルモンを抑制する「トリロスタン」

というお薬を飲みはじめると

薬の効果は絶大で


2014年6月9日 230ml

2014年6月10日 210ml

2014年6月11日 280ml

と、飲水量がずいぶんと減った。



ちなみに「トリロスタン」は

1日10mg(朝5mg/夜5mg)

このお薬の量は

亡くなるまで変わらなかった。




お水をガブ飲みしていた頃は

トイレも頻繁で大量だったし

水を飲みすぎてゲップした拍子に

食べたものを吐いてしまうこともあったから

お薬のおかげで豆太郎は

ずいぶん楽になったと思う。



可哀そうなほど毛を失っていた体にも

お薬をはじめて2カ月たったころから

毛が生えはじめた。



2014年10月14日 20ml

2014年10月15日 30ml

2014年10月16日 90ml



13歳のお誕生日を迎えた頃には

フッサフサ被毛を取り戻していた。

秋で涼しくなったのもあり

飲水量もグッと減った。





0215-2 2016





私はこの記録ノートを

たいてい早朝につけていた。

食事内容なんかは夜のうちに書いたりもしたけれど

飲水量は朝起きてすぐ

前日ボウルに残ったお水の量を測っていたから。



まだ寝息をたてている

豆太郎やそら豆を起こしてしまわない様

電気は点けずに真っ暗な部屋で

ようやく明けはじめた窓からの薄明かりや

スマホの明かりを頼りに書いていたから

文字は乱れてまるで殴り書きのような

汚いノートになっていた。



2015年10月14日 50ml

2015年10月15日 50ml

2015年10月16日 100ml



14歳のお誕生日にはトリミングに行った。

スタッフのお姉さんから

おめでとうを云われた豆太郎は

遠慮気味にシッポを振って応えていた。



2015年11月8日 50ml

2015年11月9日 20ml

2015年11月10日 



1年半ほど毎日つけ続けた記録は

2015年11月10日で途切れてしまった。

ゴハンの記録はあるけれど

お水の量は測っていない。

忘れてしまっていた。



2015年11月11日早朝

豆太郎は突然逝ってしまったから・・・・。





0215-3 2016





豆太郎のお葬式が終わって

小さな骨になった豆太郎と帰宅して

抱えていた骨壷をテーブルに置いた時

テーブルで開きっぱなしになっていた

ノートに気づいた。



お水の記録がないのにも気づいた。



晩ゴハンの書きつけを読んで

もっとご馳走を食べさせてあげればよかったと

後悔もした。



そして・・・・・・

このノートが最後のページを開いていたことに

初めて気づいた。



まるで

クッシング症候群に苦しんだ豆太郎の

闘いの終わりを見届けるように

もう頑張らなくていいよと告げるように

豆太郎のノートは最後のページに到達していて

余白も残り数行になっていた。



ページを逆から順にめくってみた。

豆太郎が生きた日が

闘った日々が

巻き戻しで頭に浮かんだ。



ページを最初からめくってみた。

豆太郎の命の時間が

お別れまでのカウントダウンが

カレンダーのように続いていた。



けれども

どのページにも、どの日付にも

豆太郎はいて、一生懸命生きていた。

病気と闘っていた。




そんな豆太郎の

頑張りの証。

闘いの記録。





0215-4 2016




豆太郎、

君は本当によく頑張りました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村




スポンサーサイト