このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



車検が終わりました。

日本に帰国したあと新車を購入して

2回目の車検なのでこれで5年目。




車検を受けるに当たって

メーカーの担当者の方からはしきりと

乗り換えを勧められて

新車のパンプレットも山のように

見せられたけれど・・・・・・。




豆太郎の思い出が

豆太郎とそら豆と3人で

いろんな場所へ出かけた思い出が

たくさん詰まっている愛車だから

どうにもこうにも走らなくなる日まで

この車に乗り続けようと決めています。






0531-1-2016.jpg






まだバリ島に住んでいたころ

豆太郎も愛車を持っていました。




乗る、のではなく

押す、タイプの車でしたけれど。






0531-2-2016.jpg






カタカタの手押し車(笑)




ある日テレビでトイプーちゃんが

カタカタを押している姿を観て

ぜひ豆太郎にも♪ と

試してみたら・・・・・・?!






0531-3-2016.jpg






アッサリと押しました!!




豆太郎はヘタレで体力もない子だったけれど

見かけによらず器用で

何よりも、新しい遊びをするのが好きでした。

上手にできるともらえた

ご褒美のボーロが

お目当だったのかもしれませんが(笑)






0531-4-2016.jpg






アンヨ、アンヨ、の掛け声に

短い足でヨチヨチと歩く姿が

なんともいえず愛しくて・・・・・!













豆太郎の愛車は

バリ島を引き上げるときに

近所の子供にあげてしまったけれど

まさか、ワンコが押していたとは

知らなかっただろうなぁ(笑)




晩年、クッシング症候群のせいで

ほとんど歩けなくて

眠ってばかりいた豆太郎ですが

若いころはこんなに強い足と

遊び好きな一面を持っていました。






0531-5-2016.jpg






アンヨが上手だった豆太郎と

愛車のカタカタの思い出です。




☆上手にできたご褒美にポチっ☆

☆今日もありがとうございました☆




スポンサーサイト

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎とそら豆の大切なお友だち。

黒パグのライ君。7歳。






0530-1-2016.jpg






スレンダーな体に

ツヤツヤの毛並みがカッコイイライ君は

フク兄さんが大好きな男の子。






0530-2-2016.jpg






私たちが帰国してから

家族ぐるみのお付き合いをさせてもらって

毎年一緒に旅行へも行きました。






0530-3-2016.jpg
< 写真左から、ライ君、フク兄さん、豆太郎、そら豆 >






けれども、ちょうど1年前の今日

突然お空へ旅立ってしまった・・・・・。



1週間後には

また旅行へ行くはずだったのに。

すぐに会えるはずだったのに。






0530-4-2016.jpg






半年後、

豆太郎もライ君の所へ行ってしまって



今はもう、

あの日、写真の中で笑っていた

ライ君も豆太郎も

お空のワンコになってしまったけれど






0530-5-2016.jpg







ライ君の笑顔も

豆太郎の笑顔も

あの日のふたりが

どんなにキラキラしてたかも

一緒に過ごした時間が

どんなに楽しかったかも





ずっと覚えているから。

忘れることなんて出来ないから。







0530-6-2016.jpg







今日で

天使組2年生になるライ君へ。





一緒に走ってくれてありがとう。

ダッコさせてくれてありがとう。

宝物の松ぼっくりを見せてくれてありがとう。

豆太郎とそら豆と遊んでくれてありがとう。





いつまでも大切なお友だち。

大好きです。



☆天使組の子たちへポチっ☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



仕事場近くの農園で

サクランボ狩りが始まりました。






0529-11-2016.jpg







職場のある地域には

観光果樹園がたくさんあって

春のイチゴ狩りに始まり

サクランボ、桃、ブルーベリー、ブドウ

梨、柿、サツマイモ・・・・・と

春から晩秋まで

色んな果樹狩りを楽しめます。





残念ながら私は仕事ばかりで

どの果樹狩りも

体験したことがないのですが・・・・・・。







0529-2-2016.jpg







それでもシーズンになれば同僚たちと

●●狩りが始まったね~

1度くらい行ってみたいよね~

な~んて、毎度のようにおしゃべりをして

最後はお決まりのように

数ある果樹狩りの中でも

1番たくさん食べれる果物はどれだろう?

料金の元が取れる果物ってなんだろね? って。

セコい話になってしまい・・・・・・(恥)




で、セコいオバサンたちの多数決で

もっとも票を稼ぐのが

今がシーズンの

サクランボ狩りなのであります(笑)






0529-4-2016.jpg






ネットで大切に守られた木々には

赤く色づいたサクランボの実が

ぷらんぷらんと下がっているんだろうなぁ~





隣りどおし あなたとあたし サクランボ~♪

そんなヒットソングもありましたよね。






0529-3-2016.jpg






豆太郎とそら豆もいつも隣りどおし

ふたりで並んでいました。




あのネットの内側にも

隣りどおし並んだカワイイ

サクランボたちがいるんでしょうね。






0529-5555-2016.jpg






1度は体験してみたい・・・・・・。



近くにあるのにやたらと遠い

サクランボ狩りです。





今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎、

200日です。

君が旅立って今日で200日目。




お空の様子はどうですか?

お友だちはできた?

懐かしいおともだちにも会えた?

オモチャで遊んでる?

いっぱい食べてる?

たまには、かあちゃんの所にも

来てくれているのかな?







0528-1-2016.jpg






豆太郎、

かあちゃんは相変わらずメソメソしていて

豆太郎、豆太郎と

名前を呼んでは

君が側にいない今日に

ガッカリしているのだけれど





それでも

あの秋の日から200日が過ぎて

冬をやり過ごし、春を見過ごし

夏の気配に気づくこの頃

思い出す君の姿が

豆太郎、という呼びかけに

応えてくれる君の顔が

病気になる前の元気な姿に

かわってきていることに気づきました。





少し前まで、

思い出すのは

弱々しい君の体と

そんな自分を持て余したような

悲しそうな顔ばかり。

だから何もかもが悲しくて

申し訳なくて・・・・・・。

出てくる言葉は「ごめんね」ばかり

だったけれど





でも最近ようやく

丸顔に大きな目をキラキラさせて

よく笑っていた君本来の姿を

思い出せるようになりました。







0528-2-2016.jpg






豆太郎、

これが日にち薬ってものなのかな?




200日がたって

ようやく効き始めてきたお薬は

とても優しくゆっくりと

君との時間を取り戻してくれています。




だから、

ずっと開けられなかった

過去のブログの記事を・・・・・。

君と過ごした

宝物の日々の記録も

少しずつ

読みかえせるようになりました。




そして、

URLに貼りつけられた

私たちのアルバムを見るたびに

思うんだ。






楽しかったよね?

幸せだったよね? って。







0528-3-2016.jpg







豆太郎、


君とのお別れは

いっそ死んでしまったほうが楽なくらい

悲しくて苦しくてやり切れなくて

今もちっとも楽じゃないのだけれど




でも、じゃあ

君との思い出を

半分差し出すかわりに

君を亡くした悲しさを

サッパリ拭ってもらえるとしても

それは、絶対したくない。




あんなに楽しかった時間を

こんなに大切な思い出を

1つたりとも失いたくはないから。




逆にどんなに苦しくて悲しくても

もう1度、

君と時間を過ごせるなら

かあちゃんは何度でも

この苦しみを受け入れます。







0528-4-2016.jpg







豆太郎、




こんな風にアレコレ想いながら

かあちゃんは過ごしています。




そして、君への置き手紙が

どんどん増えていきます。




でも、どうか読まないで。







0528-5-2016.jpg







豆太郎、


かあちゃんが迎えに行く日まで

君はそこで

のんびり楽しくいて下さい。




そして

もう1度会えたとき




君のまあるい体をギュッと抱きしめて

君のおっきな目を見つめながら




どんなに会いたかったか

どんなに愛しているか

君に直接、伝えます。





だから、手紙は読まないで。

かあちゃんがそちらへ行くまで

そのまま置いておいて下さい。






0528-6-2016.jpg







豆太郎、


何度呼んでも愛しい名前。



豆太郎、


今日も相変わらず大好きです。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



すごく、懐かしい動画です。



どこに保存したのか分からなくて

ずっと探していた・・・・・・・。







0527-1-2016.jpg







ジャングルの奥にあった小さな橋。

渡ろうとしたら

途中で怖くなって

真ん中で固まってしまった豆太郎。→





橋の真ん中。

右を見ても左を見ても

見えるのは苦手な水ばかり。

手をパーに開いて

ハァハァいいながら

踏ん張っていた姿が印象的で・・・・・・・。













ずっと探していた豆太郎に

ようやく会えました。

2007年9月。

6歳になる少し前の豆太郎。





この時は橋を渡るのを諦めて

ダッコして引き返したっけ。






0527-2-2016.jpg







それからずいぶん

時が流れて・・・・・・・。





14歳になった豆太郎は

お空への橋をひとり渡って

逝ってしまったけれど






0527-3-2016.jpg






天に昇る橋はきっと・・・・・・・。




ちっとも怖くなかったんだね?


だからひとりで渡ったんだよね?







0527-4-2016.jpg






豆太郎、

君が橋を渡ってから




明日で200日になります。





今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



アイヌの伝承に登場する

小人のコロポックル。

コロポックルとはアイヌの言葉で

「フキの葉の下の人」という意味だそう。






0526-1-2016.jpg






うちのコロポックル?!




裏庭の隅で伸び放題になっている

フキの葉っぱに遭遇したそら豆。




少しだけコロポックル気分です(笑)






0526-2-2016.jpg






残念ながら

雨露をしのげるほど

葉っぱは大きくありませんが

それでも

日傘くらいにはなるかも?






0526-3-2016.jpg





フキの葉の下の小人さんは

いまだ見たことがありませんが




フキの葉の下の犬は

行く手を阻まれたせいか

困った顔をしていました(笑)






今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



じいちゃんが植えたトマトの苗。




0525-1-2016.jpg







だいぶ大きくなりました。

順調に育っている模様♪



このぶんだと

夏には真っ赤なトマトが

採れるかな?






0525-2-2016.jpg







水をやったり

草むしりをしたり



お世話するのは

じいちゃんの仕事。





収穫するのは・・・・・・!?







0525-3-2016.jpg







毎年夏には

じぃちゃんのトマトを

楽しみにしているそら豆。



亡くなった豆太郎と一緒に

毎年トマトの

採り放題・食べ放題するのを

夏の仕事にしていました。







0525-4-2016.jpg



0525-5-2016.jpg






豆太郎がいない今年の夏は

ひとりぼっちの収穫になりますが・・・・・。




順調に育っているトマトの苗を

ニンマリと眺めているそら豆。







0525-6-2016.jpg







豆太郎も大好きだった

じいちゃんのトマト。




今年もたくさん

採れますように・・・・・・!






今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日は1日

「フミ男くん」と呼ばれたこの方。→



今日はちゃんとできたので

元の「そら豆くん」に戻りました(笑)






0524-1-2016.jpg






お散歩中やお出かけした際

お会いした方から

『 お名前は?』と聞かれると




『 豆太郎とそら豆です 』




長い間、

そう自己紹介してきました。




そら豆が生まれてから

昨年11月に豆太郎が亡くなるまでの

12年間・・・・・・。

何度そう名乗ってきたことか。







0524-2-2016.jpg






『 豆太郎とそら豆です 』




そう答えると、相手の方は

たいてい笑いながら

可愛いお名前ね~とか、

ピッタリね~とか、

言ってくださったものでした。




とくに

そら豆はよく笑われたなぁ・・・・・・。

豆太郎のあとにそら豆。

二段オチなのね?って(笑)





豆太郎の名前は

小さな豆太郎に出会った瞬間

名前が閃いたのだけれど

そら豆は、

豆太郎の息子だから豆シリーズをと

考えたものの

当時の私には豆の名前といえば

自分の好物の「そら豆」

くらいしか浮かばなくて・・・・・・・。




それで「そら豆」(笑)






0524-3-2016.jpg






豆太郎がいなくなって

豆太郎とそら豆、もうニコイチで

自己紹介することもなくなり

淋しかったのだけれど・・・・・・・。




先日、

散歩でたまにお会いするチワワちゃんが

「お豆ちゃん」というお名前だと知って

豆太郎が亡くなってなからはじめて



『 この子は、そら豆です!』 と。



豆仲間に出会えた嬉しい気持ちで

自己紹介させてもらう機会がありました。

『あら~、そら豆ちゃん?』って

やっぱり笑われていたけれど・・・・・・。






0524-4-2016.jpg






でも、笑ってもらえるのは

名前が似合ってる証拠!(笑)



相手の笑顔を引きだす

そら豆って名前、

かあちゃんはいいと思うけどなぁ。。。

ねぇ、そら豆?






0524-5-2016.jpg






だって

どっちも夏生まれだし

かあちゃんの好物です♪






今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ワンコって

どうしてトイレのあと

後脚で地面を蹴りたがるのでしょう?




チッコのあともウンPのあとも

まるで親の敵か何かみたく

ガリガリと土を蹴りあげて。




もちろん、それがマーキングのひとつで

足裏から出る自分のニオイを

排泄物と一緒に拡散していることは

理解しているつもりですが・・・・・・・・。




それにしても

そら豆のトイレのあとの

ケリケリの激しさったら。

まるで小さな闘牛みたいで。






0523-1-2016.jpg






今朝のこと。





相変わらず

そんな闘牛並みのケリケリをみせた

そら豆に悲劇が!!





ウンPを済ませてスッキリさわやか

調子良くガリガリと

地面を蹴り上げた後脚に・・・・・・・。






0523-2-2016.jpg






たった今、



生み立てホヤホヤのブツがっ!






0523-3-2016.jpg






嗚呼・・・・・・(涙)






フミ男くんになりました。






0523-4-2016.jpg






そら豆 改め

フミ男くん・・・・・・・。






せめて足元を確認してから

ケリケリして欲しいものです(涙)




フミ男くん、気をつけてね?

今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



大好きなブログのひとつに

よしこさんが書いてらっしゃる

めー語<パグまんが> がありあります。




主人公のパグ犬

めーちゃんにまつわる

ワンコあるあるや

パグで振り返る世界の昔話が

とても面白くて♪


まもなく書籍化されるのを

今からとても楽しみにしています。




めーちゃんがなぜ

めーというお名前かというと

おめめが大きくて仔犬の頃は

目玉と呼ばれていたそう(笑)

だから、めーになったとか。






0522-1-2016.jpg






豆太郎が亡くなったスグあとに

めーちゃんのブログに出会って

めーちゃんのおっきな目に

豆太郎の面影が重なって・・・・・。







豆太郎も大きな目の持ち主でした。



0522-2-2016.jpg







食べ物を前にした時なんか

ふだんでも大きな目が

さらに大きく見開かれて・・・・・。

目玉がこぼれ落ちちゃうんじゃないかと

本気で心配になるくらい。





そんな、丸くて大きくて表情豊かな

豆太郎の目が大好きでした。






0522-3-2016.jpg






豆太郎が私を見つめていた

あの瞳を思い出すと

まるで初恋の人を想うように

胸がキュンとなる・・・・・・。




バカみたいけれど

いや完璧に親バカなんだけど

本当に本当に大好きでした。






0522-4-2016.jpg






豆太郎は鼻声を出せない子で

息子のそら豆がク~ンやキュウ~と鳴いて

鼻声で上手に感情を表現するのに対して

豆太郎はブブブーって・・・・・

不器用な鼻息くらいしか出せなくて(笑)




でもその分、

おっきな目でジッと見つめて

気持ちを伝えてくる子でした。






0522-5-2016.jpg





嬉しそうに

楽しそうに

じれったそうに

不満げに

そして晩年は

少し悲しそうに




その瞳にいろんな感情を込めて

14年間、

私を見つめてくれた豆太郎。

そして

豆太郎を見つめ返した14年間。






0522-6-2016.jpg






豆太郎は今でも私を

私とそら豆を見ているだろうか?

天国から見ていてくれるだろうか?




いつか私が虹の橋へ迎えにいったとき

あのビー玉みたいに良く光る

豆太郎の大きな瞳に

自分の姿が映る日が

待ち遠しくて・・・・・・・・。





そして、なにより





当たり前のように

豆太郎の視線を受けとめていた日々が

今さらながら

とても愛しいのです。





今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



誰かに何かを

見られているような・・・・・・。




どこからか視線を感じて

ハッとすることってありませんか?






0521-1-2016.jpg







お散歩をしていたら

誰かに見られているような?

強い視線を感じました。




辺りを見渡してみても

それらしき人影はなし。




気のせいかなぁ~と思って

何気なしに、顔をあげたら・・・・・・!






0521-2-2016.jpg






うわっ!!




通りがかりのお宅の

玄関扉の向こうから

ニャンコさんが見ていましたぁ(汗)






0521-3-2016.jpg






意外すぎる場所からの熱視線・・・・・!




さすが猫さんの目ヂカラは

強いな~と感心すると共に


あんな場所、

どうやって登ったんだろう?という疑問。






0521-4-2016.jpg






「壁に耳あり障子に目あり」 なんて

コトワザがありますが

玄関にも目があるんですね・・・・・・。




あ~ビックリした!!





今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



連日25度を超える夏日。

まだ5月だというのに

毎日ビックリするほど暑いです。。。




5時をすぎても

まだ日差しが強いので

夕方の散歩で出会う

ワンコさんも飼い主さんも

みなさん暑そうですが・・・・・・・。




日中のほとんどを寝て過ごし

たっぷり充電しているそら豆は

外に出るのが楽しいらしくて






0520-1-2016.jpg






ご機嫌さん♪




固巻きシッポを

キリリと背中に巻き上げて

散歩を楽しんでいます。






0520-2-2016.jpg






ところが、

散歩も後半にさしかかると





その表情が

だんだんとアンニュイになってゆき





0520-3 2016






ジリジリとした日差しが

さすがにこたえるらしく

ベロは出るわ

足取りは重くなるわ




シッポなんて

お尻からポンポンをぶら下げているような

情けない有様に・・・・・・・・。






0520-4-2016.jpg


0520-5-2016.jpg






背中に哀愁を漂わせながら

帰宅しましたとさ(笑)






0520-6-2016.jpg






そら豆のお散歩ビフォーアフター。

明日も天気は晴れの予報。



今週はしばらく

暑いお散歩になりそうです。





今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



4月のはじめ

私の住む街へとやってきたツバメたち。



童話のなかで

親指姫を背中に乗せたように






tsubame-2.jpg






私の豆太郎のことも

背中に乗せて連れて来てと

お願いしていたあの子たちが





0519-1-2016.jpg






巣作りを終えて

ただいま、卵を温めている真っ最中です。

オスとメスが交替で巣に入って

一生懸命に抱卵していました。




あと半月もすれば

可愛いヒナたちがピーピーと

黄色い口を覗かせてくれるかな?

新しい命の誕生です。






0519-2-2016.jpg






オモチャ遊びが

大好きだった豆太郎。




キャッチボールも

得意でした。














半年前に天国へ旅立って

キャッチボールをする豆太郎は

いなくなってしまったけれど




亡くなった命もあれば

まもなく巣の中で芽生えようとしている

新しい命の誕生もある・・・・・・・。





こうして

命のキャッチボールは

永遠に続いてゆくのですね。



淋しいけれど・・・・・・・。





今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



お散歩中の

そら豆から “出る” もの。






0518-1-2016.jpg






ベロ・・・・・・・・。






0518-2-2016.jpg






よく出るベロ・・・・・・・・(笑)





0518-3-2016.jpg






アクビ・・・・・・・・。








0518-4-2016.jpg






男子の証・・・・・・・・。






0518-5-2016.jpg






そして、笑顔♪





お散歩中のそら豆から

“出る” ものはイロイロあります♪




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎を亡くした私に

ある人が掛けてくれた慰めの言葉。




『 まだ・・・もう1匹いてよかったね 』





その言葉が心に

トゲのように刺さったままです。






0517-1-2016.jpg






慰めて下さる気持ちは十分理解できたし

有り難くもあったけれど・・・・・・・・・。




だけど、

まだもう1匹いるからよかっただなんて

全然違う。

そんなこと、思えるワケがない。

豆太郎は死んじゃったけれど

そら豆が残っているからいいでしょ?みたいな?

そんな風に、思うハズがない。







0517-2-2016.jpg






たとえるなら

私の中には豆太郎の部屋と

そら豆の部屋があって

豆太郎の部屋には豆太郎への愛情が

たっぷり入っていて

そら豆の部屋にはそら豆への気持ちが

いっぱい詰まっている・・・・。




たとえ豆太郎が亡くなっても

豆太郎の部屋は永遠になくならないし

ふたつの部屋をひとつにして

全部そら豆の部屋にすることも出来ない。





そら豆は豆太郎の代わりにはならないし

私はそら豆にそんなことを望みもしない。

そら豆はそら豆のまま、

そら豆として愛している。




私の豆太郎はあの日亡くなって

今は小さな壺に入った。

だから、

こんなにも悲しくて淋しいのに・・・・・・・・。






0517-3-2016.jpg






だから、どうか

もう1匹いてよかっただなんて

言わないでください・・・・・・・。





動物と暮らしたことのないその人へ

云ったところで

たぶん理解してもらえないだろうと

口をつぐんでしまった言葉。





もしかして私が

ひねくれ者なだけかもしれないけれど・・・・・・。





☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



私は食いしん坊で

お肉、とくに牛肉が大好物なのですが

かといって

毎日ステーキを出されたとしたら

きっと飽きてしまって

「たまには別のものが食べた~い」なんて

贅沢なことを言い出すのでしょうが・・・・・。




まぁ、そら豆なら

毎日ステーキでも大喜びで

食べてくれるかもしれません(笑)






0516-1-2016.jpg






今日のこと。

ゴハンにしようと

炊飯器の所へ行ったら・・・・・・・!?






0516-2-2016.jpg






て、テントウ虫??!




虫はけっして苦手ではないのですが

予想外の場所で遭遇したせいで

さすがにビックリしました・・・・・。




炊飯器の上をしつこく

行ったり来たりしていたテントウ虫。




もしかしてこの子も

「たまには別のものが食べた~い」って

ゴハンの香りにつられて

やって来たのかもしれません(笑)






0516-3-2016.jpg






とはいえ、

さすがにテントウ虫に

ゴハンはあげられないので






0516-4-2016.jpg






本来、居るべき場所に

お帰りいただきました♪





食いしん坊のテントウ虫に出会った

日曜日の出来事・・・・・・・。




それにしても

よりによって、なんで炊飯器??





☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



クローバーの草むらを見ると

ついつい探してしまう

四葉のクローバー。






0515-1 2016






「見つけると幸せになる」と

いわれている四葉のクローバー。



花言葉は

「幸福」「私のものになって」

「忘れないで」

など、いろいろあるようですが

中には「復讐」なんてちょっと怖い

花言葉もあるようで・・・・・・・。






0515-2-2016.jpg






「私のものになって」「忘れないで」

その気持ちが叶わなかったとき

実を結ばなかったとき

「復讐」への気持ちに転じて

そんな花言葉があるんだとか。






0515-3-2016.jpg






ちなみに

三つ葉のクローバーの花言葉も

「幸福」なんだそう。



つい四葉のクローバーばかり探して

ないがしろにしがちな

三つ葉のクローバーですが




「幸福」は

とっくに近くに

手の届くところに

あったんですね。




それはきっと、

クロ-バーだけのお話じゃなく

日々の生活においても

同じなのでしょうね。






0515-4-2016.jpg






今日も君が側にいてくれる

幸せに感謝・・・・・・・・。






☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



「こぶとりじいさん」ならぬ

「小太りじいさん」のそら豆。 →





0514-1-2016.jpg






ポッチャリ指数が上昇すると

首のまわりを覆っている

自前の襟巻もサイズアップします。






0514-2-2016.jpg






お肉の襟巻に首が埋まって

まるで・・・・・・・・

エリザベスカラーをつけてるみたい?!




ケガもしていないのに

自前のエリザベス仕様です。





0514-3-2016.jpg





ゴージャスな襟巻姿で

悠々としているそら豆の姿は

なんだか・・・・・・・・






0514-4 2016






中世のヨーロッパ貴族?

のようにも見えて(笑)



ある意味

とても立派です・・・・・・・。





☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



裏庭のキンカンの木。

もう5月も中頃だというのに

まだたくさん実が残っています。





0513-1-2016.jpg






キンカンが

大好きだった豆太郎。






0513-2-2016.jpg






クッシング症候群で脚が弱ってしまうまでは

毎年春には裏庭に出て

そら豆とふたり

キンカン狩りをしていたのに・・・・・・・。














豆太郎が亡くなって

残されたそら豆も

もうひとりでは裏庭に出たがらなくなって






0513-3-2016.jpg






だから、

我先にと実をもぎ取っていた子たちが

来なくなったキンカンの木には

たくさんの実が残ったまま・・・・・・・。






0513-4-2016.jpg





今年もたくさん実をつけた

キンカンだけど・・・・・・・・。




今年の味は気のせいか

少し・・・・・・・

しょっぱい気がします。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎が逝ってからの半年。

気を抜くとメソメソしてしまってる半年間。




なんで死んでしまったの?という疑問。

ひとりで逝かせてしまったことへの懺悔。

ああすればよかった、

こうすればよかったという後悔。





尽きない「ごめんね」





0512-1-2016.jpg







豆太郎と過ごした14年間。

宝物の時間。

豆太郎がくれた楽しすぎる思い出。

たっぷりの愛情。

豆太郎が教えてくれた色んなこと。

今を精いっぱい生きること。





言い尽くせない「ありがとう」






0512-2-2016.jpg






豆太郎への想いは

「ごめんね」と

「ありがとう」の繰り返しで




「ごめんね」といっては涙が出るし

「ありがとう」をいっても涙がでる。





今はまだ

「ごめんね」の涙のほうが多いけれど

いつか・・・・・・・・・

「ありがとう」の涙が多くなるのかな?




「ごめんね」と「ありがとう」の

バランスがちゃんと取れたら

涙は止まるのかな?




「ありがとう」が増えたら

ちゃんとサヨナラできるのかな?





豆太郎、


「ごめんね」と

「ありがとう」のバランスは

まだまだ難しそうです。





☆今日もありがとうございました☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎の6回目の月命日がやってきました。

6回目。つまり半年・・・・・・・。

豆太郎がいなくなってから

半年が経ってしまいました。





長いようなアッという間のような

でもどちらにしても

淋しくて空しい、カラッポの時間。






0511-1-2016.jpg






人に話せば

未だにとか、今さらとか

思われるでしょうが

豆太郎が亡くなったことが

豆太郎がいない現実が

私には

未だに受け入れられていないし

今さらながら信じられないのです。





なんで豆太郎は死んでしまったんだろう?





どうしてもどうしても納得できなくて

もしかして

豆太郎が発していたかもしれない

お別れのサインを見逃していたのではないかと




もう何百回も何千回も

亡くなった朝のことを

亡くなる前日の

やたらと元気だった様子を

思い返してみるけれど




やっぱり答えは出なくて

出るのは涙ばかりです。






0511-2-2016.jpg






そして相変わらず

豆太郎に会いたくて会いたくて

仕方がない。




せめて夢の中で会えたら・・・・とか

どこかに生まれ変わりの子がいるかも?とか

私が死んだら迎えに来てくれるかも?とか。

いろんな期待もあるけれど




本音をいえば

私は私の知っている豆太郎に会いたい。




巨峰みたいにおっきな目の

ツヤツヤした耳を持った

丸顔でドッシリした体つきに

少し固めの被毛を持った

優しくて賢くて

ヘタレでビビリの

豆太郎を、もう1度

もう1度でいいから抱きしめたいのです。






0511-3-2016.jpg






豆太郎のお骨を眺めても

あんなに小さくて

壊れやすそうな塊が私の豆太郎だなんて

とうてい信じられない。




豆太郎ともう会えないだなんて

信じたくもない。




だから相変わらず私は待っていて

今日は戻ってこなかったけれど

明日こそは帰ってくるかもしれない・・・・・。

そんな期待をしているのです。




半年会えなくても

まだこんなに愛しい。

思い出になんて変わりやしない。




お空の豆太郎が心配するよといわれても

成仏できないよと諭されても

大好きな豆太郎のことを

どうしても諦めきれない・・・・・・。




我ながら情けないなと思うけれど

半年経ってもこんなもの。

これが私の本音なのです。





豆太郎、

ダメなかあちゃんでゴメンね。


☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



天気予報通り、朝から雨。

久しぶりの休日に寝坊していたら

先に目覚めたそら豆が

早く散歩に連れて行けと

ドアをしつこくガリガリと・・・・・・・。




で、行ってきました。

雨のお散歩。






0510-1-2016.jpg






自分から行きたいと云ったクセに

早々に引き返して来たそら豆。

思っていたより雨が強かったからかな?

不満げな表情をしていました。






0510-2-2016.jpg






着て行ったツナギ式のレインコート。



背中のファスナーを開けると

お肉がたっぷりとついた

桃尻が飛び出してきます(笑)






0510-3 2016






ところで、そら豆は

レインコートを脱ぐのが

下手っぴです。




前脚は自分で手をあげて

袖から腕を抜くのですが

後ろ脚は・・・・・・・・













放っておくと

脚にレインコートを引っかけたまま

ズルズルと歩いて行ってしまいます。





でも、この足元が

けっこう可愛くて

実は好きだったりして・・・・・・・。





0510-4-2016.jpg





だって・・・・・・・・・・




まるで、ワナに掛かった

仔ブタみたい(笑)







0510-5-2016.jpg






雨の日の

密かな楽しみです。




☆散歩のあとはモチロンお昼寝~☆

☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



長かったゴールデンウィークが終わり

連休中ずっと仕事だった私は明日

ようやく2週間ぶりのお休み♪




GW中にたまった伝票整理や

事務仕事を午前中に片付けて

午後からはそら豆と

近場のドライブでも♪な~んて

考えていたのに





あらら、残念。

明日は朝から雨の予報・・・・・・・。





雨降りだって、そら豆。





0509-1-2016.jpg






せっかくのお休みだけど

雨だもん。

仕方ないから明日は一緒に

オヤツ食べながらテレビ観たりして

ゴロゴロ過ごそうか?






0509-2-2016.jpg






あ、君はダイエット中だから

オヤツはナシだった(笑)




とにかく明日は

おウチでゆっくりしようね♪




あらら、ご機嫌ナナメになちゃった・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



店の前の橋のたもとに





0508-1-2016.jpg






そう立て札して


一休さんを困らせたのは桔梗屋さん。







0508-2-2016.jpg





うちの桔梗屋さん。




立て札こそしてませんが

全身でアピールしています(笑)





橋を渡ったら

遠回りになることを知っているそら豆。




早く帰ってゴハンが食べたいので

朝はこの橋を渡りたがりません。





渡っても、渡らなくても

ゴハンの時間は変わりませんのに。





0508-3-2016.jpg






しょーがない。



帰ろっか・・・・・・・。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



お散歩に出ると

毎日いろんな子に出会いますが

なかでも最近

会うのを楽しみにしている子が!?





0507-1-2016.jpg





シロちゃん♪



シロちゃんはニャンコさんながら

リードをつけてお外を歩く

お散歩猫です。






0507-2-2016.jpg






ニャンコの習性上、人や車が通る

道路を歩くのは苦手なのかと思っていたけれど

シロちゃんはとても上手にお散歩します。



それどころか、





0507-3-2016.jpg






リードもガンガン引っ張るし(笑)



お散歩が大好きで

1日3回、朝昼夕晩に1時間ずつ

お散歩に出るそうで

時間が来ると玄関で鳴いて

催促するんだとか。





0507-4-2016.jpg





そんなシロちゃん

暖かくなったこの時期は

とくにお散歩が長くなるそうで



なぜなら

ポカポカ陽気が気持ちよくて

お散歩の途中でも

構わずゴロンと横になって

日向ぼっこを始めちゃうそう。



そういう所は

やっぱり猫さんなんですね(笑)





0507-5-2016.jpg






こうして今日も

飼い主さんを引っ張りながら

長い長いお散歩に出かける

シロちゃんなのでした。






☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今朝のこと。

仕事へ行くのに車に乗った時




運転席に座って

シートベルトをして

エンジンをかけた車内が・・・・・。



車の中の雰囲気が

なんともいえない懐かしい感じがして





後部座席から

どこか楽しげに

でも、静かに

見つめられているような気配がして





ハッと気づきました。





ああ、豆太郎が乗っている。


豆太郎と一緒に

車に乗っているカンジがする、って。






0506-2-2016.jpg






豆太郎は車に乗るのが大好きで

後部座席が指定席でした。




車に乗ると

いつも後ろの席から

運転している私をジッと見つめていて

私は背中に感じる

豆太郎の視線と気配に

安心しながら運転していたものでした。




そうして私たちは

ちょっとしたドライブをしたり

お散歩に行ったり

時には旅行に出かけたり・・・・・・



豆太郎がクッシング症候群になってからは

病院に行くことのほうが

多くなってしまったけれど・・・・・・





車に乗って

いろんな所に一緒に出かけたものでした。






0506-1-2016.jpg






そんな懐かしい雰囲気。

豆太郎の気配が

愛しい気配が

満ち溢れているように感じた車内。




私は霊感もないし

単なるデジャヴだったのかもしれないけれど




久しぶりに感じた

豆太郎の気配が

とても嬉しくて懐かしくて




出勤する前に

すっかりマスカラが流れ落ちてしまった

朝の出来事でした。





☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ダイエットが急務の

うちの『 小太りじいさん 』






0505-11-2016.jpg






豆太郎が亡くなってから

めっきり淋しがり屋の

甘えん坊になったそら豆に

私の両親が

たっぷりオヤツを与えた

結果なのだけれど




小太りじいさんの

淋しん坊アピールもなかなかのもので

こんな風に鳴かれると

放っておけない気持ちも

分かるのです。














泣き虫じいさんめ・・・・・・・・。








0505-22-2016.jpg






こうして

うちの泣き虫じいさんは

その見事な鳴きっぷりで

オヤツをもらったり



ばあちゃんに

ダッコをせがんだりしている・・・・・・・・






0505-33-2016.jpg






確信犯です・・・・・・・・。






☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



頬にある大きなコブを

鬼に取ってもらったのは

昔話の『 こぶとりじいさん 』

でしたが・・・・・・・。






0503-1-2016.jpg






うちにもいます!


『 こぶとりじいさん 』




ただし

うちの場合は・・・・・・・。




『 小太りじいさん 』






0503-2-2016.jpg






豆太郎が亡くなってから

淋しがり屋になったそら豆に

私の両親が

たっぷりオヤツを与えた結果の


『 小太りじいさん 』・・・・・・・・・。






0503-3-2016.jpg






そら豆もうスグ13歳。



まだまだ成長期です・・・・・・・・(笑)





☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



めっきり春らしくなって

庭の緑も色濃くなった今日この頃。






0501-1-2016.jpg






けれども一か所だけ

芝生が枯れたままの場所があります。






0501-2-2016.jpg






ここは、豆太郎の場所。

これは、豆太郎のしわざ。




亡くなるひと月ほど前から

なぜか豆太郎はここでしか

トレイをしなくなって



散歩に出ても

あんなに好きだった

青空トイレも忘れたように

家に戻ってから

わざわざこの場所で

用を足していた・・・・・・・・。




だから芝生はすっかり枯れてしまって

そのまま冬を迎えたのだけれど

春になった今でも

豆太郎がトレイをしなくなった今でも

緑を生やすことはなくなりました。






0501-3-2016.jpg






豆太郎が亡くなってから

もうすぐ半年。




時間は流れて

季節は変わっても

豆太郎の気配が

豆太郎のいた記憶が




豆太郎の庭に

まだちゃんと残っているのが

とても嬉しく・・・・・・・




でも




腰を落として

女の子のようにトイレをしていた

あの可愛い姿がもう見れないことが

とても淋しい・・・・・・・。





5月の始まりです。




この芝枯れが永遠に
豆太郎の記憶を留めていますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆