2016.07.31 ケとゲのお話

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



公園の植え込みを

何気なく見ていたら

ある植物名の書かれたプレートに

目がとまりました。





0731-1-2016.jpg
0731-2-2016.jpg





ハクチョウゲ?



見る限り緑の葉っぱをつけた

ただの木なのに?

ほかに特徴もなさそうなのに?

ハクチョウゲ?

白鳥の・・・毛?





0731-3-2016.jpg





でも、今はこんなだケド

もしかして花の時期になれば

白鳥の羽毛のように白くて

フワフワしたお花を咲かせるのかしら?

な~んて、

その美しいネーミングに

ちょっとステキな想像をしながら

家に帰ってウィキってみたら・・・・・!




【ハクチョウゲ(白丁花)】

ハクチョウゲという和名の由来は
白鳥とは関係がなく、その花が丁子型の
白い花をつけるところからきている
単なる当て字。





ですって。

な~んだ・・・・ フー ( ̄‥ ̄) = =3





0731-4-2016.jpg





ちなみにコチラは

ソラマメゲ(そら豆毛)。



何度ブラシをかけても

出るわ出るわ、

大量の抜け毛が

フワフワのそら豆毛が

どんどんブラシに絡まります(汗)






0731-5-2016.jpg






白くてフワフワなのは

白鳥の毛のようなお花じゃなく

そら豆の毛だったという・・・・・


なんともショボイ

毛と毛のお話でした。 チャンチャン



☆ホントよく抜けるそら豆毛だこと☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



なんでそんな見まちがえを?って

我ながらビックリするコト、

皆さんはありませんか?






0730-1-2016.jpg





散歩中のこと。



歩道のカーブを曲がった先に

縦長の物体が見えたんです。




土色で、

なんだか顔らしきものまで

ついていたから・・・・・・






0730-2-2016.jpg





え?え?えーっ?


もしかして、でっかいハニワ?!





0730-3-2016.jpg





そう思って

ワクワクしながら急いで

見にいったんです。





そしたら・・・・・・。





0730-4-2016.jpg






ただの看板でした・・・・・・( ̄へ ̄|||)


なんだか顔っぽいデコボコのある

看板の裏側。



少し考えれば

古墳時代の貴重な遺品が

道の真ん中に放置されてるなんて

あるハズないのになぁ。

我ながら恥ずかしすぎる

見まつがい・・・・・・。




あまりにもバカらしかったので

記念に写真を撮って

ブログに載せてみました(笑)



ちなみに看板の正体は・・・・・・





0730-5-2016.jpg






自分の見まちがいのヒドさに

驚いた日です・・・・・┌┤´д`├┘ ふぅ…



☆豆太郎もお空で呆れてるかも・・・☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ウチは古い家屋なので

昔ながらの廊下があるのですが・・・・・


夏のこの時期

廊下には注意が必要です。




そら豆注意報発令中!





0729-1-2016.jpg





いえいえ、

具合が悪いワケでも

バッタリと倒れちゃってるワケでも

ございませんのでどうぞご安心を!





寝てるんです・・・・・。


本犬自ら好んでこの場所で ( ̄‥ ̄) = =3






0729-2-2016.jpg






夏の廊下はそら豆の

お気に入りの昼寝場所。



エアコンの効いた部屋もいいけれど

風が抜ける廊下で寝るのも

気持ちが良いんですって(笑)






0729-3-2016.jpg





だけど家人は

転がる肉塊を踏まぬよう

そら豆様のお休みを邪魔しないよう

足元を気遣いながら

ソロリソロリと

廊下の隅っこ通る毎日・・・・・・。






0729-4-2016.jpg






そんなコトは気にもせず

今日も巨体を転がして

昼寝を楽しむそら豆です ┐('~`;)┌



☆ワンコは涼しい場所を見つけるのが上手ですよね~☆



☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



カズ君。。。

君のおとーさんはせっかちな人だねぇ。

そんなに急がなくてもよかったのに。



それとも、よっぽど一人の散歩が

つまらなかったのかしら?

君の青いリードを持たなくなった

手持無沙汰の左手が

君の不在が

淋しかったのかもしれないね・・・・。





0305-3 2016





カズ君。。。

君はちっとも待たずに

おとーさんと一緒に

虹の橋を渡ったんだね。

オバチャンは羨ましくてなりません。


だってオバチャン

まだ豆太郎のこと待たせているんだもの。

まだ豆太郎のところへいけないんだもの。

君のおとーさんはやっぱりスゴイね。

スグに君のこと迎えにいった・・・・

優しい優しいおとーさんだね。




カズ君。。。

これで本当に本当のお別れだ。

サヨナラ、カズ君・・・・・・。

サヨナラ、おじいさん・・・・・・。



フタリともいってらっしゃい。





0305-1 2016







カズ君のおじいさんが亡くなりました。




6月に22歳でお空にいったカズ君と

飼い主のおじいさんのお話を

これまで3度書きました。


「それぞれの関係、それぞれの愛情表現」 →☆

「おやすみ…カズ君、サヨナラ…カズ君」 →☆

「離した片手と心のリード」 →☆



傍目には測りしれない

カズ君とおじいさんの深い絆、

決して猫かわいがりしない

おじいさん流の愛情表現、

そしてカズ君の旅立ち・・・・・・。

私はフタリが大好きでした。



つい2週間前には

その後のおじいさんのことを

書いたばかりなのに・・・・・・・。



カズ君のはじめての月命日を迎えてスグ

おじいさんはカズ君を迎えに旅立たれました。

亡くなる直前までお元気で・・・・・・

急死だったそうです。





DSC_0135-1.jpg





今ごろ

あの見慣れたフタリの後ろ姿は

大きなアーチを描く虹の橋を

ゆっくりゆっくり

渡っているのでしょう。



おじいさんはいつものサンダル履きの足で

手には柄の長いプラスチック製の

ヒシャクを持って。

傍にはカズ君がぴったり寄り添って。

フタリ仲良く長い長い橋を

渡っているのでしょう。




もう2度と

離れ離れになることのないフタリの

幸せな後ろ姿が目に浮かぶようです。




☆フタリの新たな旅立ちとご冥福をお祈りしています・・・☆



☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



7月27日。

今日はスイカの日なんですって。

夏の果物の横綱で、スイカの縞模様を綱に見たてて

7(な)2(ツー)7(な)で「夏の横綱」と読む

ゴロ合わせにちなんで ( ̄ω ̄;)!!



近ごろは●●の日がやたら多いですよね。

毎日何かの記念日があるようです。





0727-1-2016.jpg





こちらは2011年夏

スイカと豆太郎です。



じいちゃんが作った小玉スイカを丸ごと1個

試しにあげてみたら・・・・・?!

転がるスイカに悪戦しながらも

食いしん坊の豆太郎、頑張りました(笑)













モチロンこの後、ちゃんと切り分けて

豆太郎は無事スイカにありつきました!



残念ながら1個丸ごと独り占めではなく

そら豆と私の3人で

ワケワケして食べたんですケドね(笑)





0727-2-2016.jpg





豆太郎のスイカ記念日でした。





豆太郎を亡くしてしまった今・・・・・・


私にとって豆太郎がいた日々は

毎日が記念日だったように感じています。




豆太郎が笑っていた記念日。

元気にゴハンを食べてくれていた記念日。

イビキをかいていた記念日。

並んで歩いた記念日。




ずっと続くと錯覚していた

何気ない日常のひとつひとつのシーンが

今となってはどれもが

かけがえのない思い出で

泣けてくるほど愛おしい記憶です。





0727-3-2016.jpg





そしていつか・・・・・・。



今、私の傍にいてくれる

そら豆との時間も

こんな風に記念日として思い出す日が

来るのだろうかと考えると

絶望的に悲しい気持ちになってしまうのだけれど



だからこそ

まだまだ現在進行形の

そら豆との毎日記念日を

大切に、大切に、

過ごしてゆきたいと思っています。



☆もっともっと記念日を作りたかったな…☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





にほんブログ村



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



散歩中に会うワンコさんたち。

お名前を知っている子もいれば

顔見知りだけの子も。



そんなワンコさんの中でも

とくに気になっているのが

とあるマンションに住んでいる

ハスキーさん。



いつも窓から下界を眺めています。





0726-1-2016.jpg





私とそら豆が歩いていると

いつの間にか窓から顔を出して


じぃ~~~(笑)



ハスキーさん独特の精悍なマスクで

見つめられるものだから

なんだか照れてしまいます。





0726-2-2016.jpg





スゴイのはこのお宅、

いつも窓を開けてらっしゃって

真冬のキンキンに寒い日だって

窓もベランダもおっぴろげ・・・・!

きっとこの子がいつでもお外を見れるように

してあげてらっしゃるのでしょうね。



残念ながらお散歩タイムが合わなくて

お外では1度も会ったことがない

ハスキーちゃん。


お名前はもちろん

男の子なのか女の子なのか

歳がいくつかも知らなくて・・・・・。





0726-3-2016.jpg





ただ、いつも高い所にいて

私たちは見上げるだけだから

「ラプンツェル」と呼んでいるのだけれど



いつか、あのモフモフの身体を

ナデナデしながらご挨拶出来る日を

楽しみにしています。



☆なんだか気になる子、
みなさんの周りにもいらっしゃいますか?☆



☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



にほんブログ村



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎、

今年もじいちゃんのトマトが

たくさんなりました。






0725-1-2016.jpg






毎年恒例のじいちゃんのトマト。


そら豆は今年も裏庭で

もぎたてトマトを食べています。






0725-2-2016.jpg






豆太郎、

トマトを食べるそら豆に

どうしても

君の姿を重ねてしまいます・・・・・・。





真っ赤なトマトを頬張ってたね。




0725-3-2016.jpg





そら豆と競うように採っていたね。





0725-4-2016.jpg





ベトベトになった口元。

ツブツブの種がくっついたヒゲ。

ゲップまでトマトの香りがしてたっけ。





0725-5-2016.jpg





夏の日に

トマトに夢中になっていた君の姿が

よみがえってきます。



緑の葉っぱの茂みから

今にも顔を出しそうな気がします。





0725-6-2016.jpg






豆太郎、

今年のトマトの味はどうですか?



君のことだから

もうたくさん摘んで

お空に持って行ったのでしょう?



ひとり占めしないで

お友達にもちゃんと食べてもらうんだよ?

バビー様、ライ君、ももちゃん、きなこちゃん、

ヒナタちゃん、すずちゃん、こまちゃん、

マーチ君、ブッちゃん、リュウ君、ナナちゃん、

カズくん、そして新しく友達になった子たちへも

「じいちゃんのトマトです」って

ちゃ~んと配るんだよ。






0725-7-2016.jpg






そして・・・・・・・。


そして・・・・・・・。



足りなくなくなったらいつでも

採りに帰っておいで。


かーちゃん、いっつも

トマトの木を見ているから。



豆太郎がトマトを採りに来るのを

待っているから。



戻っておいでね・・・・・・・。



☆トマトのゲップまで懐かしいよ…☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



梅雨が明けた途端に夏日続きの毎日。

セミの声で賑やかな

外を歩いていると

見かけることが多くなりました。






0723-1-2016.jpg





木や電柱の根元や

葉っぱの茂る枝先など

いろんな場所で見かける



パッカリと背中が割れた

セミの抜け殻!






0723-2-2016.jpg





何年もの間、土の中で

夏の空へと飛び立つ日を

ずっと待っていたんですものね。



パリパリに乾燥して

半透明になったもぬけの殻を見つけると

無事に孵化して飛び立ったんだなぁって

嬉しくなります。





0723-3-2016.jpg






そう思うと

時には暑苦しくもある

セミたちの鳴き声が

嬉しくって嬉しくって仕方ない

喜びの歌に感じます。






0723-4-2016.jpg




ところで、そら豆。



君もセミたちのように

そのLLサイズの

大きなパグスーツを1度

脱皮してみたら??





0723-5-2016.jpg






お肉たっぷりでタルタルの

パグスーツだもの。



セミみたく、ひと皮むけたら・・・・・・・。






0723-6-2016.jpg






中から

もう少し身軽でほっそりとした

イケメンそら豆が

出てくるかもしれないよ~(笑)




☆だってそのカラダ、暑そうだから(笑)☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



世界中で話題沸騰中のスマホゲーム

ポケモンGO。

ついに日本でも配信がスタートしましたね。



私はスマホゲームにも

ポケモンにも疎いのですが

テレビの情報番組が

こぞって取り上げていたものだから

なんとな~くではあるけれど

ゲームの楽しさが分かり

みんなが夢中になるのにも

納得したのですが・・・・・・!





0724-1-2016.jpg






ん?そういえば

ウチにもモンスターがいたような??




ポケットモンスターならぬ・・・・・






0724-2-2016.jpg






おなかポコッとモンスター

ポコモンそら豆です(笑)




ポコモンは家中いろんな場所に

隠れています。






0724-3-2016.jpg






ポケモンはボールを投げると

捕まえられるそうですが

ウチのポコモンは

オヤツを見せれば

簡単に捕獲できます(笑)






0724-4-2016.jpg





でも近ごろは

外に出るのが面倒な日もあるらしく

夕方の散歩の頃になると

オヤツを見せても

隠れたまんま。

捕まえるのが難しいことも・・・・・!






0724-5-2016.jpg





さぁさぁ、早くお散歩に行こうよ?

外はもう涼しいから大丈夫だよ?




ポコモンGo!

お散歩へGo!






0724-6-2016.jpg






残念ながらウチのポコモンは

室内専用のようです フー ( ̄‥ ̄) = =3




☆そのおなかがポコモンなんだって(笑)☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



そら豆のお誕生日には

たくさんのお祝いの言葉を

どうもありがとうございました♪



おかげ様で無事13歳を迎えたそら豆。

人の年齢にたとえると

68歳くらい?だそうですが・・・・・。



ワンコもいぶし銀になると

風流を好むようになるというか

若犬の頃とはまた違った

楽しみ方をするようになるのかもしれません。






0722-1-2016.jpg






夕方のお散歩でのこと。



少し遅い時間だったせいか

公園のグランドには誰もおらず

私とそら豆の貸切状態♪





0722-2-2016.jpg





思いっきり遊べるね~

オフリードで走れるね~



と、誘う私を無視して・・・・・・。






0722-3-2016.jpg






広~いグラウンドで・・・・・・。


せっかくの貸切状態で・・・・・・。




夕涼みしますか?






0722-4-2016.jpg






グラウンドの真ん中で

立ち止ったまんまのそら豆。



夕方の風に吹かれて

気持ちよさそうにしていました。





0722-5-2016.jpg






さすが13歳ともなると

違いますな・・・・・・(笑)



シブいぞ、そら豆。



☆グラウンドの夕涼みも悪くないよね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



そら豆。



お誕生日、おめでとう。

13歳、おめでとう。



13歳。。。年齢だけ聞くと

もう、立派なおじいちゃんだね。






0721-1-2016.jpg





いつも豆太郎が側にいたからかな?



年齢のことを気にかけるのも

身体の心配をするのも

豆太郎のほうが先だったから・・・・・・・。


かーちゃんの中ではそら豆は

なんだかいつまでたってもチビ助で

永遠のパピーのようだったから・・・・・・・。



そら豆が13歳になるだなんて

なんだか実感がありません。





0721-2-2016.jpg





そら豆。

淋しくはない?


豆太郎がお空に逝って

はじめて一人っ子になって

どんどん甘えん坊になってゆく君が

愛しくてたまらない。


けれども、ときどき

ひとりでポツリと座っていたり

何もない天井を見あげて

何かを探していたりする姿は

とても淋しそうに見えて

胸が痛みます。






0721-3-2016.jpg






そら豆。

辛くはない?


近ごろ病院に行く機会が増えて

検査や注射が多くなって

まだまだ若いと思っていた君の

身体のことが心配です。





0721-4 2016





そら豆。

出来ることならかーちゃんが

君の淋しさや辛さをぜんぶ

引き受けてあげたい。



そして君が

楽しく、美味しく、元気に

そして健やかに毎日を

過ごしてくれることを願っています。






0721-5-2016.jpg






食いしん坊でもいいんだよ。

ワガママでもかまわない。

そら豆は、そら豆のまま

そら豆らしくいてくれれば、それでいい。



かーちゃんは、

どんなそら豆だって大好きだから。

そら豆が楽しく暮らせるよう

もっともっと全力を尽くすから。



だから、そら豆。



どうか長生きしてね・・・・・・・。

豆太郎の分まで、いっぱい生きてね。






0721-6-2016.jpg






今日、13歳を迎えるそら豆へ。



お誕生日、おめでとう。

そして・・・・・・・。

いつも側にいてくれてありがとう。



☆これからもずっと一緒にいようね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



日に日に太陽が強くなって

散歩をしている私とそら豆にも

朝から容赦なく

夏の日差しが降り注ぐようになりました。





0720-1-2016.jpg





ジリジリとした日差しに

うつむき加減に歩いていると

足元には

クッキリと映る濃い影。



そら豆の、丸っこい影・・・・・・。





0720-2-2016.jpg






少し前まで

私の足元には

2つの丸っこい影がありました。




豆太郎とそら豆の、丸っこい影・・・・・・。





0720-3-2016.jpg





2つの影はいつも

つかず離れず

私の傍にあって・・・・・・



それが当たり前の光景だと

思っていました。





0720-4-2016.jpg





けれども

豆太郎が亡くなって

豆太郎とともに

あの愛らしい影も

姿を消して・・・・・・



いつも当たり前のように

2つあった丸っこい影は

ひとつしか

見当たらなくなってしまいました。





0720-5-2016.jpg





そんなことに

改めて気づかされて・・・・・・・・。






0720-6-2016.jpg





梅雨が明けて

本格的な夏がやって来るというのに・・・・・

ジリジリとした日差しに

体中から汗が噴き出しているというのに・・・・・




気持ちだけは

なんだかひんやりしている

夏のお散歩です。




☆影もお空へ連れて行ってしまったんだね…☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



海の日でしたね。




今は海から遠く離れて暮らしてるけれど

バリ島に住んでいた頃は

毎日飽きるほど海を見ていました。




0718-1-2016.jpg




豆太郎とそら豆と一緒に。




0718-2-2016.jpg





毎日のお散歩で。



朝の海も

夕方も海も



本当にもう、飽きるほど

何千回、もしかしたら何万回も

眺めた海。





0718-3-2016.jpg





豆太郎がカニを見つけて




0718-4-2016.jpg





ハサミに挟まれたこともありました(笑)




0718-5-2016.jpg





豆太郎がクッシング症候群になって

脚が悪くなりはじめた頃

もう1度・・・・・・・



どこまでもどこまでも続く海岸を

見せてあげたいと

思っていたのに・・・・・・。





0718-6-2016.jpg





結局、叶わないまま

豆太郎は逝ってしまいました。





0718-7-2016.jpg





目をつむれば

今でも鮮やかに思い出す

海の景色。





0718-8-2016.jpg





豆太郎とそら豆がいた

海の景色。



きっと一生忘れない

大切な大切な、海の景色です。




☆海よりも豆太郎とそら豆を見ていたな…☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



使っても使っても、

決して中身が減らない財布、とか。

食べても食べても、

減らない焼き肉(←大好物)、とか。



私だって

あったらいいなぁって思うから

気持ちはよ~く分かるんだケドね。

そら豆。




0717-1-2016.jpg





けど、残念ながら

食べても食べても中身が減らない

フードボウルなんて

うちには無いから・・・・・。


食べてしまったゴハンは

元には戻らないんだよ?

そら豆。





0717-2-2016.jpg






ホラね、

何度、覗いてみても

ペロンコしてみても

ゴハンはもう

無いでしょう?












かーちゃんの顔見たって

無いものは無いのっ!!





0717-3-2016.jpg




もぉ~(笑)

ゴハンが終わる度に

毎度毎度こうなんです、そら豆は。



空になったボウルに

何度も何度も戻って来ては

ゴハンが元通りになってないか

しつこく確認しています。



そんな姿を見ていると

出来ることなら

食べても食べても

ゴハンが減らないフードボウルを

プレゼントしてあげたい・・・・・!



そんな風に思ってしまうのは

私だけでしょうか(笑)




☆発売されたら真っ先に買ってあげるから・・・☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



日中ずっと曇天だった空に

少しだけ青空が戻った夕方。





0716-1-2016.jpg






そら豆と散歩しながら

ふと、空を見あげたら・・・・・・。






0716-2-2016.jpg






曇り空が残していった

黒っぽい雲の間から

白くてモコモコした積乱雲が

顔をだしていました。



あぁ、これから晴れるのかなぁ

なんて思いながら

何気なく眺めていたら・・・・・




白い雲の真ん中に

みるみる穴があいて

あっという間に

雲の窓ができました。






0716-3-2016.jpg






お空に逝った子たちは

ときどき、雲の窓から

遺してきた私たち様子を

眺めている・・・・・・



そんな話を思い出して。。。






0716-4-2016.jpg





もしかして、

あの雲の向こう側には豆太郎が・・・・?



こちら側から姿は見えないけれど

あの雲の向こう側では豆太郎が

ちょっと小首をかしげて楽しげに

私たちの様子を

眺めているのかもしれない・・・・・・。






0716-5-2016.jpg






なんだか、

そんな風に思えて・・・・・・。






0716-6-2016.jpg






豆太郎が窓を閉じて

雲がまたひとつの

白い塊に戻ってしまうまで



ずっと、ずっと・・・・・・






0716-7-2016.jpg






そら豆とフタリ

空を見上げていた・・・・・・


夕方のお散歩でした。




☆豆太郎、私たちはいつもここにいるよ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



マダニ媒介性の感染性疾患である

「エールリヒア症」のスクリーニング検査で

“ 陽性反応”が出たそら豆。―>




続いて、今現在も病原体が身体の中に

いるかどうかをチェックする

PCR (ポリメラーゼ連鎖反応法)検査を受けて

結果を待っていたのですが・・・・・・。





0715-1-2016.jpg







検査結果は予想に反して

“ 陰性反応 ”との答えが帰ってきました。

う~ん・・・・・( ̄ヘ ̄;)

スクリーニング検査で陽性と出ていたから

今回のPCR検査でも陽性とばかり

思っていたのになぁ。。。



それは担当の先生も同じだったらしく

検査結果を受けて検査機関のほうに

問い合わせたり文献を参考にしたりして

いろいろ調べてくださいました。



なにぶん、「エールリヒア症」は

熱帯地方の病気なので、

日本での症例が極めて少なく

もちろん先生も診るのは初めてなので

手さぐり状態・・・・・・。



それによると、

今回PCR検査をするに当たっては

そら豆の末梢血(腕からとるような通常の採血で

とる血液)を使ったけれど、まれに

本当は感染しているのに陰性と出てしまう

“偽陰性”の結果が出ることがあり

理由は、末梢血中の細菌の量が少なくて

検査で上手く反応が出ないから。




日本のガイドラインでは末梢血でOKと

なっているけれど

海外では、細菌がプールされやすい

脾臓の血管からの直接採血が

推奨されているそうで・・・・・・・。



ただ、ワンコの小さな脾臓の血管に針を刺して

採血するのにはリスクも伴うので

もうひとつの方法として

脾臓の細胞を少しだけ採取して

末梢血の中に混ぜるとPCR検査の感度も

上がるそう。

ちなみに、脾臓の細胞採取には無麻酔で

針生検をするんだそうですが ( ̄□ ̄;)!!




どうされますか?と問われて・・・・・・。




そら豆の顔を見ながら

う~ん、う~ん、と考えた末・・・・・・。





0715-2-2016.jpg






PCR検査に答えを求めるのは止めました。




その代わり先生には

レントゲンとエコー検査をお願いして

その所見と血液検査の総合判断から

ほかの病気の可能性が低いと思われるのなら

とりあえず「エールリヒア症」の治療を開始して

そら豆の高グロブリン血症を

治して下さいとお願いしました。



もちろん、ちゃんと検査結果を出して

病気を確定してから治療をスタートさせるのが

ベストなのは承知しているけれど

今現在、高グロブリン血症で貧血もある

そら豆の脾臓を万が一傷つけてしまったときの

リスクを考えると・・・・・・。

これ以上、検査や結果にこだわるのは

無意味な気がしました。



私が欲しいのは病名ではなく

そら豆の身体の状態、血液の状態が

少しでも良くなることなので・・・・・。






0715-3-2016.jpg






「エールリヒア症」の治療には

テトラサイクリン系の抗生物質を使います。



幸いレントゲン検査・エコー検査では

骨や内臓に異常は見られなかったので

とりあえず、そら豆は

ヒブラマイシンという抗生物質を

服用しはじめました。





0715-4-2016.jpg






見切り発車ではあるけれど・・・・・・。



これで良かったのかな?という

不安はつきないけれど・・・・・・。





ひと月後の血液検査で

どうか良い結果が出ますように。

グロブリン値や貧血が

改善されていますように。





ひと粒の小さな錠剤に

大きな願いを託している毎日です。



☆良い結果がでますように!ポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ワンコさんの体型や

犬種にもよると思いますが


こんなコトして

楽しませてもらったことって

ありませんか?





0714-1-2016.jpg




ホッペのお肉を

ビロ~ンと伸ばして・・・・・(笑)




私は「モモンガ遊び」と呼んでいて

タオルでお顔を拭いたあとや

お耳掃除、目薬のあとに

少しだけ遊ばせてもらいます。






0714-2-2016.jpg





今は虹の橋にいる

豆太郎のホッペもよく伸びました。。。。





0714-3-2016.jpg




お空のお友達に見せてあげたら

人気者になれるかな?




☆うんうん、みんなに見てもらおうね☆

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



前に書いた通り →


近ごろめっきり横に成長して

手狭になった愛用のクッションから

頭がズル~ンとハミ出ているにも関わらず

相変わらずお気に入りのクッションで

眠りたがるそら豆。






0615-1-2016.jpg






本犬はいたって気持ちよさげに

ブーブーと眠っていますが

見ているコチラとしては

あまりにも寝苦しそう。



それならば・・・・・・・! と。






0713-1-2016.jpg






頭用にもうひとつ

小さめのクッションをくっつけて

そら豆の快眠の手助けを

買って出ました!

これでハミ頭にならないね、って。




それなのに・・・・・。


それなのに・・・・・。






0713-2-2016.jpg






いったい、どうすれば

こういうコトになるのでしょう?



せっかくのクッションを

わざわざ縦にして

またもやハミ頭で

熟睡しておるわ・・・・・。( ̄▽ ̄;)!!ガーン






0713-3-2016.jpg






結論。


そら豆はハミ頭が好き・・・・・・┐(´-`)┌




☆頭グリグリしてクッション縦にしてた…☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



朝の散歩をしていたら

久しぶりにカズ君のおじいさんに会いました。



ちょうどひと月前に

お空へ旅立ったカズ君 →





0305-4 2016





いつもの時間に散歩にでると

決まって聞こえてきた

ズズッ、ズズッ、ズズッ・・・・・・

重く引きずり気味の足音と

カポッ、カポッ、カポッ・・・・・・、と

プラスチック製品特有の軽い響き。



おじいさんは、サンダルを履きの足を

少し引きずり気味に

手には柄の長いプラスチック製のヒシャクを

カズ君のうんPキャッチャー兼

杖がわりにして歩いてくるから

おじいさんとカズ君がやって来ると

遠くからでもスグに分かって・・・・・・。





0305-1 2016





しかもおじいさんは

『カズ~、カズ~』と

いつも怒ったように名前を呼びながらも

カズ君をたっぷり可愛がっていたものだから

フタリの賑やかな姿を見送るのが

私とそら豆、そして生前は豆太郎にとっても

毎朝の習慣になっていました。




けれどもカズ君がお空に旅立って

そんなフタリの微笑ましい姿も

朝の風景から消えてしまいました。





DSC_0135-1.jpg






久しぶりに会ったおじいさんは

カズ君のうんPキャッチャーだった大きなヒシャクを

真新しい(本物の)杖に持ちかえて

ひとり、散歩に出ていました。



相変わらずサンダルを履いて

少し足を引きずってはいたけれど

もう以前のようにカポカポ、ズルズルと

賑やかな音を立てることはなく

静かに歩いていました。



ひと月前までは

カズ君の青いリードを

しっかりと握っていた左手を

なんだか手持無沙汰そうに

ブラブラとさせながら・・・・・。






0712-1-2016.jpg






空いた片手。。。。

手持無沙汰になった片手。。。

あぁ、同じだなぁと思いました。



豆太郎が元気だったころは

私の両手はいつもふさがっていて

片手に豆太郎のリード

もう片方にはそら豆のリードを

しっかりと握っていました。

だから彼らのウンPを拾うのもひと苦労で(笑)



けれども豆太郎が亡くなって

豆太郎のリードを持つことがなくなってみると

空いた片手が淋しくて

どうにもこうにも手持無沙汰で。

お散歩バッグにつけた

豆太郎の形見のハーネスを

さすりながら歩いていました。


豆太郎と並んで歩いていた頃を

思い出しながら・・・・・・。






0712-2-2016.jpg






朝の風景から

豆太郎の姿が消えて

カズ君の姿も見れなくなって

私の片手も

おじいさんの片手も

愛しいリードを手放さざるを

得なくなってしまったけれど



けれども、心のリードは

ずっと握ったまま。

愛しい子を想いながら

相変わらず朝の道を

一緒に歩いている・・・・・。






0712-3-2016.jpg





そんな風に思いながら

ひとり静かに歩く

おじいさんの後ろ姿を見送りました。




☆ずっと一緒に歩こうね・・・ポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ちょうど去年の今頃

夏のはじまりは

休みのたびに

豆太郎とドライブに出かけていました。




豆太郎が自分の脚で歩けるうちに

いろんな場所に連れて行ってあげたくて。

歩けるうちに、いっぱい一緒に歩きたくて。






0711-1-2016.jpg






ちょうど去年の今頃。



豆太郎はクッシング症候群が進んで

脚がずいぶんと弱ってしまって・・・・・・。

だから、もしかしたら来年の夏は

あまりお出かけできないかも?

そう思って、

毎週のようにお出かけしました。






0711-2 2016






ドライブ中は

横たわってほとんど眠っていたけれど

それでも目的地に到着すると

立ち上がって車から降りたがり

見知らぬ景色

初めての匂いに

おっきな目を見開いて

珍しそうに眺めていた豆太郎。






0711-3-2016.jpg






淡路島の観覧車、白川郷のかやぶき屋根、

小浜の白く光っていた海とむんとした磯の香り

冬にはスキー場になる緑の高原

チーズケーキが美味しかった牧場・・・・・






0711-4-2016.jpg






去年の夏、

巨峰のように黒くてツヤツヤとした

豆太郎のおっきな目には

さまざまな景色と私の姿が

まるで魚眼レンズのように

少しゆがんで映っていて

私はそんな豆太郎の瞳を

愛しく覗きこんでいました・・・・・。






0711-5-2016.jpg






豆太郎の8回目の月命日。


今年は一緒に過ごせないなんて

想像すらしていなかった夏のはじまり。



スーパーで見つけた巨峰を

お供えしました。






0711-6-2016.jpg





黒くてぷりぷりとした

大粒の果実たちに

豆太郎の瞳を思い出しながら・・・・・。




☆豆太郎、去年も今年も愛してます☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



歌のタイトルなんです。



とろろおくらめがぶなっとう 




何気なくつけたダイニングのテレビに

NHKの「みんなの歌」が映って

不思議な歌が始まりました。




ねば ねばねばねば~♪

ねば ねばねばねば~♪

とろろ おくら めかぶ なっとう(ネヴァー)♪

とろろ おくら めかぶ なっとう(ギヴァーップ!)♪




子供向けの歌のハズなのに

どう考えても子供たちには縁遠そうな

「とろろ」「おくら」「めかぶ」「なっとう」という

4大ネバネバ食材を題材にしていて

しかも、タイトルが超斬新!



『 とろろおくらめがぶなっとう 』 だなんて

まるで何かの呪文みたい(笑)



最近の「みんなの歌」はスゴイのやってるなぁ~

な~んて、感心しながら

とりあえず歌のタイトルをメモしておきました。

気が向けば後でググってみようかと思って(笑)





0710-1-2016.jpg






で、

そのまま仕事に行って

帰宅したら





食卓の上にデ~ンと

何やら・・・・・・・。





・・・・・?

・・・・・???






0710-2-2016.jpg






そしたら母から

『 買ってきておいたわよ~』 の声が。。。




はぁ・・・・・?

なにソレ・・・・・???




『 何って、あんたがメモしておいたんじゃない!』

『 必要なんでしょう? 』





そこでようやく

すべてが繋がりました!




どうやら母は

私がダイニングに置き忘れていた

歌のタイトルのメモ

『とろろおくらめがぶなっとう』を

夕食か何かで使う食材と勘違いし

気をきかせて

買ってきてくれたのでした(笑)






0710-3-2016.jpg






その日の夕食は

言うまでもなく

ネバネバ食材のオンパレード。



歌詞のように

ねば ねばねばねば~♪

ネバーギブアップ~♪

と、いきたい所でしたが

さすがに完食はギブアップでした  ( ̄‥ ̄)




☆ネバネバに振り回された日・・・☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎、




0709-12016.jpg




マメタロウ、



0709-2-2016.jpg




マ・メ・タ・ロ・ウ!




0709-3-2016.jpg






名前を呼ぶと

こんな風に

少し小首をかしげて

なあに?って表情で

応えてくれた

豆太郎。



私の呼びかけに応じて

傍にやって来てくれた

豆太郎に触れながら

ポッコリとしたオデコを撫でながら



そうして私は

たくさん、たくさん

豆太郎と話をしてきました。






0709-4-2016.jpg



0709-5-2016.jpg






豆太郎が天国に旅立って

私の前からいなくなってからも

毎日、毎日、

相変わらず私は

豆太郎、豆太郎・・・・・・と、



時には写真に向かって

時には骨壷を抱きしめながら

時には心の中で

豆太郎に呼び掛けながら




この声が、

どうか豆太郎に届きますようにと・・・・・




今は虹の橋で

楽しく暮らしている豆太郎が

それでも時折、

下界の暮らしを懐かしんで

淋しくなった時にはいつでも

聞き慣れた私の声や呼びかけに

安心して

またお空の暮らしに

戻れますように・・・・・・



そして、

もしも気が変わった時は

いつでも私の元へと

戻って来てくれますようにと・・・・・・





0709-6-2016.jpg






そんな祈りを

愛しい名前に込めながら

豆太郎、豆太郎、と

今日も名前を呼びながら

語りかけているのです。



☆かあちゃんの声、届いてますか?☆

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ゆうべのこと。



私は宵っ張りなので

ふだんベッドに入るのは

たいてい午前2時前後。



ゆうべも日付がかわってから

さてそろそろ寝ようかと

網戸の窓を閉めようとしたら

真っ暗な夜空がいきなり


ピカーッ!!


真っ白に光って、もぉビックリ!

あまりにも強い閃光だったので

爆弾でも落ちたのかと

一瞬、焦ってしまいました。



それまでカーテンを引いていたので

気づかなかったけれど

どうやら雷が発生していた模様。






0708-1-2016.jpg






けれども、いつもなら

ピカッと光ったあとにやって来る

ゴロゴロ~の音は全く無くて

昨夜の雷は、ただただ

夜空を真っ白く光らせるだけ。



もしかして・・・・・・・。

こんな深夜に

みんなを起こしちゃいけないと

気を使った雷さまが

太鼓は叩かず

稲光のスイッチだけを

押してくれていたのかもしれませんね。






0708-2-2016.jpg






おとなしい雷さまの

優しい気遣いを想像しながら

白く光る夜空の眺めを

しばらく楽しませてもらった

深夜の出来事です。



☆雷さまになった2頭にもポチっ☆

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



七夕祭りですね。



いつも行くスーパーのイベントスペースでも

笹の葉が用意されていて

『サッカーが上手になりますように』とか

『背が伸びますように』などなど・・・・・

子供たちの可愛らしい願いが

短冊に揺れていました。



残念ながらオバさんの私に

短冊は渡されませんでしたが

もしも願いが叶うなら・・・・・・






0707-1-2016.jpg





願うことは、たったひとつ。


たぶん、来年も再来年も

この先ずっと・・・・・・

この願いは変わりそうにありません。




子供の頃は

1年に1度、七夕の日にしか会えないという

織姫と彦星を気の毒に思ったけれど

大切な大切な豆太郎が

空に逝ってしまった今は

たとえ1年に1度でも

再会を約束されている

織姫と彦星が羨ましいし

彼らは幸せだとすら思ってしまうのは

私だけでしょうか?






0707-2-2016.jpg






夕方の天気予報で

今年の七夕の夜はよく晴れて

天の川が見れるでしょう、と

伝えていました。



豆太郎は水が大の苦手だったけれど

なぜか、水を眺めるのは好きで

橋の欄干から川を覗いたり

用水路の流れを

ジ~ッと見つめていることが

よくありました。






0707-3-2016.jpg


0707-4-2016.jpg






空に昇った豆太郎は今夜、

キラキラ光る天の川の流れを

楽しそうに眺めるのかも知れません。




☆天の川を渡って会いに来て・・・?☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今年はじめてセミの声を聞きました。



夕方、役所に行ったら

前庭の木々の上から

ジィ~ジィ~という虫の声。

立ち止まってよくよく聞いてみれば

セミの鳴き声でした。

もう、そんな時期なんですね。



セミの声を聞くと

いよいよ夏のはじまりって気がします。



ところで、

もしもセミが人間くらいの大きさで

東京タワーにしがみついて鳴いたとしたら

その声はなんと

鹿児島まで聞こえるそうです!?

確かにセミって

体の割にはものスゴク大きな声を

出しますものね。






0706-1-2016.jpg






ある夏の日の風景です。




ゴロンと横になって

うたた寝をしている豆太郎。




写真だけ見ていると

気持ち良さげにまどろんでいる様ですが

じつは、

大音量のBGMを聞きながら

ウトウトしています。














よく平気で寝てられるなぁ(笑)



窓のスグ外にセミがとまっていたのでしょう。

耳元で、めっちゃ大音量の

セミの声が鳴り響いているのに

平気でウトウトしている豆太郎の姿が

可笑しくて、可笑しくて・・・・・・。

思わずカメラを向けました。






0706-2-2016.jpg






今年もこんな風景が

見れると思っていたのになぁ・・・・・・。



今年も一緒に過ごせると

思っていたのになぁ・・・・・・。




豆太郎のいない

初めての夏が、はじまります。



☆それでも夏ははじまるんだね…。☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日の続きです。―>


高グロブリン血症と診断されたそら豆。

ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査が陰性で

多発性骨髄腫の可能性は

ひとまず無くなりましたが

マダニ媒介性の感染性疾患の

「エールリヒア症」のスクリーニング検査では

“ 陽性反応”が出てしまいました。




【エールリヒア症】

マダニ媒介性の感染性疾患のひとつ。

エールリヒア症はリケッチア(動物や人の

細胞内で増殖する細菌)の一種である

エールリヒア属が単球とマクロファージへの

侵入によって引き起こされ、犬において

臨床上重篤な症状を引き起こす。

急性期には高熱・平熱を繰り返す間欠熱や

リンパ節腫脹、脾腫、肝腫大、出血(鼻)

体重減少などの症状を示し、慢性期には網膜出血

前眼房出血、および前または後ブドウ膜炎や

発熱、血球減少症に続発する骨髄増生などの

症状が見られる。






0705-1-2016.jpg






「エールリヒア症」は主に熱帯地方で発生する

疾患なので日本にはありません。

ただ、そら豆はバリ島生まれのバリ島育ちなので

向こうで暮らしている間に感染し

保菌犬となったものと思われます。



バリ島では草むらや放し飼いのワンコたちに

わんさかダニがついているのが当たり前でした。

なので、向こうで暮らしている間

フロントラインは欠かしませんでしたが

それでも吸血してぷっくり膨らんだダニが

そら豆の皮膚に噛みついていたことは

何度となくありました。



そうして、そら豆は感染し

たぶん感染初期の急性期には何らかの

体調不良を起こしていたのでしょうが

今回そら豆が高グロブリン血症と診断されるまで

「エールリヒア症」なんてまったく知らなかった

私はそら豆の初期症状を見過ごし

そしてそら豆は、治療を受けることなく

自力で回復したのでしょう。



今さらながらですが・・・・・

そら豆には申し訳ないことをしてしまいました。






0705-2-2016.jpg






ただし、今回の検査はスクリーニング。

過去に「エールリヒア症」に罹ったことが

あるかないかの抗体を調べるだけの

検査だったので

次はPCR (ポリメラーゼ連鎖反応法)検査で

今現在も病原体が身体の中にいるかどうかを

チェックして、細菌が確認されれば

正式に「エールリヒア症」と診断され

治療をスタートすることになります。




ただ、「エールリヒア症」は日本にない病気のため

PCR検査は国外の検査機関に依頼されるとのこと。

なので、結果が出るまでには10日ほど

時間がかかるそうです。






0705-3-2016.jpg






そんなワケで

今、そら豆の血液はひとりで海を渡り

外国旅行の真っ最中。



10日後にはどんなお土産話を聞かせてくれるのか

少し不安もあるけれど・・・・・・

「エールリヒア症」は完治できる病気なので

不謹慎ながらも、細菌が確認されればいいのに

なんて思ってもみたり・・・・・・。



もちろん、病気には可も不可も無いんだけれど

どうせ病気と診断されるのならば

どうか完治が目指せる病気であって欲しい・・・・



そう願わずにはおれません。



☆絶対治る!のおまじないにポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



高グロブリン血症と診断されたそら豆。 →


先週の月曜日に受けた

「多発性骨髄腫」を診断する検査のひとつである

「ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査」と

マダニ媒介性の感染性疾患の

「エールリヒア症」のスクリーニング検査の

結果がでました。





0704-1-2016.jpg






まずは、「ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査」

の結果について。



そら豆が高グロブリン血症と診断された当初

先生から最も可能性があると言い渡され、

そして私が最も恐れていた

「多発性骨髄腫」については

「ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査」で

見事“ 陰性 ”と出ました。



これによりそら豆が

「多発性骨髄腫」である可能性は

ほぼほぼ無くなりました! ふぅ~ ε=( ̄。 ̄;)



理由は、蛋白分画検査がグレーで

「多発性骨髄腫」を証明しきれず

ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査でも陰性、

そしてグロブリン値が上昇しはじめた

2012年から現在まで、何の症状もみられず

日常生活を維持できていることは

「多発性骨髄腫」の場合まず不可能である

という3点から、このたび晴れて

「多発性骨髄腫」の不安から

解放されることとなったのでした♪






0704-2-2016.jpg






もぉね、この報告を受けたとき

思わず小躍りしちゃいました!

だって、そら豆が「多発性骨髄腫」

などという難しい血液のガンだなんて・・・・。

ちっとも信じられなかったし

だけどグロブリン値が高いのは

まぎれもない事実だから

もしかしてそうなのかも?なんて

不安にかられたりで・・・・・。

嫌でも悪い考えが浮かんできましたから。



でもね、いくら記憶を辿ってみても

そら豆にはそれらしい症状が

見当たらなかったし。

だいたい、恐ろしい血液のガンに罹った子が

こんなにムチムチと太ってられるハズ

ありませんものね~






0704-3-2016.jpg






うんうん、良かった!

本当に良かった!


そら豆のむっちりボディを

こんなに頼もしく思ったことは

いまだかつてありません(笑)





そして、もうひとつ。

マダニ媒介性の感染性疾患の

「エールリヒア症」のスクリーニング検査の

結果なのですが・・・・・。




少し長くなったので

続きはまた明日させてもらいますね。



☆良かったね~のお祝いにポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



いや~暑かった!

今日は本当に暑かったです。

日差しは強いし湿度は高いしで・・・・。

間違いなく今年1番。 ふぅ~



ちなみにインドネシア語で

暑い(熱い)=Panas(パナス)といいます。

語感がなんとなく暑そうでしょう?

バリ島に住んでいた頃は

毎日のように使っていた言葉。

まぁ常夏の島ですから当たり前かも

知れませんが。

バリ島を離れて5年になりますが

今日のように暑い日には

いまだに自然と頭に浮かぶ単語です。





0703-1-2016.jpg






そんなワケで

朝からグングン気温が上昇した今日は

今年初めての冷房。

朝からエアコンのお世話になりました。




うちの子ブタちゃんが

茹でブタになってしまうと

困りますからね~(笑)



うちではワンコのいるお部屋が

年間通じて最も快適・・・・・・!

夏は真っ先に冷房を

冬にはほぼ24時間暖房を

使うのは間違いなくワンコです。



ワンニャンとお暮らしの方なら

皆さん同じかもしれませんね(笑)





0703-2-2016.jpg






涼しくなった部屋で熟睡中のそら豆。

目を開けたまま・・・・寝ています。



普段なら、

夕方私が仕事から戻る頃には

起きているのに

部屋が涼しくて快適だったからでしょうか。

今日は私が帰って来ても

まだ爆睡していました。



そら豆、

ゆでブタにならなくて

良かったね~



☆でも、目は閉じて眠ろうね…(汗)☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



『 痛いと私はブチャくなる 』



そう云って

可愛いらしい女優さんが

白眼をむく鎮痛剤のCM。

なかなかのインパクトで

記憶に新しいと思いますが・・・・・。






0702-1-2016.jpg






痛くなくても

白眼をむくし、


痛くなくても

ブチャくなる、そら豆。






0702-2-2016.jpg





痛いどころか

むしろ、本犬は

ご機嫌さんなんですケドねぇ。






0702-3-2016.jpg






けど、

もともとがアレなんで・・・・・


ブチャくなるというより

ホラーに近くなります(笑)






0702-4-2016.jpg






『痛いと私はブチャくなる』


そう云えるのは

元の素材が良い人の特権で

裏を返せば

痛くなければカワイイの~♪

ってコトですものね。






0702-5-2016.jpg






誠に残念ながら

今日もフツーにブチャい

そら豆です・・・・・・(笑)



☆でも、このブチャさがクセになる…(笑)☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



夕方、レモンを切っていて

中から出てきたタネを

何気なく見たら・・・・・・!




・・・・・・ん?




んん~~~??!






0701-1-2016.jpg





なんと、

発芽しているタネが

出てきました!!




収穫されて久しく

しかも、しばらくは

冷蔵庫に保管されていただろう

レモンなのに

果実の中に宿したタネは

しっかりと命を

繋ごうとしていたのですね。

命ってスゴイ。。。





0701-2-2016.jpg






けれども・・・・・。



こんな風に

強くてしなやかな

命の力強さを見せつけられると

失われてしまった命を

想わずにいられなくて。



今さらながら

なんで豆太郎の命は

消えてしまったんだろう?

な~んてね・・・・・・。



思ってしまいます。






0701-3-2016.jpg






レモンの酸っぱい香りを嗅ぎながら

ホロリとこぼれた涙をふいたら

レモン汁が目に染みて・・・・・・



余計に涙が出てきた今日の出来事です。



☆どんな命にも限りがあるのにね…。☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆