このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



飲食業をしているので

週末や祝日、そして今のような

ゴールデンウィーク中は

とくに仕事が忙しくなります。




息つくヒマもなく働いている最中

そして、

1日の業務が終わったあと

どっぷりと疲れた頭の中で

考えていることといえば・・・・・・・。





『これが終われば豆太郎とそら豆に会える』





でした。

ちゃんと仕事に集中しろってカンジですが(恥)






0430-1 2016






家に帰って

ふたりをギュッとして

ふたり分の頭の匂いを

たっぷりとスーハーする。




それが今日1日頑張った自分への

ご褒美であり、

明日への充電でもありました。





豆太郎が亡くなってしまってから

ギュッとするのも

スーハーできるのも

そら豆だけなので、

私の充電は半分だけになってしまい・・・・・




いつもパワー不足を感じていまが

そんな時には

懐かしい写真や動画を観たりして

ご褒美代わりにしています。




そんな私の今日のご褒美動画




【ご注意】海辺なので風の音がうるさいです。








さて、

ゴールデンウィークが終わるまで

9連勤がんばるぞっ!




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆



スポンサーサイト

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日、

そら豆のハンデのことについて書いたあと

当時の写真を・・・・・・・・・。



そら豆がうんとヤンチャだった頃の

そら豆の目がまだ健康だった頃の

懐かしい写真を・・・・・・・・・。


見てみました。





これは生後3ヵ月くらいの頃。





0428-1-2016.jpg






いっけん、豆太郎と仲良く

並んでいるように見えますが



このスグあとのショットは!?





0428-2-2016.jpg





こうです・・・・・・・・・。








0428-3-2016.jpg





こちらの写真でも





0428-4-2016.jpg





スグにガウガウ・・・・・・・・。




パピーの頃のそら豆は

甘えん坊のクセに勝気で

スグにガウガウして豆太郎をいじめる

小さな怪獣のようでした(笑)





1歳の頃になると






0428-5-2016.jpg





生意気にも


豆太郎を尻に敷くようになり






0428-6-2016.jpg





おとなしい豆太郎は

豆怪獣にヤラれっぱなしで・・・・・・・。




いつも困った顔をしていました(笑)






0428-7-2016.jpg






この頃のそら豆は

本当に元気でヤンチャで

まるで、壊れたオモチャみたいに

チャカチャカと動きまわっているか

バッテリー切れで寝ているかのどちらか。






0428-8-2016.jpg






仔犬らしいといえば、らいしいのですが

気が強くて我がままな

きかん坊でもありました。






0428-9-2016.jpg






そしてこの写真を撮った数日後

そら豆の左目は

光を失ってしまったのですが・・・・・・・。




けれども




この悲しいアクシデント以降

そら豆は少しずつかわって

それは視野が狭くなったぶん

豆太郎の匂いや気配をずいぶんと

頼りにするようになったのもあるし

豆太郎もそんなそら豆を

すんなりと受け入れたのもあって





0428-10-2016.jpg






豆太郎とそら豆

2頭の関係が

お互いなくてはならない存在になった

きっかけになったように・・・・・・・




今では思っているのです。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



そら豆は今でこそ

1日のほとんどを寝て暮らす

まったりシニアになったけれど

若犬の頃はそれはそれはハイパーで

元気で怖いもの知らずの反面

突然に体調を崩したり

病気や怪我をした子でもありました。




だから私はそら豆に対しては

ある日、突然いなくなっちゃうような

どこかへ行ってしまうような

そんな理由のない不安をずっと持っていて




たぶんそれはそら豆が

2歳になる少し前

2005年のちょうど今ごろに

左目の視力を失った時から

抱えてきた不安だと思います。






0427-1-2016.jpg






11年前の4月の朝

いつものように起きてきたそら豆の顔は

左の眼球が信じられないくらい巨大に腫れあがり

まるで目の中にイチジクが入っているような

ひどい状態でした。




それでも特に痛がる様子でもなく

ヒョコヒョコと歩いて外に出たがったので

まだ病院も開いてない早い時間だったのもあり

家の庭先に出してやったら・・・・・・




いきなり目から大量の液体が流れ出し

大きく腫れあがった眼球は

そのまま潰れてしまったのでした。




たぶん、ヤンチャなそら豆は知らない間に

どこかで目を怪我していたのでしょうが

食欲も元気もめいっぱいあったこともあり

私はちっとも気づいていませんでした。




日本の動物病院でならもっともっと適切な

処置もできたかもしれません。

けれど、当時私たちはバリ島で暮らしていて

ペット後進国での動物病院事情は

かなりお粗末だったこともあり

そら豆の眼球はなんとか摘出をまぬがれ

残すことはできたものの

潰れて委縮した左目の視力は完全に失われ

片目の不自由な生活を

余儀なくされることとなりました。






0427-2-2016.jpg






幸いそら豆は片目のハンデにも慣れて

元の元気でハイパーな子に戻ったけれど

視野が狭くなってしまったぶん

溝に落っこちたり、方向が分からなくなって

迷子になりかけたりと

危なっかしいことも増え・・・・・・。




その時から私は

そら豆に対していつも不安と

そして怪我のことを

もっと早くに気づいてあげられなかった

申し訳なさを抱えてきたのですが




同時に・・・・・・。




そら豆が時々みせる表情

少し視点のずれたポカンとした表情は

不自由ながらも一生懸命に生きている

そら豆の逞しさと素直さがそのまま現われた

純真な天使のようだとも・・・・・・






0427-3-2016.jpg






親バカですが。。。。


思ったりしているのです。



☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



そら豆の

血小板減少症の疑いが晴れた記事では

たくさんのコメントを頂きまして

どうもありがとうございました!




思いがけずたくさんの方に

このブログをご覧いただいていたこと

そして、

そら豆のことをご心配頂いていたこと

本当に嬉しかったです。




この1年の気掛かりがようやく払拭されて

目の前がパァ~っと明るくなった今

改めて思うのは、病院選びの難しさです。






0426-1-2016.jpg







残念ながら前の動物病院では

機械で測定した血液検査の数値だけを参考に

病気の疑いをかけられてきましたが

だからといって私は、前の病院や先生が

ヤブ医者だったと怒る気にはなれません。




もちろん、

要らぬ採血を繰り返されたそら豆の

気持ちや体の負担を思うと申し訳なくて

その点に関しては

少しは恨み事もいってやりたくなりますが・・・・・・。




大学病院のような各専門部門の診療科に

分かれた病院ではなく

ホームドクター的存在の街の動物病院では

限られた人数の先生たちで

いろんな病気の子を診るわけで・・・・・・・




だから当然、先生にも得手不得手や

専門知識の足りない分野の病気があることを

飼い主側の私のほうでも

ある程度は予測してなくては

ならなかったのだと反省しました。






0426-2-2016.jpg






今回お世話になった病院は

院長先生が血液の病気にお詳しそうな方で

ホームページに学会や研究会の発表が

掲載されていたのをキメ手に

転院を決めた結果

1年もの間モヤモヤしていた血小板のことを

いともあっさり解決してもらったワケですが




そら豆のように

血小板がくっつくという症状も

その可能性や偽性血小板減少症につての

知識や経験がなければ

実際の血液の状態を顕微鏡で見て

確かめるという検査が漏れてしまうことも

十分にあり得るのでしょう。




たとえば私だって

ガンコな汚れを1発で浮かせる

優れモノの洗浄剤の存在を知らなければ

相変わらずタワシでゴシゴシと

無駄な時間と労力を使って

掃除していることがあるのと同じように。




前の病院は

2011年にそら豆が肥満細胞腫の手術を

受けた時からお世話になっていた

腫瘍外科と形成外科に強い病院で

多発性の肥満細胞腫だったそら豆は

手術も1度きりではなく

数年にわたり何度もお世話になった結果

亡くなった豆太郎のクッシング症候群も含めて

長らく通い続けた病院でした。




長いお付き合いがあるぶん病歴はもちろん

ちょっとした見た目の変化等も

気づいてもらえた利点はあったけれど

なんだか違うな~と感じたら

これまでの義理や恩義を一旦おいて

別の病院にかかってみるのも

必要なんだなぁ・・・・・・と

今回のことで実感しました。




大切な我が子の病気や治療は

先生だけに託すのではなく

まず私自身が1番に考えなくてはいけないことで

もっとアクティブに、そして柔軟に

いろんな病院やドクターとお付き合いしていこうと

考えるようになりました。






0426-3-2016.jpg






ただ・・・・・・・。


獣医師の先生方にも

ひとつお願い申しあげられるのなら




なかなか原因が分からなかったり

ご自身の専門外の病気の子がいたりした際には

すみやかに専門の機関での精密検査や

専門医のいる病院を

ご提案・ご紹介いただけたら・・・・・・・・





かけがいの我が子を

大切なシッポの天使たちを

なんとしてでも守りたい

私たち飼い主としては





とても有り難いのですが・・・・・・・。




言葉では訴えないこの子たちのために

☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



そんなワケで→

新しい病院は

血液の病気に詳しそうなドクターがいらっしゃる

病院を選びました。




過去数年間分の血液検査のデータも見てもらって

「血小板減少症」の疑いがあることを話し

でも病気らしき症状が一切ないことや

積極的な治療はしていないこと

私の考えも正直にお伝えしました。




すると先生は、1度そら豆の血液の状態を

実際に顕微鏡でも確認してみますと

血液検査と一緒に顕微鏡での検査も

引き受けてくださいました。




そして、

しばらく待合室で待機したあと

再び診察室に呼ばれて

聞かされた結果は・・・・・・・・・・。







異常ありません。

血小板の数も十分に確認できました。







そんな嬉しい結果報告でした。






0424-1-2016.jpg






今回の血液検査でも

検査機で測定する限り血小板の数値は

かなり低い値でした。



しかし、顕微鏡で見ると

ちゃんと血小板は存在している・・・・・・・。






先生のお話によると

どうやらそら豆の血小板は

“くっつきやすい”性質を持っているようで

その症状が体内からなのか

採血後に現われるのかは不明だけれど

血小板同士がくっついて

いくつかの大きな塊になって

存在していたそうです。





そのせいで、

血液検査機は血小板を読み取れない・・・・・・・





通常のサイズよりうんと大きな塊となった

そら豆の血小板を

検査機は、血小板として認識できないせいで

データ上には少ない血小板数しか

あがってこないのだろということでした。





先生いわく




『つまり、機械が作りだした病気 』

『機械による血小板減少症でした』 とのこと。







0424-2-2016.jpg






目からウロコがボロボロ落ちて

目の前がパァ~っと明るくなりました。





しかし同時にはぁ?って感じもあり・・・・・・。




もっと早くに顕微鏡で検査してもらっていたら

そら豆はあんなに毎月毎月採血されずに済んだのに。

私もこんなに心配せずに済んだのに。





そんなフクザツな気持ちもありましたが・・・・・


とにかく!

そら豆は病気でもなんでもなく

血小板も正常であったことは

何より嬉しい成果でした。







それにしても

機械が作りだしたニセの病気って!?





そんなこともあるんですね・・・・・・・。





骨髄検査も投薬もしなくてよかった…

☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



先日、

新しい病院探しについて書くことで→

自分にハッパをかけて・・・・・・・・。



亡くなった豆太郎のカルテと

さまざまな思い出が眠る

前の病院への気持ちは一旦保留にして





ようやく行ってきました。

そら豆と新しい病院へ!





焦っていたのはフィラリア予防の時期が

スタートするのもあったけれど

もうひとつ、気がかりがあって・・・・・・。






0423-1-2016.jpg






じつはそら豆、

ちょうど1年ほど前から血小板の数が減少する

「血小板減少症」の疑いがありました。




だから豆太郎がクッシング症候群の治療で

通院していたのと並行して

そら豆も毎月のように血液検査を受けて

ずっと経過を観察してきたのです。




一時期は測定不能なほどのPLT値で

先生からは1度と骨髄検査を受けたり

ステロイドの投与で数値の改善を試みる

治療も勧められましたが

私はずるずると先延ばしにしてきました。





確かに血小板の数値は見事に低いものの

どうしてもそら豆が病気とは思えなくて・・・・・。





なぜなら

「血小板減少症」にみられる主な症状

皮膚や口の中に出るといわれる点々とした出血(紫斑)や

血が止まりにくい、鼻血、血尿血便といった症状が

そら豆にはまったく無くて・・・・・・。



快眠快便、食欲旺盛、

いたって元気だったからです。





0423-2-2016.jpg






だから数値的には病気かもしれないけれど

症状が出ない限り積極的な治療はしないでおこう

そのかわり、

気になる症状が出たらすみやかに治療を開始しよう




それが私の選択でした。




怠慢な飼い主と思われるかもしれませんが

素人なりに病気のことや治療方法を調べて

現状は元気そのもののそら豆の体に

麻酔を必要とする検査や副作用のあるお薬は

余計な負担に感じたし

いったん治療を受け入れたら最後

本当の病気になってしまうように思えたから。





クッシング症候群の治療を続けていた

豆太郎がこの頃には

目に見えるほど衰えてきたのもあり

治療や投薬の必要性にも疑問を

感じていた時期だったから

というのがあったからもしれません。






0423-3-2016.jpg






なので、積極的な治療はせず

血液検査だけは頻繁に受けて経過を観察してきた

そら豆の血小板の数値。




ただ、今年の1月末を最後に

検査をお休みしてしまっていたので

そろそろ検査をしておかなければと

新しい病院探しを焦っていたのです。





そして、ようやく行った病院ですが・・・・・・。





目からウロコの

思わぬ検査結果が出たのでした。





その報告はまた明日。


☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



イコタン

カワイコタン

ダイジコタン

メーメーにミーミーにハーハー

ポッポにチッチにウンチッチ





人が聞いたらなんのこっちゃ?の言葉も

豆太郎と私の間では

ちゃんと通じた言葉たち。







0422-1-2016.jpg







いい子ちゃん

カワイコちゃん

大事な子ちゃん

メーメーは目薬

ミーミーは耳掃除

歯磨きのハーハーに

お散歩のポッポ

トイレのチッチに

うんPのウンチッチ





どれもこれも

うちだけで通じた言葉。

豆太郎と私をつないだ

いわば、「うちだけワード」。





ワンコやニャンコとお暮らしの方なら

きっと皆さんそれぞれにお持ちであろう

うちだけの言葉。

ペットと飼い主さんだけが交わす

ヒミツの会話。







0422-2-2016.jpg







今はもう、目薬も耳掃除も歯磨きも

豆太郎とはできなくなってしまったけれど





豆太郎の祭壇で

写真の前で

小さなお骨壺を撫でながら





イコタンの豆太郎

カワイコタンの豆太郎

ダイジコタンの豆太郎





この言葉だけは

今も変わらず豆太郎と交わしている

大切な「うちだけワード」です。





ミーミーとハーハーはあまり好きじゃなかったよね?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



おジィちゃん、お口くさ~いっ!!




孫娘からのキョーレツなひと言が放たれた

入れ歯洗浄剤のコマーシャル。




アラフォー世代の方なら覚えてらっしゃるかも。





今の時代なら●●ハラスメントや

虐待的発言だとクレームになりそうなCMだけれど

その分インパクトも大きくて

私も子供の頃、学校やなんかでCMをマネして

お口くさ~い!って冗談をいっていた記憶があります。






0420-1-2016.jpg






10歳を超えたあたりから

歯垢がつきやすくなったそら豆。




デンタルジェルも使って磨いてはいるけれど

やっぱり口臭が少し気になります。






0420-2-2016.jpg







お散歩で出会う若いワンコさんたちに


おジィちゃん、お口くさ~い!


って、嫌われませんように・・・・・・・(笑)




☆頑張って歯磨きしなくちゃね☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ワンコのシッポが好きで




豆太郎とそら豆のシッポが大好きで





0419-1-2016.jpg






だからブログをはじめた時

パグとシッポをかけて

『 パグっぽ 』という名前をつけたのだけれど





あれから10年・・・・・・・。

いつも隣り同士並んでいた2つのシッポのうち

豆太郎のシッポは

遠い所へいってしまって





デニッシュパンのような

豆太郎の丸いシッポは

もう見れなくなってしまったけれど






0419-2-2016.jpg






豆太郎のことを想うたび

豆太郎の姿を思い出すたび

相変わらず

涙がいっぱい溢れてくるのは





豆太郎が側に来て

あの可愛いシッポをフリフリ揺らして

私に合図しているのかなぁ・・・・って

豆太郎の揺らしたシッポが

心に触れるから涙がでるのかなぁって





そう考えると

いつまでもソメソメしている自分を

少しだけ許せる気がするのです。





泣き虫のいい訳かもしれないけれど・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



4月も下旬になってそろそろ

そら豆の

フィラリアの検査や予防薬を

スタートしなくちゃいけない時期なのに

まだ病院に行けていません。




新しい病院を探しているけれど

なかなか、決められなくて。



ずっとお世話になっていた動物病院には

もう、行けそうになくて。





0418-1-2016.jpg






豆太郎が亡くなってから1度だけ

そら豆の血液検査に行ったとき




病院へ行く道にも

待合室の景色にも

診察台の上にも

もう、どこにも

豆太郎の姿が見当たらなかったのが

悲しくて、苦しくて。




豆太郎がクッシング症候群と診断されてから

月に1度は必ず

多い時には2度も3度も通った病院なのに

豆太郎がいるのが当たり前の待合室だったのに




いくら待っても待っても診察室からは

豆太郎の名前が呼ばれないのが

なんともいえず悲しくて・・・・・・・・




でも他の患者さんもいらっしゃる手前

メソメソすることもできず・・・・・・・・




だからずっとお世話になってきた病院には

とても感謝しているけれど

病院をかえようと思ったのが1月の終わり。




けれども・・・・・・・・・。

いまだに新しい病院を決めかねているのは

1度お世話になりはじめたらこの先ずっと

そら豆の健康を託すことになるので

慎重にならざるを得ないのと




もうひとつ、




豆太郎のカルテが

豆太郎が病気になってから亡くなるまでの

命のカルテが・・・・・・・・




遠い所にいってしまうことに

抵抗を感じている自分がいるからです。






0418-2-2016.jpg






いづれにしても

今月中には結論を出さなくてはいけないのだけれど。

必ず病院に行かなくてはならないのだけれど。




冬休みの宿題をいまだに終わらせていない

劣等生気分の今日この頃です。




ゴメンねそら豆、もう少しだけ待ってね・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



大地震から一夜明け

熊本の皆さまや、九州地方の方々は

心細い日々をお過ごしかと存じます。



1日も早く平常の生活を取り戻せますよう

心からお祈りしています。






0416-22-2016.jpg






『 豆太郎、どっち?』





片方だけオヤツを握ったコブシを見せて

豆太郎にどっち?と選んでもらう遊び。




2つ並んだグーの手から

オヤツの入った方をスンスン嗅ぎ当て

選んだコブシを短い前脚で

タッチして知らせた豆太郎。




正解率ほぼ100%の

得意遊びだったけれど

あまりやりすぎると

オヤツが待ちきれない豆太郎は焦れて

鼻水をブシュブシュ飛ばしていたっけ(笑)







0416-11-2016.jpg






視聴者の依頼にもとづき真相を解明する

某テレビ番組を観ていたら

「選び唄」について調査していました。



『どちらにしようかな~天の神様の云う通り~』

から始まる子供の頃によく唄ったアレですが

そのあとの歌詞が面白くて。



街頭でいろんな方に調査したところ

誰一人として同じ歌詞を唄う方がいなくて

出身地によって類似はあるものの

皆さんそれぞれオリジナルの歌詞を唄われる。



子供の頃から何気なしに唄っていたのに

実はみんなそれぞれ違っていただなんて

ちょっとした驚きでした。




ちなみに私は・・・・・・・・・




どちらにしようかな~

裏の神様の云う通り~

プッとこいてプッとこいてプップップー

もひとつおまけにプップップー





ずいぶんお下品なオナラ・バージョンを

今日の今日まで正解だと思って生きていました(恥)






面白い「選び唄」のおかげで

豆太郎との懐かしいどっち?遊びを

思い出した夜です。





☆今日もありがとうございました☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



棚から牡丹餅 タナカラボタモチ



【意味】

思いがけない好運を得ること。

労せずしてよいものを得ることのたとえ。






0415-1-2016.jpg






大好物のバナナの在りかを

ちゃんと知っている、そら豆。





『 棚からボタモチ 』 ならぬ・・・・・・・







0415-2-2016.jpg






『 棚からバナナ 』 を、期待しています。





ちなみに

バナナが落ちてきたことは

これまで1度もありませんが・・・・・・。




石の上にも3年

バナナの下にも3年





いつか叶うといいのにね(笑)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆








このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



もしも、そら豆が

ひとつだけ魔法の呪文を





0414-1-2016.jpg





なんでも願いを叶えてくれる

魔法の呪文を

ひとつだけ手に入れたなら・・・・・・・




迷わずこう唱えると思います。






開け~ ドア!! 






0414-2-2016.jpg






開かない冷蔵庫の前で

今日も辛抱強く

待ち続ける、そら豆です(笑)





☆石の上には3年、冷蔵庫の前にはそら豆☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ちょっとお出かけしてきました。





0413-1-2016.jpg





ドライブ中に偶然見つけた

羊さんの牧場。



そら豆が羊さんと会うのは

たぶん、初めてかな?





0413-2-2016.jpg





羊さんたちは

ポッチャリした不思議な生き物に

興味シンシンで

近寄って来てくれるのに




そら豆は?といえば・・・・・・・・。






0413-3 2016





なぜか、よそよそしくて

挙動不審だったのは




もしかして・・・・・・。




自分よりも大きな羊さんたちに

ちょっぴりビビったからだけじゃなく






0413-4-2016.jpg






ふだん、

ラム肉のフードにお世話になっている

負い目のせい?



・・・・・・だったのかも、しれません(笑)




☆いつもお世話になっています☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



私の住む町にツバメがやってきました。




スイスイと見事な飛び方をする小鳥だなぁと

最初ぼんやりと眺めていたのですが

見覚えのある流線形の翼と独特の尾っぽで

ようやくツバメであることに気づきました。




もうそんな時期なのですね。





0412-11-2016.jpg






ツバメの背に乗って花の国へ行ったのは

たしか、親指姫。


モグラのお嫁さんにされそうになった親指姫を

ツバメが迎えにやってきて

姫を背中に乗っけて大空へ羽ばたいた・・・・。





ツバメさん、





どうか私の豆太郎のことも

迎えにいってくれませんか?





背中に乗せてやってくれませんか?









tsubame-2.jpg







親指姫に比べたら

ずいぶん重くて大変かと思いますが・・・・・




どうか、どうか、

豆太郎を




私の元へ連れて来てくれませんか?




☆ツバメさんと一緒に戻っておいで☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



散歩道の桜が満開になりました。





0411-1 2016





そら豆とふたりで見た今年の桜。




毎年この場所の桜を

私と豆太郎とそら豆と・・・・・・・

ひとりと2頭で眺めていたのに





0411-2 2016





今年は

豆太郎と一緒に見れません。



もう2度、

豆太郎と桜を見ることはできなくなりました。





雪の季節も泣いていたけれど

桜が咲いても

まだ涙は止まらなくて・・・・・・・。



もう1度、会いたくて

もう1度、豆太郎に会いたくて



ちっとも諦めきれず

相変わらず泣けてきます。





0411-3 2016





満開の桜と一緒にやってきた

豆太郎の5回目の月命日。



一緒に見れない花が咲けば咲くほど

キレイであればキレイな分だけ

淋しい日です。




今年の桜も一緒に見たかったよ・・・

☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



そら豆はどういうワケだか

私にお尻を向けて・・・・・・・



私にお尻をくっつけて

寝るクセがあります。





0410-1 2016





そら豆のポッチャリしたお尻は

フカフカと柔らかくて可愛くて




だから、

お尻をくっつけられても

ちっとも構わないのだけれど





0410-3-2016.jpg







時々、危険です・・・・・・・(涙)





夏が来れば13歳。

お尻もユルくなるよねぇ(笑)




デッカイのを顔にかけられました(涙)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



いい年をして・・・・・・・

ガチャガチャをしました(恥)




見つけた瞬間

どーしても、どーしても、欲しくなって




クジ運はちっともよくない私ですが

これだけは、きっと当たる気がして




見事、手に入れました!





『 カレーパグ 』 ですって(笑)


0409-1 2016





ほかにも可愛いトイプードルさんが

具の間にペタンとはさまった

『 エッグベネディクトイプードル 』 や



寝ころんだチワワさんがのっかった

『 フォッカッチワワ 』 などなど



パンとワンコがコラボした

ユニークなフィギュアが当たるガチャガチャ。

ダジャレの効いたネーミングも

可愛いです。





0409-2 2016





どーしても欲しかったのは

このパグさんのお顔が

晩年の豆太郎に・・・・・・・



顔はすっかり白くなったのに

でもなんだか幼い表情をしていた

豆太郎の顔に・・・・・・・・



似ている気がしたから。





0409-3 2016





食いしん坊だった豆太郎が

今は虹の橋であんな風に

カレーパンを独り占めしていたら

どんなに楽しいだろうって



ユニークなフィギュアを眺めながら

想像しています。




☆車につけて一緒にお出かけします☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





ちなみに、1回目に出たのは

エッグベネディクトイプードルさん。


2回目でようやく引き当てたカレーパグ。

私にしては上出来でした。






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



もしも100頭のワンコの

ベロだけ見せられても

豆太郎のベロを

当てる自信があります。




100頭分のベロから

1枚のベロを見分けてみせます。




だって豆太郎は

自分のベロにこっそりと

印をつけていたから。





0408-1 2016





舌の裏の大きなホクロ(笑)




まるで海苔でもくっつけたような

おっきなホクロを

豆太郎はベロの裏に隠していました。




ふだんは見えないけれど

ペロンと舌舐めずりしたり

大きくハァハァしたときにだけ

見せてくれた、ヒミツの印。





0408-2 2016





馴染みのない人からすれば

どの子も同じよう見えてしまうワンコも




目鼻立ちや、耳のつき方、

歯並びや、顔の輪郭、

そして、ベロだって・・・・・・!




みんなそれぞれ違っていて

飼い主だけが知っている

愛しい特徴があるものです。





0408-3 2016





いつか虹の橋へ

豆太郎を迎えにいけたとき




また・・・・・・・。




あの可愛いベロで

大きなホクロを隠した愛しいベロで

豆太郎にペロンコしてもらうのが




今から待ち遠しいです。




☆豆太郎の秘密、バラしちゃった☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



アクビしている口に顔を寄せて

匂いを嗅ぐのが好きでした。





0406-1 2016






生っぽいような、甘いような、

酸っぱいような、玉子のような、

なんともいえない独特の匂いがして





豆太郎のアクビの口が

アクビの匂いが大好きでした。






0406-2 2016





茹でたパスタに混ぜるだけの

めんたいマヨ味のパスタソース。



茹でたてアツアツのパスタに

このソースを混ぜたときの香りが





なぜだろう・・・・・・・?





豆太郎のアクビと同じ匂いがしました。





湯気と一緒に香りたったソースの匂いに

もう戻らない時間と

豆太郎の姿がよみがえって




何度も何度も嗅いだ愛しい匂いと

目をつむって大口をあけていた

豆太郎の顔がよみがえって




なんともいえない気持ちで

泣きながら美味しく頂いた

今日の昼食でした。




☆思い出の味になりそうです☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



たとえば、

窓の位置なんかの加減で

顔に見える建物や

差し込み穴が

顔に見えるコンセントとか。



わざとそうしているワケぢゃないのに

顔に見えてしまうものって

ありますよね?





0405-1 2016





最近、見つけた顔。



毎日通っている散歩道で

たぶん、子供の頃から

ここにあったお宅の屋根のうえで



今まで気づかなかったけれど





0405-2 2016





つぶらな瞳。

ぷっくりした口元。



屋根のうえからこちらを見てる

可愛い顔。



ちょっとおサルさんっぽい(笑)






0405-3 2016





1度見えてしまうと

もう顔にしか見えなくて



通るたびに

屋根のおサルさんを見上げて

ニヤリとしています。




☆君はいつからそこにいるの?☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



おはようを云うとき


ゴハンのとき


いってきますの挨拶のとき


ただいまの報告のとき


おやすみのとき・・・・・・・。




ほかにも日々いろんなとき

豆太郎に話しかけます。



豆太郎の骨壷をダッコして

豆太郎が好きだったお尻ポンポンをしながら

話しかけています。



小さな骨壷のお尻あたりを

そっとポンポンと撫でながら。





0403-1 2016





晩年、

体がうんと弱ってしまった豆太郎は

自分ではなかなか横になる場所が決められずに

ウロウロすることが多かったけれど



ダッコしてベッドに連れて行って

お尻をポンポンしながら話しかけると

ぶぶ~んと鼻を鳴らして

安心したように眼を閉じていました。






0403-2 2016





今は壺のフタが振動する

かすかな音が聞こえるだけだけど。



貝殻をこすり合わせたような

小さな返事が聞こえるだけだけど。




やさしくポンポンするたびに

聞こえる小さな音が

豆太郎がぶふ~んと鼻を鳴らした

返事代わりの気がして・・・・・・・。





今日もお尻ポンポンしながら

話しかけています。



豆太郎の眠りが

安らかでありますようにと祈りながら。




☆よろしければポンポンしてやって下さい☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



夕方、少し時間があったので

近所のお堀を散歩してきました。





0402-1 2016






東京や福岡からはすでに

桜が満開との便りも届いていますが

こちらはまだ四分咲き程度かな。

場所にもよりますけど。





0402-2 2016





いつもより少し早目の散歩に

昼寝を中断して連れて来られた

そら豆は・・・・・・・・。



でっかいアクビをしながら

始終ノソノソと歩いていました(笑)






0402-3 2016





うちの子だけかもしれませんが

豆太郎もそら豆も

眠いとやたらとペロペロ舌がでるんですよね。

なんでだろ?






0402-4 2016 





田舎の城下町なのに

町屋つくりの町並みと

バウムクーヘンで有名な洋菓子店があるので

観光客の方も案外多くて



そういう方々に混じって歩いていると

子供の頃から見慣れた景色も

なんだか新鮮に感じられて





0402-5 2016





少しだけ観光気分を味わえた

夕方のお散歩でした。




☆豆太郎へ今年の桜が届きますように☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



めっきり暖かくなって

花や虫や動物たちが

ずいぶん活動的になってきた今日この頃。





今朝、

うちの庭にやってきたモンシロチョウ。




お隣の屋根から窓越しに

私の部屋を覗いていた小鳥。




そら豆がクンクンしていた草の中から

プ~ンと飛び出してきたミツバチ。




ガラス窓の内側に入り込んだ小さな蜘蛛。






小さな生き物を見つけるたびに



豆太郎の生まれ変わりかしら? とか

豆太郎の魂を乗せてきたのかしら?



な~んて・・・・・・・。



いちいち、考えてしまいます。





0401-1 2016





だから

小さな生き物たちが

小さな命たちが




やたらと愛しくて

大切に思える

今日この頃です。




☆みんな大切な命だから☆

☆今日もありがとうございます☆