このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



晩年の豆太郎は

クッシング症候群のせいで

脚も身体もうんと弱ってしまい

それまで当たり前にできていた

日常生活のいろんなことが

できなくなっていきました。



たとえば

普通に歩くこと、お散歩すること

段差を登ること、降りること

トイレで踏ん張ること

チッコでしゃがむこと

立ち上がること

横になること・・・・・・。



本当にささいなことが

少しずつできなくなって

見ていて悲しくなるほどでした。





0831-1 2016






けれども

できないことが増えるにつれて

豆太郎はそんな自分の感情を

「 鼻声 」 で表現するように

なっていきました。



元気なころの豆太郎は

クゥ~ンクゥ~ンとかキュ~ンとか

ワンコがよく使う鼻声というのを

一切しない子だったのに

身体が不自由になるにつれて

鼻声を習得して・・・・・



その声は一般的な鼻声とは程遠くて

グゥ、とかブフッとか・・・・・

お世辞にも上手とはいえなかったけれど(笑)

できなくなったことが増えた豆太郎が

豆太郎なりに手に入れた

できることでした。





0831-2 2016





そして今。

13歳になったそら豆にも

だんだんとできないことが増えてきました。



仔犬の頃に左目の視力を失ったそら豆は

これまで右目だけで

上手に生活してきたけれど

歳のせいか、近ごろその右目の視力も

かなり落ちてしまったようで・・・・・・。



少し前まで平気で歩きまわっていた家の中も

部屋と部屋を繋ぐドアの下枠の

わずかな段差に立ちすくんでしまったり

ベッドから降りれなくなったり

薄暗い場所では方向を見失って

身体をカチカチにして固まっていたり・・・・・。



慣れたハズの家の中でさえ

見えなくなったせいで、怖がって

できないこと、不自由なことが

増えてきました。





0831-3-2016.jpg





そんなそら豆が手に入れた

できることは「 ダッコ 」でした。



もともとそら豆はダッコが苦手で

抱くと獲れたての魚みたいに

クネクネと身体をひねって逃げるか

漬物石のようにカッチカチに

なって抵抗していたのが

目が悪くなってからというもの

自分から片手を伸ばしてダッコをねだり

足元が怖い場所や方向が分からないときの

救助を要請するようになりました。



それまでのそら豆では

考えられないくらい、

力を抜いた上手なダッコで

腕の中におさまるようになったそら豆。





0831-4-2016.jpg






シニアになると

それまで当たり前にできていたことが

少しずつ奪われていって

悲しくなることも多いけれど・・・・・


できなくなって、できることも

まだまだ、あるんだなぁと思います。




そして、そんな「できること」が

どれほど嬉しくて愛おしいことか。



仔犬の頃、

小さな肉球を手のひらに重ねてくれた

はじめてのお手ができたときと同じくらい

もしかしたらそれ以上に。





0831-5-2016.jpg






新しく手に入れた「できること」

「 ダッコ 」を駆使して

そら豆が

これから先も自由気ままに

シニアライフを送ってくれることを

願っています。



シニアの可能性を信じて・・・・・・・。



☆困った時はいつでもダッコするからね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ワンコは言葉を話しませんが・・・・・


彼らのベロは雄弁に語るように思います。





0829-1-2016.jpg


0829-2-2016.jpg


0829-3-2016.jpg


0829-4-2016.jpg




「 ちょーだい!」 ですって (o^-^o) ウフッ



そして・・・・・・?!




0829-5-2016.jpg




「 うまーーーい!! 」ですって(笑)




ワンコのベロはおしゃべりですね (*^m^*) ムフッ




東日本や北日本には

また大きな台風が近づいているようです。

大きな被害が出ないことをお祈りしています。



☆明日もまた良い1日になりますように☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ほっともっとのガパオライスが大好きです!

6月の発売以来もう何度食べたことか。


でもウチの近くのお店はいつも混んでいるから

買いに行くのも予約しておくのもなかなか面倒で。


じゃぁ、自分で作っちゃおう!

ってコトで、最近何度か

ガパオライスに挑戦しているのですが・・・・・・。





0828-1-2016.jpg





何かが足りない! なんか違う!



ほっともっとのガパオの味になりません(涙)

ホーリーバジルをスイートバジルで

代用しているせいなのか?

それとも何かのスパイスが足りないせい?

あ~あ、ほっともっとの味を

再現したいのになぁ 。・゚・(ノε`)・゚・。





0828-2-2016.jpg





ところでコチラ↑も

何かが足りない、なんか違う!と

不満顔のそら豆。



じつは、そら豆の

お気に入りのクッション↓がないのです。





0828-3-2016.jpg





だいぶワイルドな香りがしていたので

洗濯したんです。

そしたら途端に大騒ぎで(汗)



近ごろは暑がって

クッションで昼寝するより

廊下に転がってることのほうが

多かったクセに・・・・ ε-( ̄ヘ ̄)┌





0828-4-2016.jpg





足りない何かを

探している私とそら豆。



お互い早く見つかるといいねぇ。。。。



☆明日になればクッション乾くって(笑)☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



人気俳優の息子さんが逮捕されたのを受けて

母親である有名女優さんが

憔悴しきった様子で涙ながらに

謝罪されているのをテレビで観て

なんとも心が痛みました。



そうして私は若いころの

フラフラしていた自分を思い出して

一歩間違えれば自分だって

親に謝罪をさせかねない身だったと

今さらながら反省し

でも、今こうしてなんとか

暮らしていられるのは

豆太郎のおかげだと・・・・・。

改めて豆太郎への感謝の気持ちで

いっぱいになりました。






0827-1-2016.jpg





大学を出て就職したものの

スグに辞めてバックパッカーになって

東南アジアをブラブラしていた途中

たまたま仕事を得たバリ島に

そのまま住みついて・・・・・。

でも相変わらず次はどこに行こうか?なんて

根なし草的な考えのまま暮らしていたころ

たまたま立ち寄ったペットショップで

豆太郎に出会って

私の生活は一変しました。



豆太郎がいたから

規則正しい生活するようになり

豆太郎がいたから

本気で仕事をするようになり

豆太郎がいたから

未来の計画や目標をたてるようになり



私という一人称のころは

テキトーにやり過ごしていた色んなことを

私たち・・・、私と豆太郎という

二人称で向かい合うようになってはじめて

豆太郎のためにちゃんとしなくちゃと

考えるようになり

ほんやりしていた世界が引き締まって

ようやく私は人並みに

落ちついた暮らしを覚えました。





0827-2-2016.jpg





もう本当に

せんぶ、豆太郎のおかげ。

今、私がここにいれるのは

ぜんぶ、豆太郎のおかげ。



仔犬の豆太郎を育てたつもりが

じつは私のほうがが豆太郎に

育てられていました。





0827-3-2016.jpg





豆太郎が私にくれた

百分の一もお返しできないまま

豆太郎は逝ってしまったけれど・・・・・



この先もずっと

豆太郎が教えてくれた沢山のことを

大切に大切に守っていきたいと

思っています。


☆豆太郎、本当にありがとう☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



リオオリンピックが終わって

いよいよ次は

2020年の東京オリンピック。



今回のオリンピックではこれまでにない

素晴らしい成績をおさめた日本選手団。

テレビを観ていると

リオから帰国したばかりのメダリストたちが

もう次のオリンピックを目指して

意気込みを語ってらっしゃっていて

頼もしい限りです。



次はホームでの開催とあって

今回以上の好成績が期待できるでしょうし

今回以上に日本中が、そして世界中が

熱狂するオリンピックになるのだろうと思うと

期待が膨らみます。



4年後の。

2020年の東京オリンピックでは。





0826-1-2016.jpg





けれども、一方で

4年後、4年後には・・・・・と

聞くたび、考えるたびに

少し胸が痛くなります。




4年後。。。

東京オリンピックの中継を

私はそら豆と一緒に観戦できるだろうか?

テレビを観る私の傍で

そら豆のイビは元気よく響いているだろうか?




・・・・・どうしても

そんなことを考えてしまいます。





0826-2-2016.jpg





豆太郎とそら豆とサンニンで観ていた

ロンドンオリンピック。

豆太郎が天使になって

そら豆とフタリで観ることになった

リオオリンピック。



4年後。

17歳になったそら豆と

東京オリンピックを

観ることが出来たなら・・・・・・。




それが私たちの金メダル。




ささやかですが・・・・・・

私とそら豆にとっては

金メダルを頂くのと同じくらい

有り難いことに思えます。





0826-3-2016.jpg





4年後、

日本選手団の皆さんの首に

たくさんのメダルが輝くとき

そら豆の首にも

手づくりの金メダルが

ピカピカと光っていますように。



4年後の不安を

4年後の希望にかえられますように。


☆金メダル目指して頑張ろうね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



はじめて虹を見ました。


豆太郎が亡くなってから

はじめて見た虹。





0824-1-2016.jpg




雲の間から

ほんのちょっぴりだけ・・・・・

それはまるで

虹のシッポのようだったけれど





0824-2-2016.jpg




今は虹の橋の住人になった

豆太郎があそこにいるのかと思うと



いつか私が迎えに行ける日まで

豆太郎はあそこで

待っていてくれるのだろうかと思うと



いつまでも

いつまでも

目が離せなくて・・・・・・。





0716-5-2016.jpg




形を変えてゆく雲のなかに

虹のシッポが隠れてしまうで

ずっとずっと眺めていた夕方。



少しだけ豆太郎に

会えた気がしました。



☆きっと迎えにいくから待っててね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



車を運転していたら

ヒマワリ畑を通りかかりました。



大きく開いたヒマワリたちが

一斉に同じ方向を向いて

天を見上げる姿は圧巻でした。





0823-1-2016.jpg





“ タミさんは野菊のような人だ ”

これは小説「野菊の墓」で有名な台詞。



ヒマワリは野菊の花とは対照的な

逞しさや明るさ、そして一途さを

持った花だと思います。

まるでワンコのように・・・・・。





0823-2-2016.jpg





“ ワンコはヒマワリの花のようだ ”

そう思うのは私だけでしょうか?



明るくて楽しげで、

そして

いつも飼い主のほうを向いている・・・・


大輪の笑顔とともに

ひたむきに飼い主を見つめ続け

何の疑いもなく信じ続けて

彼らの犬生や命を預けてくれる

シッポの天使たち。





0823-3-2016.jpg





だからこそ私は

彼らの期待や信頼を裏切らないように

うちの子たちの太陽であり続けられるように

大切に大切に

してゆきたいと思うのです。


彼らのヒマワリのような笑顔が

うつむいて萎れてしまわないように。





0823-4-2016.jpg





今日も明日も明後日も

ずっとずっと・・・・・

笑顔の花が咲きますように!



☆いつも側で笑っていてね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



失恋ではなく

失意の意味でのブロークンハート。・゚・(ノε`)・゚・。



私は小さなカフェをやっているのですが

店の冷凍庫とエアコンが

立て続けに壊れてしまいました(涙)

お盆の頃から急に調子が悪くなって

修理を試みたものの

どちらも再起不能。

買い替えを余儀なくなくされました Σ(|||▽||| )



それにしても業務用の製品の

高いこと、高いこと。

2つ併せてウン百万円の出費に

心が砕けてしまいました(泣)





0822-1-2016.jpg





でもまぁ、私やそら豆が

ケガしたり病気になる代わりに

電化製品がブッ壊れてくれたのだと

無理やりにでも・・・・・

そう思うことにしました。





0822-2-2016.jpg




今日の散歩で見つけたもの。



木肌から直接生えていた

小さな葉っぱ。

しかも、よ~く見てみれば

葉っぱがダブルで!




0822-3-2016.jpg




こんな不便そうな場所から

生えてしまっても

頑張っている

小さな葉っぱを見て・・・・

ちょっとだけ

励まされました (*´∇`*)




明日は朝から業者の人が来て

新しいエアコンの取り付け作業。

休日返上だけど

頑張ってきますっ!!


☆元気パワーをいただきました♪☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



スーパーに設置されていたガチャに

思わず目を奪われてしまいました!





0820-1-2016.jpg





か、かわいい~ (*´∇`*)



ワンコ用のおまわりさん帽子♪

こんなに可愛いワンコ用の

コスプレグッズがあるなんて

最近のガチャはスゴイですね?!



もちろん、

迷わずコインを投入しました v( ̄ー ̄)v



で、

出てきたのがコチラ↓





0820-2-2016.jpg





ちょっとワイルドな

迷彩柄のおまわりさん帽子♪



そら豆に似合うかな~??





0820-3-2016.jpg





あ、アレ??


被り方が悪かったかな? ( ̄◇ ̄;)





0820-4-2016.jpg





う、う~ん

なんか違うなぁ・・・・・。


もう少し

深く被ってみようか?





0820-5-2016.jpg




あうっ・・・・・( ̄_ ̄|||)



ゴメン、そら豆。

もう、お帽子やめよっか?





0820-6-2016.jpg





だって、だって

その帽子・・・・・、



似合わなさすぎる! (* ̄m ̄)プッ





0820-7-2016.jpg





せっかく手に入れた

おまわりさん帽子でしたが

そら豆には小さすぎたのか

モデル犬の子とは大違い・・・・・(笑)



可愛いどころか

マヌケな犬のおまわりさんになった

そら豆でした (;´▽`A``



☆もう少し大きいサイズがあればいいのになぁ☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今日、

そら豆が見つけた・・・・・





0819-1-2016.jpg





小さい秋。



若い栗のイガイガ。

ゆうべの雨で落ちたのかな?





0819-2-2016.jpg





毎日暑い暑いといっているけれど

自然界ではもう秋の準備が

始まっているのですね。





0819-3-2016.jpg





秋は・・・・・。



豆太郎が生まれて

そして。。。

亡くなった季節。




そら豆が見つけた小さな秋に

いろんな思いがこみ上げて

心臓をギュッとつかまれたような

気分になった出来事です。



☆秋が来るのが怖いのです・・・☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



お盆最後の日、

ちょっとだけ不思議なことがありました。




いつも通り豆太郎とそら豆の

朝ゴハンを準備して

キャビネットの上に置いたまま

先にそら豆へエールリヒア症のお薬を

飲ませた時のこと。



キャビネットの前は壁になっていて

そこには生前の豆太郎が服用していた

お薬に関する注意書きのメモが

貼ってありました。



晩年クッシング症候群と闘っていた豆太郎は

1日2回のお薬が欠かせなくて・・・・

だから絶対に忘れないように

絶対に間違わないように

お薬に関するメモを

ゴハンを準備するキャビネットの壁に

しっかりと貼っていました。




豆太郎が亡くなってからも

私はそのメモを

剥がすことができなくて・・・・・。

豆太郎がいた痕跡を

豆太郎が闘った記憶を

たとえ紙切れ1枚でも

失くしたくはなくて・・・・・。

そのままにしてありました。





0818-1-2016.jpg






そして。。。



そら豆が薬を飲んで

じゃあ次はゴハンにしようねと

キャビネットに戻ってみたら・・・・!?




豆太郎のゴハンが入った器の上に

その薬のメモ書きが乗っかっていました。




たぶん、偶然なのでしょう。

たまたま剥がれて

たまたま豆太郎の器の上に

落ちたんだと思います。




けれども重なり合った偶然が

私には豆太郎が

「ボクのお薬は?」って

言ってるような気がして・・・・・

お盆に戻ってきた豆太郎が

生前の習慣を覚えていて

私に薬を催促している気がして・・・・


少し驚いてしまいました。





0818-2-2016.jpg





1日も欠かさずに薬を飲んでくれた豆太郎。

1度も嫌がらずに薬を飲んでくれた豆太郎。

ずっとずっと頑張り続けてくれた豆太郎。



今はもう、

お薬は必要のない豆太郎なのに

今なお頑張ろうとしてくれるのかと思うと

豆太郎のいじらしさと律儀さに

涙が出てきて・・・・・。



剥がれたメモ書きを

元の場所に貼りなおしながら

「ありがとう」と「ゴメンね」を繰り返した

お盆最後の日の出来事でした。



☆ずっと頑張ってくれてありがとう☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



社会人になってすぐのころ

同居していた祖父が亡くなりました。



気落ちするかと心配していた祖母は

皆の予想に反して大変元気で

むしろ祖父がいたころよりも元気に過ごし

その後96歳まで生きたのですが・・・・・



祖父が亡くなってしばらくすると

どういう訳だか祖母は

ひとりになると習慣のように

祖父の名を呼ぶようになりました。




「おじいさん」、「おじいさん」、と。





0817-1-2016.jpg





最初はひとり言のようだった

「おじいさん」という声は

どんどん大きくなって

いつしか家中に響くほどの

ボリュームになっていきました。




廊下を歩きながら・・・・・

お風呂に入りながら・・・・・

祖母の自室から・・・・・

トイレの個室から・・・・・

「おじいさ~ん」と叫ぶ

大きな祖母の声。



はじめは痴呆が出たのかと思ったけれど

それ以外の祖母は至って普通。

自分が大きな声で

「おじいさん」「おじいさん」

と呼んでいることには

まったく気づいておらず

祖母にとってそれは

無意識の言動だったようです。



そうして晩年

本当の痴呆が出るまで

祖母は「おじいさん」と呼び続けました。





0817-2-2016.jpg





最近、あのころの祖母のことを

よく思い出します。



なぜなら・・・・・

近ごろ私も無意識に

豆太郎の名前を呼んでしまうから。




意識して呼びかけたり

話しかけたりする時以外にも

何かにつけて

「豆太郎」「豆太郎」と・・・・・

つい、名前を口走ってしまいます。





0817-3-2016.jpg





仕事を終えひと息ついて「豆太郎」

スーパーで食材を物色しながら「豆太郎」

お風呂につかって「豆太郎」

椅子に腰かけて「豆太郎」



まるで「どっこいしょ」の

掛け声のように

無意識に「豆太郎」と

呼んでいる自分に、自分の声に

最近気づきました。



そうして分かったのは

大切な名前が

愛しい名前を呼ぶことが

自分を励まし

鼓舞しているということ。





0817-4-2016.jpg





豆太郎を亡くしたばかりのころ

私は豆太郎の名前を呼んで

泣いてばかりいたけれど

時が経つとともに

涙するばかりではなく

感謝の気持ちや笑顔を伝え

そしていつしか

自分を励ますおまじないの役割

までも果たしてくれていることに

気がつきました。




「豆太郎」と呼ぶと

気持ちが安らぐ。


「豆太郎」と呼ぶと

頑張らなくちゃと思える。


「豆太郎」と呼ぶと

自分の心が生き返る。





0817-5-2016.jpg





もしかしたら、祖母も

大切な名前を呼ぶことで

ともすれば

しおれてしまいそうな心を

励まし、慰め、奮い立たせて

いたのかもしれないと・・・・・



あのころの祖母の姿と自分が重なって

そんな風に感じている今日この頃です。



☆愛しい名前が与えてくれる力に感謝☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



突然に背中が痛み始め

痛みはどんどん強くなって

立っても座っても横になってみても

背骨が真ん中で折れそうなズギズキとした痛みに

どうにもこうにも耐えきれず

土曜日の夕方に病院へ駆け込みました。



病院で書かされた問診票で

「いつから症状が出ましたか?」と問われ

「 ○月 ○日 から」の答えを埋めるようと

記憶をたどってみれば

始まりは8月11日の夜から。

空欄に8と11の数字を書き込んだとき

思わず声をあげそうになってしまいました。

8月11日・・・・・。

考えてみれば背中の痛みは

豆太郎の月命日の夜から始まったものでした。




そして、ようやく納得しました。

あぁ、だからなんだって。





0815-1-2016.jpg





すっかり忘れていたけれど

私はふだん、とても鈍感で

いわゆる霊感とかは全くないのですが

子供のころからごくたまに

あの世とこの世が近くなるとき

体調を崩すことがありした。

たとえば祖父母のお葬式とか

お彼岸とかに。




だから今回の背中の痛みも

彼岸と此岸が近くなった

お盆のせいなのかなぁって・・・・。

あの世とこの世が通じて

豆太郎が戻ってきてくれた

「ただいま」のシグナルなのかなぁって。




思えば、私がお願いしたことでした。

去年の11月11日に虹の橋へ旅立った

豆太郎が戻ってくる新盆を

私はもう7月の終わりから楽しみにしていて

8月の11日の月命日には

せっかくなら月命日からお盆が終わるまで

ずっとウチにいて欲しいと

奮発したカルビの焼き肉を

豆太郎の祭壇にお供えしながら

お願いしていたのでした。




だから豆太郎が

私のワガママを聞き入れて

月命日から戻ってきてくれたのかなぁ?って

たまに敏感になる私の体質が

それを察知したのかなぁ?って


なんの根拠もありませんが・・・・・・

今回の体調不良が

私にはそんな風に思えてなりません。





0815-2-2016.jpg






結局、背中の痛みの原因は

検査しても分からずじまい。

痛み止めの注射と点滴を受けて

ひと晩眠った今朝は

あんなに痛くて立てなかったのが

ウソのようにピタリと治ってしまいました。



そしてようやく今日から

豆太郎のお盆が始まりました。



オヤツを買って果物をお供えして

そして、「ただいま」の合図を送って

気づかせてくれたお礼に

上ロースの焼き肉も奮発しました(笑)





0815-3-2016.jpg





残念ながら

ふだん通りの鈍感に戻った私は

豆太郎の気配も姿も

感じることはできないけれど・・・・・

たぶん、豆太郎はここにいて

私やそら豆の傍に

寄りそっていてくれるのだと

思っています。



裏庭のブルーベリーを食べたり

お気に入りだったクッションに

横になったり・・・・・・

もしかしたら

冷蔵庫の中を覗いて

つまみ食いしているかも?なんて想像すると

とても楽しい気持ちになります。





0815-4-2016.jpg





そして・・・・・・。



欲をいえば豆太郎が

お盆に帰るおウチをもたないお友だちを

可愛いシッポの天使たちのことも

ウチに招いてくれればいいのに、な~んて



欲張りですが。。。

そんな風に思っているお盆の夜です。



☆おかえり豆太郎、ありがとうね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



いつもより少し早起きして

山の近くを散歩していたら

クワガタ君に出会いました。






0809-10-2016.jpg





あっ、違った違った(笑)



この子です!

大きなハサミをもった

本物のクワガタムシです ( ̄w ̄) 





0813-1-2016.jpg





子供の頃は夏になると

よく早朝の山に採りにいったものですが

今はホームセンターで手に入れるのが

当たり前の時代。





0813-2-2016.jpg





自然の中で生きる彼らの

本来あるべき姿を見ると

なんだか嬉しくなります。





0813-3-2016.jpg





そういえば

何年か前の夏にも

朝の散歩でクワガタ君に出会いました。





0813-4-2016.jpg





あの時は

私の傍には豆太郎がいて・・・・・。



バリ島では見ることが無かった

はじめて出会うクワガタムシに

大きな目を

もっと大きく見開いて

不思議な形をした虫を見ていました。





0813-5-2016.jpg





何度目かの夏が巡って

またクワガタムシを見つけた夏。

同じようなシチュエーション。

同じような夏の虫。



ただ、違うのは

あの日

目をまん丸くしていた豆太郎が

今はもうお空のワンコに

なってしまったことだけれど・・・・・・・





0813-6-2016.jpg





思いがけず開かれた

懐かしい記憶の引出し・・・・・

可愛かったあの日の豆太郎の姿を

思い出させてくれた

クワガタ君に感謝した朝です。



☆ハサミに噛まれそうになったよね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



うだるような日中の暑さが過ぎて

少し吹き始めた風が心地いい

夏の夕暮れ道を歩いていると

あぁ、この風を

豆太郎にも伝えてあげたいと思います。





0811-1-2016.jpg





近所のお宅の庭先で

大きく咲いたヒマワリを

豆太郎にも見せてあげたいと思います。




通りがかりの飲食店の換気扇から

美味しそうな匂いが流れてくると

鼻をヒクヒクさせる豆太郎の姿を

つい、思い浮かべてしまいます。




どこかへ出かけるたびに

あぁ、豆太郎と一緒なら・・・と思います。

豆太郎と来たことのある場所も

そうでないはじめての場所でも

ここに豆太郎がいれば・・・と

思わずにはいられません。




誰かと一緒にいても

本当に一緒にいたいのは

あなたじゃないのと思っています。




何をしていても

楽しみきれない自分がいます。





0811-2-2016.jpg






豆太郎が亡くなって今日で9ヶ月。

9回目の月命日を迎えても

相変わらず

私の中心には豆太郎がいます。




どこにいても

だれといても

結局は・・・・・・・

君のことを想ってしまうんだなぁ。




豆太郎。。。



☆なのに、もう会えないのかな?☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日、8月9日パグの日のご褒美に

スイカもらったそら豆 。

ちょっと遅くなりましたが

今年はじめてのスイカです♪





0810-1-2016.jpg





あぐあぐー!




0810-2-2016.jpg




シャリショリ!




0810-3-2016.jpg





頬張りすぎた口から

スイカがこぼれ出ちゃったり(笑)





0810-4-2016.jpg





でも、出ちゃったのは

スイカだけじゃなく・・・・・・




0810-5-2016.jpg





もっと!もっと!とおねだりする

舌舐めずりのベロや・・・・・・





0810-6-2016.jpg





ベッタベタのヨダレ ( ̄ω ̄;)!!



そして・・・・・・





0810-7-2016.jpg





たくさんの

美味しい笑顔も♪





0810-8-2016.jpg





いい顔がたくさん見れた日。



今年のパグの日は

そら豆にとって

スイカ記念日になりました (*'ー'*)



☆明日もまた良い1日になりますように☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



8月9日。

89で今日は 「パグの日」 なんだそうです (*'ー'*)



身近でない方にとっては

ブルドッグと見分けがつかない

鼻ペチャワンコの一種かもしれませんが



なかなかどうして

お茶目で愛嬌者で

知れば知るほど味わい深い

まるでスルメのようなワンコです ( ̄∇ ̄)




0809-1-2016.jpg





そこで今日は、

パグの日にちなんで

プププなパグ写真を載せてみました。

パグ飼いの方もそうでない方も

もっともっとパグ犬を

身近に感じてもらえれば嬉しいなぁ。






【 肉とパグ 】


0809-2-2016.jpg





【 アゴが心配になるパグ 】 


0809-3-2016.jpg





【 授乳パグ? 】 (注:オス犬です・・・)


0809-4-2016.jpg





【 ナースパグ 】


0809-5-2016.jpg






【 夏だぜベイビ~! 】


0809-6-2016.jpg





【 パパイヤ鈴木・・・・・? 】


0809-7-2016.jpg



【・・・ではなく、雷パグ 】


0809-8-2016.jpg





【 夏の虫 その1 】


0809-9-2016.jpg





【 夏の虫 その2 】


0809-10-2016.jpg





【 ダンディを気どるパグ 】


0809-11-2016.jpg





【 恋するおさげのパグ美ちゃん 】 


0809-12-2016.jpg





【 めでたくツーショット❤ 】


0809-13-2016.jpg





お休み前のひとときに

クスリと笑っていただれば幸いです(笑)



☆明日も良い1日でありますように☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



もうすぐ・・・・・

もうすぐ・・・・・お盆。



オリンピックよりも

高校野球よりも

楽しみでなりません。




お空にいるシッポの天使たちは

そろそろおうちに帰る準備を

している頃でしょうか。



何度目かのお里帰りをする子も

はじめての子たちも

みんなみんなシッポを揺らして

心待ちにしているのでしょうか。



大切なシッポたちを見送った

私たち飼い主が

想いを馳せるのと同じくらい

お空の子たちも

その日がくるのを

楽しみにしてくれているのでしょうか。





0808-1-2016.jpg





豆太郎も帰ってくる。

きっと帰ってきてくれる。



そう思うと楽しみで・・・・・



猛暑続きのお天気も

日差しが強ければ強いほど

空が青ければ青いほど

まもなくやって来る

シッポの天使たちの通り道を

明るく強く照らしてくれているように

思えてしまう今日この頃です。



☆早く、早く、戻っておいで!☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



☆ よろしければ続きもどうぞ♪ ☆

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



かけがえのない存在・・・・・

大切なシッポたちを亡くされた皆さんは

眠りの中、夢の中でも

ちゃんとそのことを

認識されているものなのでしょうか?



私はまだ、できていません・・・・・・。





0807-1-2016.jpg





近ごろ豆太郎は

ちっとも夢に出てきてくれなくて

私はなんだかくだらない夢ばかり

細切れにみているのだけれど

そんなくだらない夢の連続でさえ

気持ちは不思議と安定していて

目覚めているときのような

淋しさや悲しさを全く感じないのは

私の夢の中の設定はいつだって

豆太郎が生きていることに

なっているからです。



たとえ姿を見せてくれなくても

あの可愛い顔に会えなくても

どこかに豆太郎がいるという安心感。

豆太郎ありきで構成されている

夢の世界。



だから夢の中では

淋しさや悲しさはちっとも感じません。





0807-2-2016.jpg





けれども目覚めた途端

豆太郎がもうこの世にいない現実と

向き合うことになります。



毎朝、目が覚めると

まず初めに豆太郎に「おはよう」をいいます。

ベッドの中で。横になったままで。



次にベッドから降りて

祭壇でもう1度「おはよう」をいいます。

写真に向かって。遺骨をダッコしながら。



そうして思うことは

あのままずっと

眠っていたかったということ。

たとえ会えなくても

姿は見えなくても

豆太郎がいる夢の中に

ずっとずっといたかった・・・・・。



夢の中に

眠りの中に

大切な忘れ物をしてきたような

なんともいえない気持ちの朝。



そんな風に感じるのは

私がまだ豆太郎の死を

ちゃんと受け止められていないから

なのでしょうか?



☆現実逃避しているのかなぁ。。。☆

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



マダニ媒介性の感染性疾患である

エールリヒア症の疑いがあったそら豆。



ただPCR (ポリメラーゼ連鎖反応法)検査では

陽性反応がきちんと確認できず

見切り発車のようなかたちでこの一ヶ月

エールリヒア症の治療薬である

ヒブラマイシンという抗生物質を

服用してきました。(→☆





0806-1-2016.jpg





あれから、ひと月。

お薬の効果が出ているのかどうか

血液検査を受けるため

動物病院にいってきました。



ちょっと大げさですが

そら豆と私にとっては

吉と出るか?凶とでるか?

天のお告げを聞くような気持ちで・・・・・。






そして結果は。。。





0806-2-2016.jpg





グロブリン値の低下、貧血の改善、

血小板数の増加などなど

かなりの症状が改善しており

嬉しい結果となりました!



そら豆がエールリヒア症だったとすれば

日本にはないこの病気を少なくとも

バリ島に住んでいた

5年以上前から保菌していたと考えられ

病気はすでに慢性期に入って

骨髄の奥のほうにまで菌が入り込んでいる

可能性もあったから

たとえ投薬治療をしても芳しい結果が

出ないことも十分に予想されていただけに

先生も予想以上に良い結果が出たと

褒めてくださいました。



もちろん、

まだまだ完全に快復とはいきませんが

それでも、これまで赤点ばかりだった

血液検査の結果を思えば

ずいぶん基準値に近づいてきているかな?と。





0806-3-2016.jpg





今さらですがマダニの感染症とは

本当に怖い病気だなぁと思います。


知らないうちに感染して

大きな症状もないまま

静かに進行していく怖さ・・・・・。



少なくともそら豆の場合は

病院に駆け込むような症状は記憶になく

あったとしても数日の下痢や元気の消失・・・

感染時の初期症状を

軽度の体調不良として

私は見過ごしてしまいました。



エールリヒア症は日本にはない病気だけれど

同じように生き物の細胞内に入り込んで

宿主の身体を蝕む感染症として

有名なバベシア症は

日本でも多く確認されている

マダニ媒介性の感染性疾患。



そら豆は散歩中に草むらに入ったり

クンクンするのが好きなの子なので

これからは今まで以上にノミ・ダニ予防を

しなくちゃと胆に銘じている次第です。





0806-4 2016





このひと月の服用で

ずいぶん効果があったこともあり

もうひと月、

お薬を続けることになったそら豆。



来月検査をするころには

もっともっと良くなって

欲張りですが・・・・・

高グロブリン血症や

エールリヒア症と完全に

サヨナラできることを期待しています。



☆悪い菌を完全にやっつけようね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



連日30度を超える暑さが続き

朝夕のお散歩もなかなかキツイ毎日。





0805-1-2016.jpg





バリ島生まれで暑さには

強いそら豆ですが

それでも散歩から戻ると

さっそくゴロリと横になって

休憩をとりはじめます。



そら豆も、もう13歳。

いくら暑さには慣れているといっても

だんだん身体がキツくなって

くるのでしょうね。



それでも

最初は荒く胸を波打たせて

ゼイゼイ、ハアハアと

聞こえていた呼吸が

次第に静かになると・・・・・・。





0805-2-2016.jpg





ちょっと心配になって

寝顔を確認しに行ったりします。



ふだんはブーブー寝息をたてる子が

あまりにも静かに眠っていると

なんだか怖くなって・・・・・。



ちゃんと胸は動いているか?

ちゃんと息はしているか?

ちゃんと・・・・・生きているか?



確認せずにはおれなくて。





0805-3-2016.jpg





時には

せっかく眠ってるそら豆が

目を覚ましちゃうことも

あるんですけどね(恥)



それでもやっぱり

様子を確認せずにおれないのは

たぶん、13歳という

年齢のせいが大きいと思います。



シニアのワンコさんとお暮らしの方は

みなさんそうかも知れませんが

いつも頭から「万が一」という

言葉が離れなくて・・・・・。



けれども

心配できること自体が

じつは有り難いことなんですよね。

元気でいてくれるからこそ

できる心配。





0805-4-2016.jpg





さて、明日もまた

暑い日になりそうですね。



ワンコのみなさん

飼い主のみなさん

暑さ対策をしっかりして

お互い夏を乗り切りましょうね。




☆豆太郎のことも、もっと心配したかったよ…☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



散歩中、

空からの落し物を見つけました。





0804-1-2016.jpg





子供の頃は

トリの羽根を見つけると嬉しくて

通学帽子に飾ってみたり

鉛筆の芯を羽根の根元にねじ込んで

お手製の羽根ペンを

作ったりしたものです。


ちっとも書けない

羽根ペンなんですケドね(笑)

外国の映画やアニメに出てくる人が

羽根のついたペンで

スラスラと文字を書く姿に

憧れていました (ーω-)





0804-2-2016.jpg





そら豆もトリさんの羽根、

飾ってみようか?





0804-3-2016.jpg





う~ん・・・・・・

頭に乗せるとなんだか

タヌキの変身みたい(笑)



じゃあじゃあ

ハーネスに飾ってみたら?





0804-4-2016.jpg





うん、なかなか似合う♪


インディアンみたい~





0804-5-2016.jpg





う~ん、どうだろう?

かーちゃんも子供の頃

両手に羽根をもって

ジャンプしてみたことがあるケド

トリさんにはなれなかったなぁ。





0804-6-2016.jpg





でもそら豆は

羽根がなくても

そのままで十分に

トリさんなんだよ~





0804-7-2016.jpg





だって


そら豆は・・・・・・・・



コブトリ! (笑)





0804-8-2016.jpg





ウチの可愛いコブトリ(小太り)さんです ( ̄w ̄) ぷっ




☆珍鳥コブトリ?にポチっと応援を(笑)☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



裏庭のブルーベリーが

旬を迎えました (*´∇`*)





0803-1-2016.jpg





うちのワンコたちにとって

じいちゃんのトマト(→ コチラ☆

と並ぶ、夏のもうひとつのお楽しが

このブルーベリー。





0803-2-2016.jpg





亡くなった豆太郎も大好きで

まだ実が青いうちから

もぎ取っていたっけ・・・・・・。












まだカチカチで

食べても酸っぱかっただろうに(笑)



本当に食いしん坊な

豆太郎でした。





0803-3-2016.jpg





今年のブルーベリーは小粒ですが

味はまあまあ。



そら豆も夢中です♪




0803-4-2016.jpg





ちょうだい、ちょうだい

おかわり、おかわり、と・・・・

実を摘んでいる私の手から

どんどんブルーベリーをくすねていく

泥棒犬  ( ̄‥ ̄) = =3





0803-5-2016.jpg





とはいえ、

目に良いといわれるブルーベリーだから

片目が不自由なそら豆には

ピッタリのオヤツでもあるのですが・・・・・



ただし、

ブルーベリーを食べた翌日はご用心!

うっかり食べさせたことを忘れていると

濃紺のウンPに驚かされ・・・・・

腸内出血したのかも?!と

慌てて動物病院に電話したという

恥ずかしい失敗をしたことも ( ̄□ ̄;)!!




夏になると思い出す

甘くて苦いブルーベリーの思い出です(笑)



☆ヨーグルトと食べるのもお気に入りだったね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



夏のホームセンターが苦手です。



アレを買わなきゃ、コレもないしなぁ

そう思いながらもこの時期

なかなか足が向かないのは

入口付近のけっこう目立つ場所に

カブトムシやらクワガタやら、

夏の虫たちが売られているから・・・・・。



本来なら緑の香り濃い山や森の中を

甘い樹液を求めて

ブンブン飛んでいるハズの子たちが

小さな虫カゴに閉じ込められて

窮屈そうにしている姿が気の毒で

なんだか申し訳ない気持ちになります。





0802-1-2016.jpg





私のカブトムシ。


もうずいぶん前ですが

豆太郎がカブトムシに

変身したときの写真です。





0802-2-2016.jpg





立派なツノで

お気に入りのゾウさんにご挨拶?





0802-3-2016.jpg
0802-4-2016.jpg





クワガタムシもいましたよ。





0802-5-2016.jpg





そら豆クワガタです(笑)




0802-6-2016.jpg






虫カゴにはおさまりきらない

カブトムシとクワガタムシ。


私の傍で

ブンブンと元気よく遊んでいた

豆太郎とそら豆。



あの夏からずいぶん時間が過ぎて

今はもう・・・・・

カブトムシだった豆太郎は天国に

クワガタムシのそら豆も

ずいぶん歳をとりました。





0802-7-2016.jpg





限られた命だから・・・・・・。



出来ることなら

ホームセンターにいる子たちにも

自由に森を飛びまわらせて

あげたい・・・・・・。

小さな虫カゴを見るたび

そう願わずにはおれません。




☆カブトムシ、似合っていたよ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



柔らかくて温かな

この身体のなかに・・・・・・





0801-1-2016.jpg





嬉しい気持ちや

悲しい気持ち

淋しい想いや

楽しい記憶



そして何よりも

たくさんの愛情と

純粋な魂が

宿っているんだと思うと



なんともいえない愛しい気持ちと

なにがあっても大切にしたいと思う決意が

改めて湧いてきます。






0801-2-2016.jpg





急に用事ができて

夜遅くに帰宅したら

ひとりでフテ寝していたそら豆が

気配を感じてムクッと起きて

火がついたように

ギャウンギャウンと怒る姿に



ゴメンゴメンとなだめながら

柔らかくて温かいそら豆の身体を

ギュッと抱きしめて・・・・・・



そんなことを想う

7月最後の夜でした。



☆明日はずっと1日一緒にいるからね☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆