このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎はオモチャが大好きで

クッシング症候群が進んで

だんだんと身体の自由がきかなくなるまでは

いつもオモチャを傍にはべらして

気の向くままに遊んでいました。






0629-1-2016.jpg






まだバリ島に住んでいた頃は

毎日散歩に行っていたビーチにまで

オモチャ持参で・・・・・・(笑)



とはいえ、いくら好きでも

レトリーバー系のワンコさんのように

オモチャを咥えたままお散歩する

ということはなく

ビーチにペタリと腹這いになって

砂まみれのオモチャを

クチャクチャ、カミカミするのが

豆太郎の楽しみでした。





0629-2-2016.jpg






ところが、たった1度だけ

豆太郎がまるで

レトリーバーのように

ボールをかっぷりと咥えたまま

スタスタと歩き続けたことがありました。



何年もの間

毎朝毎夕、飽きるほど通った

ビーチのお散歩で

豆太郎がそんな風に歩いたのは

本当に1度きり・・・・・・・。





0629-3-2016.jpg






その日たまたまデジカメを持っていた私は

夢中で動画に収めました。

中腰になりながらカメラを構えて

豆太郎の姿を追っていたので

無理な姿勢に苦しむ私の声なんかも

入ってしまいましたが・・・・・(恥)



豆太郎の生涯たった1度きりの勇姿を

どうか観てやってください。













私が横でカメラを構える姿を

チラリと確認すると

得意げに小走りになった豆太郎。



最後は私の脚がもたず

豆太郎に置いてけぼりにされました。






0629-4-2016.jpg






あんなにオモチャが

大好きだった豆太郎なのに

去年の11月の早朝

オモチャひとつ傍に置かず

突然、逝ってしまい・・・・・。



私はまた、

豆太郎に置いてけぼりにされました。






0629-5-2016.jpg






この動画を観るたびに

豆太郎がたった1度だけ見せてくれた

なんとも可愛く勇ましい姿を

愛おしく思い出すとともに・・・・・・。



今は虹の橋にいる豆太郎が

あの日のようにボールを咥えて得意げに

闊歩していてくれたらと・・・・・・・・。

願っているのです。



☆レトリーバーに憧れてたのかな?☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



高グロブリン血症と診断されたそら豆。

昨日の月曜はまた病院に行って

検査を受けてきました。




先週受けた蛋白分画検査では

限りなくグレーに近い単クローン性(Monoclonal)。

下の写真<左図>はそら豆の検査結果で





0628-1-2016.jpg




<右図>の正常波形サンプルと比べると

明らかにγ(ガンマ)2グロブリン値が高いのだけれど

この場合最も疑われる病気である

「多発性骨髄腫」のサンプル波形(下の写真)




0628-2-2016.jpg





・・・・・・に、比べると

ピークに達するまでの曲線(右側の山)が

なだらかすぎるのでは?というのが

病院の先生と臨床検査機関の見解でした。




そこで、この月曜日には

「多発性骨髄腫」を診断する場合の

もうひとつの検査である

ベンス・ジョーンズ蛋白をチェックする

尿検査を受けました。

この聞きなれないベンス・ジョーンズ蛋白とは

骨髄腫などで免疫グロブリンのL鎖が

異常に産生されると尿中に排泄されるんだそうです。





0628-3-2016.jpg





そして、もうひとつ。



そら豆が高グロブリン血症と診断されたあと

可能性のある様々な病気のなかで

私が1番に気になった病気

「エールリヒア症」の血液検査も。



マダニ媒介性の感染性疾患のエールリヒア症は

急性期、不顕性期、慢性期があり、急性期は

感染後1~3週間後から始まって2~4週間程度持続、

免疫が正常なら犬はほぼ生存して保菌犬となり

数ヶ月から数年持続する不顕性期に

菌体を排除できる犬もいるそうですが

細胞内に持続感染すると慢性期に

移行するそう。



日本での感染報告はないようですが

バリ島生まれバリ島育ちのそら豆には

十分に感染の可能性があり

また慢性期では血小板減少症や血小板機能異常、

高グロブリン血症がみられるとのことで

どうしても調べておきたかった検査でした。






0628-4-2016.jpg






というのも、

そら豆には「エールリヒア症」にみられる

血小板減少の症状はあるのに

「多発性骨髄腫」にみられる

それらしき症状がグロブリン値以外には

まったくみられないのが不可解で・・・・。



加えて、じつはそら豆のグロブリン値は

2012年ごろからじわじわと上昇傾向にあり

前に通っていた病院でも2013年に1度

検査を受けていました。

この時は限りなく白に近いグレーだったので

その後も定期的に血液検査はしていたのですが

ある時期から血小板減少のほうが顕著になり

先生も私もそちらに気を取られていました。



それが今年の4月に新しい病院に移り

先生が血液の病気にお詳しいこともあって

そら豆のずいぶん高くなってしまった

グロブリン値をただ事ではないと判断されたのが

今回の高グロブリン血症の診断でした。




そんな経緯もあるので今回は

「多発性骨髄腫」と「エールリヒア症」に関する

両方の検査を受けたそら豆。




前回の検査よりたくさん血が必要だったので

太っとい注射器で採血されたけれど

ご褒美の先払いにもらったジャーキーを

くちゃくちゃ味わっている間に

すべて終わっていたそら豆でした(笑)






0628-5-2016.jpg






検査結果は週末あたりに出るそう。



先週に引き続き今週もまた

結果を見るまでの

不安な時間が続きますが・・・・・。



検査結果よりも何よりも

私が今、一番ちゃんと見なくてはいけないのは

今日のそら豆・・・・・。

そう思うことにしています。



一番大切なことは、

今日のそら豆が、昨日と変わらず

元気でいてくれること。

ちゃんとゴハンを食べて散歩して

健やかなイビキをかいていれば

きっと大丈夫。




大丈夫、大丈夫、大丈夫・・・・・!!




そう、おまじないをかけている

火曜日の夜です。



☆大丈夫のおまじないにポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎が亡くなってから

まだ1度も虹を見ていません。






0627-1-2016.jpg





バリ島に住んでいた頃は

朝夕ビーチをお散歩していたこともあって

しょっちゅう虹を見る機会がありました。



豆太郎とそら豆と私

2頭とひとりで

何度、虹を眺めたことか・・・・・。






0627-2-2016.jpg






亡くなった動物たちが

飼い主を待っているという虹の橋。




去年の秋

豆太郎も虹の橋へいってしまって

それからずっと

豆太郎がいるはずの

虹の姿を探しているのだけれど

まだ見つかりません。






0627-3-2016.jpg






梅雨に入って

うっとうしい天気が続いているけれど

雨が降るたび

雨上がりの虹が期待できるから・・・・・

豆太郎のいる場所を

見れるかも知れないから・・・・・

今年の梅雨は

実はそんなにイヤじゃない。




豆太郎から虹のメッセージが届く日を

楽しみにしている私です。



☆お気に入りのボールも虹色だったね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



高グロブリン血症と診断されたそら豆。

ただ、高グロブリン血症は病名ではなく

あくまでも血液検査所見。



なので、グロブリン値が高い原因を調べて

そこから病気を探っていくために

まずはグロブリンをさらに電気泳動で分けて

多クローン性なのか単クローン性なのかを

鑑別診断する検査を受けたのですが・・・・・。



その結果は限りなくグレーに近い

単クローン性(Monoclonal)。

検査結果を示す曲線は

はっきりと単クローン性を

示しているわけではなく

多クローン性(Polyclonal)の

可能性も否定できないという

あやふやなものでした。





0626-2-2016.jpg





ちなみに、

単クローン性の高グロブリン血症で

可能性のある病気は

エールリヒア症、リーシュマニア症、

多発性骨髄腫、リンパ肉腫、

延髄外性形質細胞腫など


いっぽう、多クローン性が示す疾患は

感染性(免疫複合体)、肝胆管炎、

汎糸球体腎炎、免疫介在性溶血性貧血

炎症性筋線維芽細胞腫など



病気のオンパレードで

なんだか気が遠くなりそうですが・・・・・(汗)

今後は、これら可能性のある病気を

ひとつひとつ否定していくべく

いろんな検査をすることになります。



あまりにもたくさんの可能性があって

なんだかわざわざ病気を探すみたいで

気が引けますが・・・・・・。



けれど、もしも病気ならば

早期発見にこしたことはないし

治療できるなら治してあげたい・・・・・。



ただ。。。

あまりにもリスクの大きい治療や

苦痛を伴う治療が必要ならば

私は、そら豆が楽しく穏やかに

日々を過ごせる道を選びたい・・・・・。

完治よりもQOLを優先したいと

思っています。





0626-1-2016.jpg






とりあえずは今度の月曜に

病院に行ってまた検査。



これからしばらく

病院通いが続きそうなそら豆です。



☆大丈夫のおまじないにポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎が亡くなってから

散歩中そら豆の歩くペースが

ずいぶん遅くなったと感じていました。



シニアカーっていうんですかね?

後からやって来られた

手押し車のおばあちゃんに

追い抜かされることもたびたびで。



豆太郎がいなくなって

気落ちしてるのかな?

ひとりぼっちになって淋しいせいで

老けこんでしまったのかな?

なんで?なんで?って・・・・・。



ぽてり、ぽてり、と

脚を運ぶそら豆の姿を眺めながら

散歩のたびに考えていました。






0625-1-2016.jpg






でもある時、ふと思ったんです。




もしかしたら、

そら豆の歩くペースは前から

こんなものだったのかも知れないって。

亡くなる前の豆太郎の歩みが

そら豆以上に遅かったから

気づかなかっただけかも知れないって。




晩年の豆太郎はクッシング症候群のせいで

本当に脚が弱ってしまっていて

1歩2歩進んで立ち止まり・・・・・

また1歩進んでは立ち止まる・・・・

そんな超スローなお散歩だったから

シャンシャンと歩くそら豆の姿を

頼もしく眺めていました。




でも、豆太郎が亡くなって

そら豆とフタリたけで歩く散歩に

慣れるにつれて・・・・・

ようやく私は、そら豆が

12歳という年齢相応に

ゆっくりとしか歩かなくなっていたことに

気づいたのでした。





0625-2-2016.jpg






最近そら豆とお散歩してるとよく

「おいくつ?」

とか

「だいぶお歳なの?」

と、声をかけられます。

「ずいぶん年寄りだねぇ~」

と、言われたことも。




そんな時

少し淋しい気持ちになるのですが・・・・。






0625-3-2016.jpg






でも。。。。

若犬の頃のように

ズンズン歩くお散歩も楽しいけれど

のんびり、ゆったり・・・・・

アスファルトの割れ目から生えた

雑草の成長具合にさえ気づけるほどに

ゆるやかなお散歩も悪くないと

近ごろはそう思えるようになりました。




そして、

それを教えてくれたのは豆太郎。

1歩進んで立ち止まる・・・・

どれほどスローなお散歩でも

歩くことだけが目的じゃなく

共に歩める時間こそが宝物だったと

豆太郎が逝って知ったから・・・・・。






0625-4-2016.jpg






そうして、

そら豆のシニアライフも

彼の、のんびりとしたお散歩のように

ぼてり、ぽてりと1歩ずつ・・・・・・



できれば、

ゆっくりゆっくり・・・・・・

歳をとってくれますようにと

願っているのです。



☆ゆっくりおじいちゃんになってね・・・☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



先ほどまで友人とゴハンをしていて

盛り上がった話題なのですが・・・・。



子供のころ

何となく耳で聞き覚えた童謡の歌詞を

聞き間違い&勘違いしてたってコト

ありませんか?



たとえば友人は、長い間

童謡 『赤い靴』 の

♪赤い靴~ はいてた女の子

♪ 異人さんにつれられて

の、「異人さん」 を 「いい爺さん」 と

勘違いしていたそう。




私は私で

『赤とんぼ』の歌詞の

♪負われ~てみたのはいつのぉ日か~ を

♪追われ~てみたのはいつのぉ日か~ と・・・・・。

トンボが誰かに追いかけられて

大変な目にあったという

苦労体験を語った歌だと思っていたし



『ふるさと』の

♪うさぎ~追いし~ は

♪うさぎ~美味し~ と・・・・・・。



かなり最近まで勘違いしていました(恥)




0624-1-2016.jpg





いい歳したオバサンたちが

こんなどーでもいいような話題で

盛り上がった晩ゴハン・・・・・・。




でも、コチラのウサギは

丸々と太って美味しいかも?!





0624-2-2016.jpg





ピンクの耳した

そら豆ウサギ・・・・(笑)




☆コチラの子ブタもよろしければポチっと☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日の記事では

たくさんの励ましのコメントを

ありがとうございました。



今後のことは結果が出てから考えるとして

とりあえず今は

静かに検査結果を待とうと思っています。

また結果がでたら報告させてもらいますね。

本当にありがとうございました。





0623-11-2016.jpg






さて、今朝のこと。


そら豆と散歩中

とあるお宅の前を通りかかったら






0623-1-2016.jpg






門扉の隙間から

ニャンコさんに思いっきり

ガンを飛ばされました。



私たちが近づいても

ジッとコチラを睨んだまま

まったく動じないニャンコさん。



ずいぶん胆の据わった子だなぁと

感心していたら・・・・・・・!






0623-2-2016.jpg






門扉の内側には

可愛い子猫ちゃんたちが!!



なるほど、大切な子猫たちを守るため

自分が盾となって

私とそら豆の様子を監視していた

お母さんだったのですね。






0623-3-2016.jpg






ところで

そら豆の父犬は

豆太郎ですが






0623-4-2016.jpg






お母さんは知人宅のパグちゃんで

タンヤオちゃん、

愛称タンタンちゃんという

豆太郎と同い年の女の子でした。






0623-5-2016.jpg






久しぶりに

タンタンちゃんの写真を見たら

改めてそら豆は

お母さん似だなぁ~って。



それも年々

タンタンちゃんに

似てくる気がします。






0623-6-2016.jpg






下の写真はタンタンちゃんと豆太郎の

2ショットですが






0623-7-2016.jpg





コチラはそら豆と豆太郎。





0623-8-2016.jpg






うん、やっぱり

そら豆はお母さん似ですね♪




タンタンちゃん一家は

私たちがバリ島を離れるよりも

うんと前に日本へ帰国されて

残念ながらその後は音信が

途絶えてしまいました。

風の便りでは

九州地方にいらっしゃるとか。



たとえ会えなくても

日本のどこかで

そら豆のお母さんが

今も元気で暮らしていてくれることを

願ってやみません。



☆豆太郎とそら豆。似てない親子にポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



高グロブリン血症なんだそうです。

そら豆。

今回の血液検査でそう診断されました。





0622-1-2016.jpg






昨年からずっと経過観察していた

血小板減少症を

新しく通い始めた病院で

「検査機が作りだした偽の病気」→

と、否定してもらったのが4月。



けれども血液検査の結果は

決して優秀なものではなく

気になる数値がいくつかあったため

今回再検査を受けた結果の診断でした。




グロブリン=たんぱく質のひとつ。

恥ずかしながら私には

それくらいの知識しかないのだけれど

高グロブリン血症には

多クローン性と単クローン性と2種類あるそうで

それらを鑑別することで

高グロブリン血症が起きている原因

つまり病気を探っていくことができ

治療につなげられるそう。



ちなみに、多クローン性の場合

考えられる病気は感染症や炎症など

単クローン性では多発性骨髄腫や

リンパ腫など。

単クローン性と診断されると

かなりやっかいになりそうです。





0622-2-2016.jpg






現在、その鑑別検査の結果待ち。

不安で不安で・・・・・。

なんだか判決を待つ犯罪被疑者の気分。



結果を聞く前に

いらぬ心配をしたり

悪い想像をしてみても

仕方ないのだけれど・・・・・・。



そら豆の身体の中で

一体なにが起きているんだろう?

こんなに元気そうなのに。






0622-3-2016.jpg






今はまだ私自身が

グロブリンというものや

高グロブリン血症について

真っ白な状態・・・・・・。

これから色々

勉強しようと思っています。




結果が出るのは今週中。

いづれにしても

結果が出ればいろんな検査が

待っているのだけれど・・・・・・。




でも、どうか

大事には至りませんように。



☆大丈夫のおまじないにポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日、「匂い」について書いたので

ついでに、もうひとつ

独特の匂いについて。




それは、

眠たいときの犬の匂い。





0620-1-2016.jpg






眠たいとき、

あるいは眠っているとき

そして、寝起きのとき

ワンコからは独特の

「眠たい匂い」がすると感じるのは

私だけでしょうか?




香ばしいというか

蒸されたというか

ポップコーンのような

茹でピーナッツのような



上手く表現できないのが

もどかしいのですが・・・・・・・。



とにかくそんな感じの匂いが

眠くてホカホカの身体から

とくに耳からオデコにかけて

香っているように感じます。






0620-2-2016.jpg






スースーと寝息をたてる

ワンコの顔に

そっと鼻を近づけて確かめる

眠たい匂い。



なんともいえず

愛しくて・・・・・・・・・・。



思わずギュッとしそうになって

眠っている子を

起こしてしまいそうになるほど

愛着のある香りです。




☆豆太郎の眠たい匂い、もう1度嗅ぎたいなぁ☆



☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今年も始まりましたね~

Hotto Mottoのカバオライス♪



初めて食べた去年は

あまりの美味しさにハマりまくって

何度お店に通ったことか。



夏季限定だったのか

夏の終わりと共にメニューから外れて

残念に思っていたのだけれど

今年も復活してくれて

とても嬉しく思っています!

ありがとう、Hotto Mottoさん。



アジアンフードが大好物の私は

ピリ辛な風味もそうだけれど

あの独特のスパイシーな香りが堪りません。

タイの活気に満ちたマーケットを連想させる

私にとっては元気の出る匂いです♪





0619-1-2016.jpg






ところで独特の香りといえば

濡れた犬の匂いもかなり独特・・・・・・。



梅雨に入って雨の中を

お散歩する機会が増えたので

近ごろとくに親しい匂いでもあります。






0619-2-2016.jpg






レインコートを着ていても

頭と脚だけはどうしても濡れてしまい

そこからモワ~と立ち上る

独特の濡れ犬臭。



ふだんは野生の欠片もなさげに

家の中でゴロゴロしている座敷犬なのに

濡れるとビックリするほど

野性的な匂いを放つから不思議です。

ちゃんとお風呂に入っているのにねぇ。。。



でも・・・・・・・・・。




その野性的な匂いの奥にふんわりと

優しいシャンプーの匂いを嗅ぎとった瞬間

今までクッサ~と文句をいってた匂いが

なぜか、たちまち愛しく思えるのは

私だけでしょうか?





0619-3-2016.jpg






わ、私だけでしょうね・・・・・・・(恥)。




☆豆太郎の濡れ犬臭も好きだったなぁ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



悩めるときも病めるときも

傍にいてくれるだけで

気持ちが穏やかになって

さあ頑張ろう!大したコトじゃない!って

前向きな気持ちになれました。





0618-1-2016.jpg





寄りそってぼんやりしたり

一緒に寝転んだり

あったかい身体に触れたり

抱きしめたり

ヒンヤリとした鼻の感触

気まぐれにペロンと舐めてくれる

ベロの温かさが

どれほど力を与えてくれたことか。




百の言葉をかけられるより

ときにはその1ペロのほうが

うんと心強かったり

百の言葉を使っても足りそうにない

泣き言や言い訳も

どうしたの?遊ぼうよ?な~んて

顔を向けられると

頭の中に渦巻いていた

ネガティブな言葉たちが

じんわり溶けてなくなって

自然と顔がほころんだり。




ワンコとお暮らしの方

お暮らしになられたことのある方なら

たぶん、誰もがそんな経験を

お持ちではないでしょうか。

ワンコの存在の大きさを

ご存じではないでしょうか。




ワンコがくれるポジティブ・パワー。



豆太郎がくれた元気スイッチ。





0618-2-2016.jpg






豆太郎が亡くなった今

私のスイッチは

なかなかONにならないけれど



私に寄りそってくれていた豆太郎の隣で

いつも豆太郎にくっついていたそら豆が

今は私の隣にいてくれるとことを想って・・・・・・。



豆太郎を失ったことよりも

辛くて悲しくて悔しいことなんて

他にはないでしょう?と考え直して・・・・・・。



さあ頑張れ!大したコトじゃない!って

ダウンしている自分をなんとか

奮い立たせています。





0618-3-2016.jpg






「明日は天気が回復するでしょう」



そういっていた天気予報がちっとも当たらず

朝から小雨が降ったり止んだりの

うっとうしい天気が続いた今日。



昨晩は情けないグチを書いてしまったので

今日は楽しいことを書きたかったのに

お天気の回復が遅れたのと同じに

私のリセットも遅れ気味・・・(恥)




明日はどうか晴れますように。。。



☆豆太郎、お空は晴れていますか?☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



とあるスタッフから退職願を出されて

ズドンと落ち込んでいます。



私は小さなカフェをやっていて

彼女は去年の秋、

豆太郎が亡くなるひと月前に入った

まだ新しいスタッフ。

近ごろようやく仕事に慣れて

これから!と期待していた矢先のことだったので

残念でなりません。



そして何より落胆しているのは

彼女を正式に採用したのが

豆太郎が亡くなった翌日のことだったから。






0617-1-2016.jpg






豆太郎が亡くなった翌日

だから私は彼女の採用を決めるために

仕事を休まず

豆太郎のお葬式を1日遅らせて

朝から普段通り仕事に向かいました。




なので・・・・・。

彼女から退職の意向を聞かされてから

嫌でも思ってしまうのが

こんなスグに辞めちゃうのなら

あの日、冷たくなった豆太郎を家に残してまで

彼女を採用しなくてもよかったのに・・・って。

遅らせるのは豆太郎のお葬式ではなく

彼女の本採用にすればよかったのに・・・・って。



今さら思っても仕方ないことなのに

それでも考えずにはおれなくて。



こんなことなら、あの日仕事を休んで

ずっと豆太郎の傍にいてあげればよかった・・・・。

旅立ちの時も私は

豆太郎をひとりぼっちで逝かせてしまったのに

冷たくなってしまった後もなお

ずっと傍にいてあげることができなくて・・・・・。



思い出せば思い出すほど

考えれば考えるほど

豆太郎に申し訳なくて、申し訳なくて。



仕事を優先したのも

彼女を採用したのも

ぜんぶ自分が決めたことなのに

今さらながら後悔して

やり切れない気持ちでいっぱいで・・・・・。

相変わらずツメの甘い自分がイヤになります。







0617-2-1016.jpg






もちろん、辞めていく彼女にも

事情があってのことだし

豆太郎のことは彼女の知らないことで

関係もないことだというのは

よくよく分かっているのだけれど。





誰にも相談できなくて

相談したところで

どうしようもないことだから

こんな風に深夜、

ブログに書いてみることくらいしか

できなくて。




すみません。

最後まで読んでくださった方にも

思い空気を伝えてしまったり

不快にさせてしまったかもしれません。

ごめんなさい・・・・・・・。




今日はコメント欄、閉じますね。



明日は気持ちを切り替えて

また1日をはじめます。



☆豆太郎、相変わらずかーちゃんはダメだね・・・☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



いや~、暑かったです!

まだ6月の半ばだというのに

最高気温が30度越え・・・・・。

気温だけ見ていると

もうスッカリ夏のようです。



今さらながら、日本の夏は

常夏のバリ島よりも

うんと暑いなぁと感じます。



バリ島の平均気温は28度。

もちろん暑いことは暑いけれど

島国なのでたいてい風があるから

室内や日陰にいると

サ~ッと風が抜けて意外と涼くて。

サウナのようにジワジワと

暑さが効いてくる日本の夏のほうが

断然体にこたえます。




そんなコトを思い出しながら

バリ島時代のアルバムを見ていたら

懐かしい写真をみつけました。






0616-1-2016.jpg





実はコレ、とある動物写真家の方に

撮ってもらった写真。



撮影旅行でバリ島を訪問されており

当時、お店の看板犬をしていた

豆太郎をたまたま見つけて

撮影を申し出てくださいました。






0616-2-2016.jpg






2005年のことだったでしょうか。


ビーチへ出かけて

お散歩しながら何枚か撮って頂きました。






0616-3-2016.jpg






プロのカメラマンさんに

写真を撮ってもらったのは

後に先にもこの時だけ。

とても貴重な体験でした。



まだ4歳の豆太郎の

ちょっと幼い黒い顔も

ツヤツヤの被毛も

太陽の光も海風もみんなみんな

この1枚に詰め込まれたまま

留まっていて・・・・・・。






0616-4-2016.jpg





11年後の今日

6月だというのに蒸し暑い

日本の自宅で眺めながらも・・・・・・



あの日、



豆太郎が吹かれていた

ビーチの涼しい海風を

ほんの少しだけ感じている夜です。



☆ビーチは楽しかったね?豆太郎☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



バリ島に暮らしていた関係で

日本に帰国した今でも

向こうの銀行からの送金

いわゆる海外送金なるものを

受け取る機会があります。



これまでは何の問題もなく

今私が使っている日本の銀行口座に

送金されてきたのに

この数回、なぜかお金が迷子に・・・・・・・。



バリ島から送金された際の送り状には

ちゃんと漏れなく必要事項が書かれているのに

いろんな所を経由しているうちに

いつもどこかで支店番号だけが漏れてしまい

なかなか私の口座のある支店まで

たどり着かないというトラブル。

支店番号、漏れ漏れトラブル。

困ったものです・・・・・・。





そんなコトをグチっている私の足元で

漏れているものが、もうひとつ。




0615-1-2016.jpg






そら豆。



近ごろの小太りじいさん化で

めっきり横に成長して

愛用のクッションが手狭になったにも関わらず

強引に乗っかってるものだから

結果、いつも頭がクッションから

漏れるという・・・・・・(笑)






0615-2-2016.jpg






大きいクッションも用意してあるのに

なぜかこの、ちっこいのに乗りたがります。



アレですかね?

私も洋服はできるだけ小さいサイズを着ていたい!

本当はLサイズのほうがゆったり着れるのに

Mサイズにしがみついていたい・・・みたいな?






0615-3-2016.jpg






頭が漏れて

寝苦しそうに見えるのに

本犬は気持ちよさそうに

イビキをかいています。






0615-4-2016.jpg





あ、起きちゃった(笑)



☆ゴメンゴメン、もう1度お休みね?☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



うちの裏庭で

もうスグ収穫できそうなもの。




プチトマト。




0614-1-2016.jpg




キュウリ。



0614-2-2016.jpg




ブルーベリー。



0614-3-2016.jpg




それに


去年植えたばかりのブドウ。




0614-4-2016.jpg





お世話するのは

じーちゃんの仕事。




0614-5-2016.jpg





そして

食べるのは・・・・・・!?




0614-6-2016.jpg





じーちゃんがせっせとお世話してきた

野菜や果物が実をつけて

あと少しで収穫できそうです。




食べるのが仕事と決めているそら豆は・・・・・・




0614-7-2016.jpg





縁側からじーちゃんの仕事ぶりを


厳しくチェック?!




0614-8-2016.jpg




裏庭には

それぞれの役割があるようです(笑)




☆豆太郎も食べるのが仕事だったもんね♪☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



仕事場へ行く途中

足元で見つけた小さなお花。





0613-1-2016.jpg






でも、ただのお花じゃないんです。



アスファルトのわずかな隙間から

芽を出したらしい・・・・・・






0613-2-2016.jpg






ど根性植物!!



調べてみたら

ペニチュアというお花のようでした。

どこからか種がこぼれたのでしょうか。



こんな場所から芽を出して

花まで咲かせて・・・・・



力強い生命力と

小さいながらも上を目指して

生きようとするひたむきさ。

私とは大違いだなぁ・・・・・。






0613-3-2016.jpg






豆太郎を亡くしてから

いっけん普段通り

仕事をしている風に見せてはいるけれど

実はヤル気も根気もすっかり失せて

ただただ惰性で働いている自分を

どうにも出来ず持て余している毎日。




仕事へ行くのにため息まじりで

うつむきながら歩いていた朝。


足元で見つけた、ど根性植物に

頭が下がる思いでした。




☆小さな命にポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



おやすみ、カズくん・・・・・・。

ゆっくり休んでね。

18歳と聞いていたけれど

本当は22歳だったんだって?

おばあさんに教えてもらって

ビックリしています。

長い犬生、お疲れ様でした。

最期までよく頑張ったね。




ありがとう、カズくん・・・・・・。

会えばいつも

優しくご挨拶してくれて嬉しかったな。

豆太郎とそら豆に

オヤツをたくさんおすそ分けしてくれて

ありがとう。




サヨナラ、カズくん・・・・・・。

水曜日の朝は元気そうに

お散歩している姿を見かけたのに。

お別れだなんて・・・淋しいよ。

おじいさんとおばあさんが

とても気落ちしてらっしゃって・・・・・

見ていて辛かったです。




どうかお空へは

急がずゆっくり出発してあげてね。






0305-4 2016






いつもお散歩で出会うカズ君が

お空へ旅立ちました。




前に1度書いた通り→  

『カ~ズゥ~、こら、カ~ズゥ~』と

いつも怒ったように名前を呼びながらも

カズ君をたっぷり可愛がっていたおじいさんが

今朝は珍しく1人で散歩していたから

『カズ君はどうしたの?』って

声をかけたら・・・・・・。




カズは、死んだ。

ゆうべ、9時25分、死んだ。




背筋を伸ばして・・・・・

声を張り上げて・・・・・

まるで宣言するような

もしくは決別するような

おじいさんの声が返ってきました。




そして、そら豆の頭を撫でながら

『 今日、カズの葬式 』

と、今度は小さな声でそら豆にいって

いつものサンダル履きの足を

いつも通り少し引きずり気味にして

去っていきました。




まるでいつもカズ君と

お散歩をしているみたいな後ろ姿で・・・・・・。






DSC_0135-1.jpg






夕方、お花を持って

お宅に伺ったら

おばあさんが出てらっしゃって

カズ君の最期を教えてくださいました。




この2日ほど少し体調が悪そうで

散歩に出たがらなかったのだけれど

カズ君は毎年この時期

皮膚の疾患がひどくて

あまりにも被毛が汚れていたので

お風呂に入れてあげたら

スッキリしたのかよく眠って

そのまま逝ってしまったそう。




22年一緒にいたから

淋しくて淋しくて・・・と

肩を落としてらっしゃったおばあさん。




お宅にはカズ君の愛用品がたくさんあって

おじいさんおばあさんお二人で

カズ君を大事にしてらっしゃった様子が

ひと目で見てとれました。





0305-3 2016






奇しくも豆太郎の月命日に

カズ君の訃報を聞かされた悲しい出来事。




どうかカズ君の眠りが

安らかでありますように・・・・・・。






☆カズ君とおじいさんに・・・ポチっ☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



アジサイの花の季節です。






0611-1-2016.jpg






子供の頃はアジサイが嫌いでした。




それはアジサイがたいてい庭の隅の

湿っぽい場所に生えていたせいで

かくれんぼ遊びなんかをして

アジサイの茂みに隠れていると

ジメジメした地面が靴を汚して嫌だったのと

同じように湿っぽい場所が好きな

ドクダミ草のあの独特の匂いが

隠れているうちに足元からたちこめて

気持ち悪かったから。



私の中ではアジサイとドクダミ草は

なぜかワンセットのイメージで

陰気な記憶として残っていました。




でも長いバリ島生活を終えて

久しぶりに見たアジサイの花は

とても儚げでキレイで・・・・・。

日本に帰国してからは

好きな花のひとつになりました。



さすがにもう、かくれんぼをして

靴を汚すこともないし(笑)





0611-2-2016.jpg






豆太郎とアジサイ。



ドライブしていたら

見事なアジサイを見つけて

思わず車を停めて撮りました。





0611-3-2016.jpg






帰国したばかりの年。

豆太郎は10歳になる少し前。

まだ病気知らずの元気者で

アチコチ出かけていっては

いっぱいお散歩していた頃・・・・・・。




おっきな目を光らせて

バリ島にはなかった

生まれて初めてのアジサイを

豆太郎は眺めていました。






0611-4-2016.jpg






あれから時は流れて・・・・・・



あの日、アジサイに

目を輝かせていた豆太郎は

今は写真の中から

アジサイを見ています。




豆太郎の7回目の月命日の今日。

庭に咲いた

アジサイの花を供えました。






0611-5-2016.jpg






豆太郎、

あの日も今日もかわりなく

アジサイが花を咲かせているように

あの日も今日もかわりなく

かーちゃんは、

豆太郎のことを想っています。




☆お空の豆太郎にポチッとエールを☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



こぶとりじいさんならぬ

小太りじいさんのそら豆。→




来月には13歳を迎えますが

おかげ様で至って元気。

快眠・快食・快便をモットーに

寝たり起きたりオヤツ食べたりと

気ままなシニアライフを満喫しながら

相変わらず

豊満なムチムチボディを

キープしています。






0610-1-2016.jpg






トイレで

う~んう~んと踏ん張る姿は

ほぼ球体。

ボールのように丸い背中を

眺めていると・・・・・・






0610-2-2016.jpg






なんだか


ウサギの背中のようにも見えて・・・・・・。






0610-3-2016.jpg






ちょっと可愛く思える


ラビットそら豆(笑)






0610-4-2016.jpg






でも顔は


ウサギさんには、ほど遠い・・・・・・(笑)




☆万年ダイエッターのそら豆にポチッとエールを☆



☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



週末の夜、長野旅行から戻ったら

誰もいないはずの自宅で

思いがけない子が

出迎えてくれました。




真っ暗な部屋の電気を点けたら

まるで「おかえり~」とでもいうように

部屋の中をヒラヒラと舞う

黒い物体が・・・・・・!!





蝶?それとも蛾?!

・・・にしては

少し大きいような??





ひとしきり部屋の中を飛び回り

壁にペタンと張りついて

羽を休めた

黒い物体の正体は・・・・!?






0609-1-2016.jpg






ん?

んんん―――――っ???




羽の先についたちっこい手足。

尖った耳。

顔のようなものついてるし・・・・・





も、もしかして君は

コウモリ?!






0609-2-2016.jpg






誰もいないはずの家で

私とそら豆を迎えてくれたのは

体長5㎝ほどの

ちっこいコウモリ君でした。





それにしても

いつ、どこから、やってきたのか・・・・・?




私たちが旅行に行っている間

じぃちゃんばぁちゃんも旅行に出ていて

窓も玄関も出入り出来そうな場所は

ぜんぶ締まっていたはずなのに。






0609-3-2016.jpg






もしかして

留守宅を心配した豆太郎が

空から寄こした使者なのかも?

な~んて思いながら




誰もいない留守宅でひとり

お留守番をしてくれたコウモリ君には

お礼をいって、夜の空へと

お引き取りいただきました(笑)





0609-4-2016.jpg






豆太郎、

コウモリ君、


お留守番ありがとね!




☆コウモリ君と豆太郎、鼻ペチャ仲間にポチッ☆



☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



長野旅行へ行くにあたって

心の底でほんの少しだけ

期待していたことがありました。




もしかしたら

豆太郎に会えるんじゃないだろうか?

な~んてね・・・・・・。




亡くなる20日前に訪れた長野なら

最後の旅行になった長野になら

ひょっこり現われるかもしれないって。






0608-1-2016.jpg






豆太郎が亡くなってから

ずっと豆太郎を探してきました。




家の中はもちろん

毎日の散歩道や通った公園

近くの湖のほとり

豆太郎といったドライブ先を

あちこち訪ね歩いたこともありました。




でも、どこにもいなくて・・・・・・。




だから、もしかしたら

楽しい思い出がいっぱいある長野でなら

見つけられるかもしれないと・・・・・・。

バカみたいですが

微かな期待を持っている自分がいました。






0608-2-2016.jpg






いつも泊まるコテージ。

ワイルドベリーが実をつけるお庭。

自然がいっぱいの公園。

大好物のワンコ用ピザのお店。




今度こそ豆太郎に会えるかもしれない

迎えに行けるかもしれない・・・・・

なんてね。






0608-3-2016.jpg






でも、

どこにもいなかった・・・・・・。

豆太郎は

やっぱり見つかりませんでした。




そして、ようやく

今さらながらですが・・・・・・。

ようやく思えたのです。





あぁ、

豆太郎は本当にいなくなったんだなぁ、って。


ここにもいないのなら

もう本当に逝ってしまったんだなぁ、って。






0608-4-2016.jpg






けれども

豆太郎と泊まったコテージも

歩いた雑木林も

毎回楽しみにしていたワンコ用ピザのお店も

景色や風景も




豆太郎がいなくなった今も

何もかもがそのまま存在していて

それと同じように

豆太郎の体はなくなったとしても

豆太郎との大切な思い出は

ちゃんとそのまま

私の中にあるんだなぁって。






0608-5-2016.jpg






豆太郎を探しに行った長野で

豆太郎の姿は見つけられなかったけれど

豆太郎との楽しい思い出は

ちゃんと連れ帰ることができた旅。





そしてもうひとつ。




今回使っている写真・・・・・。






0608-6-2016.jpg






ご一緒したフクちゃんのパパが

撮影してくださっていた

豆太郎の最後の旅行となった

昨年秋の旅行写真です。





20日後には亡くなってしまうなんて

思えないほど可愛くて愛しい

豆太郎がそこにいて・・・・・・




豆太郎との思い出とともに

私が見ていなかった場面の豆太郎の姿や

自分では絶対に撮れない

豆太郎と一緒に写っている写真たちにも

会えることのできた旅になりました。




☆豆太郎は・・・お空に行ったんだね?☆


☆今日もご訪問いただきありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



この週末、長野に行ってきました。





0607-1-2016.jpg






日本に帰国してから

大好きなワンコ友達とご一緒してきた

恒例の長野の旅。



前回の長野旅行は昨年の10月下旬。

その20日後に

豆太郎は亡くなってしまい・・・・・・。





正直なところ

豆太郎との思い出がいっぱいある長野で

楽しく過ごせるだろうか?と不安を

感じていた部分もあったのですが






0607-2-2016.jpg






いつもと同じコテージに泊まり

いつもと同じ場所をめぐり

豆太郎とそら豆と

さんにんで歩いた遊歩道を

そら豆とふたりで歩いて・・・・・。





豆太郎がいたときも

いない今も

なんにも変わらない

自然や景色を眺めていたら






0607-3-2016.jpg






うまく言えないけれど

不思議と気持ちがふっきれたというか

豆太郎がいないことを

少し受け入れられたというか




いつまでもメソメソしている私を

あえて長野に誘ってくれたお友達や

私の側にいてくれるそら豆と

旅行を楽しみたいという気持ちになれて・・・・・!







0607-4-2016.jpg






旅行中でも

眠くなればどこででも寝ちゃう

そら豆に笑わされ






0607-5-2016.jpg






大好物のワンコ用ピザを前に

口オバケになってるそら豆に

触発されて







0607-6-2016.jpg







久しぶりに

本当に久しぶりに

いっぱい笑って食べた

今回の旅行でした。







0607-7-2016.jpg






フクちゃん、番チョーさん、オヤヂさん


ありがとう。






0607-8-2016.jpg






そら豆も・・・・・・・


ありがとね。




☆そら豆からもポチっとひと言☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

☆今日もご訪問いただきありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



日々暮らしの中で

そら豆が教えてくれた

いろんな「ことわざ」シリーズも

今回で終わりです。






0603-1-2016.jpg






最終日の今日は・・・・・・・!?






「 豚に真珠 」 (ブタニシンジュ)


値打ちの分からない者に高価なものを与えること。

まったく無駄・無意味なことのたとえ。






0606-1-2016.jpg






もぉ、そのまんま(笑)


でも、もう少し正確にいえば




「 子豚に真珠もどき 」 ですケド ( ̄w ̄) 






0606-2-2016.jpg






でも、いいんです!

無駄でも。無意味でも。


子ブタでも

真珠もどきでも。




だって、だって

意外と・・・・・・。






0606-3-2016.jpg






似合ってるし。 (*≧m≦*)ププッ




豚に真珠は無駄なものかもしれないけれど

うちの子ブタと過す時間は

決して無駄ではないのですから。




一緒にいられる幸せ。

大切な時間。

こんなおふざけをしたことだって

いつか涙が出るほど懐かしく思える日が来ることを

知っているから・・・・・。




今日も私の側にいてくれる

子ブタちゃんに感謝♪





0606-4-2016.jpg







4日間そら豆のことわざ辞典に

お付き合いいただき

ありがとうございました。




☆そら豆からもポチっとひと言☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ある日のお散歩でのこと。




最近めっきり気温が高くなったので

お散歩も後半になると

そら豆の呼吸がハァハァしてきます。






0605-1-2016.jpg






ふたりで石のうえに座って

しばらく休んだあと



『 さぁ、あと半分がんばろー! 』



と、立ち上がった私に

何かを訴えかけるそら豆。






0605-2-2016.jpg






『 ホラ、行くよー! 』

と、声をかけても

ちっとも動かないそら豆。







「 石の上にも三年 」




ならぬ・・・・・・。




「 石の上にもそら豆 」






0605-3-2016.jpg






1度休んだら

もう歩くのが面倒になった模様。




仕方ないので

少しだけダッコして

ご機嫌を取りましたよ。






だって。。。。






0605-4-2016.jpg






三年も石の上にいられちゃ

困りますもの・・・・・・・。





☆明日の「ことわざ」は何かな?☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



以前も書いたとおり →

そら豆はとてもよく寝る子です。




決まった時間になると

ひとりベッドに戻って横になるし

今では1日のほとんどを

昼寝しながら過ごしています。




そんなそら豆の今日の「ことわざ」




そら豆による

そら豆のための

赤裸々カミングアウトバラエティー





0603-1-2016.jpg






2日目の今回は・・・・・・・!?






「 果報は寝て待て 」 (カホウハネテマテ)

良いことは自然にやってくるものなので

静かに待っているのがいい。





0604-1-2016.jpg






たぶん、

そら豆のことわざ辞典の

1ページ目に、しかも太文字で

載っているのではないでしょうか?




「 果報は寝て待て 」

その通りです。

焦らず騒がず

寝ながら待っていればいいのです。




それに、

騒げば騒ぐほど・・・・・・

動けば動くほど・・・・・・





お腹は減るのです!






0604-2-2016.jpg






「 ゴハンは寝て待て! 」





決まった時間にならないと

ゴハンはもらえないのですから・・・・・・(笑)






0604-3-2016.jpg






でもやっぱり

待ちきれないのよね・・・・・・。




☆明日の「ことわざ」は何かな?☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ワンコと暮らしていると

彼らの動作や行動が

時には私たちニンゲンと非常によく似ていたり

逆に、そうなるかぁ~そう来るかぁ~と

考えさせられたり

ニヤリとすることも。




そこでこの週末は

「ことわざ」に例えた

そら豆の様子や行動を

紹介してみたいと思います。





題して!



そら豆による

そら豆のための

赤裸々カミングアウトバラエティー



0603-1-2016.jpg






第1日目は・・・・・・・!?




「 言わぬが花 」 (イワヌガハナ)

口に出して言わないほうが味わいがあり

さし障りもなくてよいこと。






0603-2-2016.jpg






言ってしまうとヤボだったり

逆に嫌みになったりすることもありますものね。

でも、コトバを持たないそら豆の辞書に

「言わぬが花」は載ってないかも?





たぶん

そら豆のことわざ辞書には・・・・・・・






0603-3-2016.jpg






「 喰えぬが花 」 



こんな「ことわざ」なら

きっとあるように思います(笑)




キレイでいい匂いのするお花。

でもカジるとマズイし

しかも何より叱られる・・・・・・!




それが花。

見かけ倒しの喰えないヤツ。






0603-4-2016.jpg






でも懲りずに舐めてみる・・・・・・。




☆明日の「ことわざ」は何かな?☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



小学生の頃

遠足やキャンプ、お楽しみ会など

ことあるごとにやたらと

僕らはみんな生きている~♪と

「手のひらを太陽に」の歌を

唄わされたのはなぜだろう?




たぶん、校歌の次くらいに

よく学校で唄わされた気がします。






0602-1-2016.jpg






そんな小学校時代。

誰に教わったのかは記憶にないけれど

なぜか本気で信じていたことが

いくつかありました。





たとえば・・・・・・・。





タンポポの綿毛が耳に入ると

耳が聞こえなくなる。



スイカの種と髪の毛は

誤飲すると盲腸炎になる。



夜、笛を吹くとヘビが出る。



針が刺ささった時はスグに抜かないと

血管を通って心臓に突き刺さる。



新しい靴をはいたまま部屋から玄関に

降りると親の死に目に会えない。




などなど・・・・・・。




今出てくるのはこれくらいですが

もっとたくさんあったような気もします。





今朝、そら豆と散歩しているときに

丸い綿毛になったタンポポをみつけて

ふと、そんなことを思い出しました。






0602-2-2016.jpg







理由も真相もいまだに知らないし

たぶん、

どれもウソなんだとは思いますが・・・・・(笑)



当時は本気で信じていました。





ただ・・・・・・・。




当時飽きるほど唄わされた

「手のひらを太陽に」の歌詞だけは

本当でした。




生きているから悲しい・・・・・・

生きているから楽しい・・・・・・


みんなみんな生きているんだ

友達なんだ




当時は虫や動物も友だちなの?なんて

思いながら唄っていましたが



あれから数十年。






0602-3-2016.jpg






立派なオバサンになった私は

かけがえのない

シッポの生えた友だちを

手に入れて

そして、別れも経験し




泣けてくるほど命の大切さと

有り難さを知った今、




「手のひらを太陽に」の歌が

伝えていた内容が

ようやく分かるようになっています。




☆シッポの生えた友だちにクリック☆

☆今日もありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎もそら豆も

ヨーグルトが大好きでした。





0601-1-2016.jpg






私が食べていると

必ずちょうだい、ちょうだいと

おすそ分けを要求したものですが






0601-2-2016.jpg







ヨーグルトをもらうと



決まって・・・・・・






0601-3-2016.jpg






こうなったり

ああなったりしながら





顔全体で

盛大に味わっていたのは






0601-4-2016.jpg






彼らが短頭種のパグ犬

だからでしょうか?



それとも




単にウチの子たちの食べ方が

ヘタクソだったからでしょうか?






0601-5-2016.jpg






いづれにしても

お口とお顔で2度美味しかった?

ヨーグルトです・・・・・・。




☆よろしければポチっとおかわりを☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆