このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



地元の情報誌をみていたら

ヒマワリ畑が見ごろです!

などという

不思議な記事が載っていました。

ヒマワリ?

紅葉も終わりに近づいた

この時期にヒマワリ?



にわかには信じられず

でもヒマワリは1番好きな花でもあるので

見れるものならぜひ見たいと思って

雑誌に書かれていた場所を

訪ねてみたところ・・・・・!?





1130-1-2016.jpg




咲いていました!!


しかも

かなりたくさん w( ▼o▼ )w オオォォ!!




1130-2-2016.jpg



寒空の下

見事なヒマワリ畑が広がっていました。



なんでも9月に植えられたそうで

花は今が見ごろ。

ヒマワリは暑い時期にしか

育たないと思っていたから

かなりビックリ!

秋でもちゃんと育つんですねぇ。

しかも屋外で。




1130-3-2016.jpg




だけど本来は

セミの声を聞きながら

ジリジリとした太陽を見上げて

咲いているはずの子が

冷たい風に吹かれながら

懸命に笑っている姿は

なんだか少し

可哀そうな気もします。



ヒマワリは夏に咲くからこそ

その力強さと美しさが

際立つのかもしれませんね。




1130-4-2016.jpg




そんなことを想いながら

黄色いヒマワリ畑を

眺めていたら・・・・・




1130-5-2016.jpg




薄曇りの空から

天使のハシゴが降りてきて

なんだか

お空の子たちも

珍しいヒマワリを

見学しに来たような・・・・・?



そんな気がした

季節外れのヒマワリ畑でした。



☆豆太郎、ヒマワリはキレイだったねぇ☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今朝のこと。

新聞を読んでいたら

社会面の端っこに小さく載っていた

とある見出しが

目に飛び込んできました。


「 日本パグウォッシュ会議再出発 」



パグ・・・・・?

ウォッシュ・・・・・?




1129-1-2016.jpg




その見出しを見つけた瞬間

私の脳内には



こんなことや・・・・・




1129-2-2016.jpg




あんなことが・・・・・・




1129-3-2016.jpg




ウォッシュされるパグ犬が

お風呂の中でシャカシャカと

泡にまみれて洗われる

濡れたパグ犬のイメージが

猛ラッシュで頭に浮かんで・・・・・



ワクワクしながら

そのパグウォッシュ会議なる記事を

読んでみたのです。

お風呂に入るパグについての

会議ってなんだろう?って。




1129-4-2016.jpg





ワンコ好きの方には

あるあるだと思いますが

例えば本や雑誌や広告のチラシでも

活字の中に「犬」とか

自分ちの子の犬種が載っていると

なぜかその文字を

真っ先に見つけてしまいませんか?

まるでその文字が自己主張でも

しているみたいに。



そんな調子で今朝

私も開いた新聞から真っ先に

「パグ」の文字に目をとめて

続く「ウォッシュ」に

興味をそそられ読み始めた

「日本パグウォッシュ会議再出発」

の記事ですが・・・・・



その内容を読んで

自分のアホさ加減に恥ずかしいやら

知識と教養のなさに情けないやらで




1129-5-2016.jpg




考えてみれば

パグの会議が新聞に載るはず

ありませんよね。

しかも社会面に・・・・・。



パグウォッシュ会議とは

核兵器と戦争の廃絶を目指す

科学者らの国際団体による会議で

その日本組織が体制を強化して

再出発した、というのが記事の

内容でした (;´▽`A``

パグ犬もお風呂も無関係・・・・・。



ああ、恥ずかしい (6 ̄  ̄)ポリポリ




1129-6-2016.jpg




ちなみに「パグウォッシュ」とは

カナダ南東部ノバスコシア州にある

村の名前で、第一回目の会議の

開催地だったそう。



初めて知った地名ながら

一気に興味と親近感が湧いて

機会があればぜひ行ってみたい!

そう思いながら

泡まみれのパグ犬のイメージを

カナダの小さな村のパグ風呂を

密かに期待している

懲りない私です・・・・・。



☆でもお陰でいい勉強になりました(笑)☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



少し前からそら豆が

ときどきムセるような咳き込むような

様子をみせるようになったんです。

突然「カッ!カハッ!」と

タンを吐くような仕草で。



気になったのでかかり付けの先生に

診ていただいたところ

加齢による気道の変形

軽い気管虚脱が原因だろうとのこと。

とくにそら豆くんは

首にたっぷりお肉がついているから

少し気道が狭くなっています

ですって・・・ Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン




1128-1-2016.jpg




そんなワケでそら豆

現在絶賛ダイエット中!

万年ダイエッターのそら豆ですが

今回は本気!大本気!!

気道がこれ以上狭くならないよう

気合いの入ったダイエットです。



ふだんは手づくりゴハンだけれど

今回はキッチリとカロリーを

コントロールできるよう

先生から勧められたダイエットフード




1128-2-2016.jpg




ロイヤルカナンの

「満腹感サポート スペシャル」に

お世話になることにしました。


ふつうのフードに比べると

かなりの低カロリー。

満腹感サポートって名前も

心強いです!しかもスペシャル(笑)




1128-3-2016.jpg




若い頃ならたくさん遊んで

たくさん運動もできたから

ダイエットも比較的楽だったんですけど

運動量がうんと減ってしまう

シニアになってからはなかなか・・・。


無理もさせられないから

どうしても食事制限での

ダイエットになってしまうのは

ちょっと可哀そうですが

身体のためには仕方ない。

満腹感をサポートしてもらって

頑張って痩せようね、そら豆。




1128-4-2016.jpg




ところでロイヤルカナンさん

ニンゲン用の

満腹感サポートのフードって

ないものですかね?


食欲が止まらない私のおなかも

ぜひ満腹感をサポート

して欲しいのですが・・・ (6 ̄  ̄)ポリポリ



☆人もワンコもシニアのダイエットは大変・・・☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



たとえば、

見た目とっても怖そうなオジサンが

じつは愛犬家だったり・・・・・


しかもその愛犬ちゃんが

超キュートな小型犬で

いつもフリフリの可愛いお洋服を

着せてもらっていたり・・・・・


さらにその怖そうなオジサンが

愛犬ちゃんとお散歩するときに

持っているお散歩バッグが

これまたなんともラブリーな

代物だったりしちゃうと・・・・・



もぉ堪りません!!

思わず顔がニンマリしちゃいします。

ギャップ萌え (*´∇`*)




1126-1-2016.jpg
*写真はイメージです




じつはね、いらっしゃるんです。

そら豆との散歩中

ときどき見かけるオジサンが

まさにそう!



背が高くてガタイがよくて

おまけにスキンヘッド。

ヤンチャ系のファッションで

はじめて見たときは

歩道の先にいるその人の側を

通るの嫌だな~と思ったものですが

お連れのワンコさんが

なんとも可愛らしくて♪




1126-2-2016.jpg




だいぶお顔が白くなった

シニアちゃんですが

ぽてりぽてりとした足取りで

ときどきオジサンの怖~い顔を

見上げながらニコニコ

歩いているんです。



もぉ~堪りません!

全然知らない人だケド

見た目はとっても怖いケド

でもこのオジサン、

きっといい人なんだろうな~

優しい人なんだろうな~って

無条件に思っちゃいます。

見た目が怖くて

お連れのワンコさんとの

ギャップが大きい分

余計にそう思えちゃう!

だってワンコ好きに

悪い人はいないもの・・・多分(笑)




1126-3-2016.jpg




ところで、そら豆にも

ちょっとしたギャップが・・・・・!



どて~んと太った

立派なオジサン体型ではありますが

見た目と違って案外

高い声をしているんですよ。










もしもそら豆がニンゲンになったら

安田大サーカスのクロちゃんみたいで

ちょっとウザいかも・・・・(笑)



☆でもこの声が堪らない~♪☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



お空のキャパシティは

どれくらい大きいのでしょうか?

先立った動物たちが

飼い主を待つという虹の橋のたもとは

どれほど広いのでしょうか?



今日また1頭のワンコさんが

お空に旅立ちました。



花火くん。



昨年、お兄ちゃんの永吉くんを亡くし

緑内障で右目を失いながらも

大好きなパパやママを小さな体で

懸命に支えて・・・・・

今朝、お空に旅立たれたそうです。


1125-1-2016.jpg




命あるものはいつか

その役目を終える日がくる・・・・・。



分かっているつもりだし

私の豆太郎も去年

そうして旅立っていったのだけれど



だけど・・・・・

そろそろ・・・・

お空は満員になりませんか?

虹の橋のたもとは

いっぱいなのではありませんか?

虹の橋が折れちゃわないうちうに

しばらくお空への引越しは

中止にしませんか?



それが叶わないのなら

神様どうか

花火くんを飛びきり優しく

ダッコしてあげてください。

いい子だね、頑張ったね、って

褒めてあげてください。



花火くんは明日

そちらに着きます・・・・・。



☆花火くんのご冥福をお祈りいたします☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



急に気温が下がって

朝から冷たい北風が吹いた今日。

でもお天気はそれほど悪くなくて

窓からは明るい日差しが

差し込んでいました。



そんな窓際を陣取っていたのは




1123-1-2016.jpg




そら豆。


日ごろ勤労も感謝も

見受けられない?そら豆ですが(笑)

それでも勤労感謝の今日は

朝から祝日モード?!




1123-2-2016.jpg




座椅子にどで~んと陣取って

そのうちぐで~~んと

ミョーなカーブを描いて

寝こけておりました。




1123-3-2016.jpg




ねえねえ、

頭ズリ落ちてるケド大丈夫?




そら豆がいる

窓際の座椅子は

長らく豆太郎の指定席でした。




1123-4-2016.jpg




窓際のこのお気に入りの席で

豆太郎は昼寝したり

オモチャをカミカミしたり

していました。




1123-5-2016.jpg

1123-6-2016.jpg




けれど去年

豆太郎がお空に旅立ってから

いつの間にかそら豆が

そこに乗っかるようになり

今ではすっかりそら豆の

指定席となりました。



まるで豆太郎が

そうしていたように・・・・・。



豆太郎のお気に入りの場所を

受けついだそら豆。

豆太郎と同じ場所で

時間を過ごすようになったそら豆。



そら豆の丸いシルエットを

眺めていると

在りし日の豆太郎の姿と重なります。

豆太郎と同じ日向の匂いがします。




1123-7-2016.jpg




そうして私は

少しだけそら豆の身体を借りて

豆太郎を抱きしめている心地を

味あわせてもらい・・・・・

そうすると

豆太郎とそら豆

フタリをこの手にいっぺんに

抱きしめているような

幸せな気持ちになれるのです。



☆フタリとも同じ日向の匂いがするよ☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆





このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



可愛いお友だちに

会いに行ってきました。




1122-1-2016.jpg




ペットロスのブログで

多くの方に支持されている

「ペットロス日記~美犬伝説~最愛のすずへ」

管理人のすずママさんと

愛犬のこすずちゃんに

お会いする機会に恵まれました。




1122-2-2016.jpg




ランチして

おしゃべりして

今が見ごろのイチョウの黄葉を




1122-3-2016.jpg




仲良く頭にのっけて

お散歩したりと・・・・・




1122-4-2016.jpg




とても楽しい時間を過ごしました。




1122-5-2016.jpg





思えば10年前

豆太郎とそら豆との日常を

記録しておきたくて

ブログをはじめてから

たくさんの方と知り合う機会に

恵まれました。

当時バリ島から発信していたブログに

海の向こうからたくさんの方が

訪問してくださり

なかには豆太郎とそら豆に会いに

わざわざ海を越えてバリ島まで

お起こしくださった方も。

日本に帰国してから長くブログを

お休みしていた時期もありましたが

今なお

お付き合いさせてもらっている方も

いらっしゃいます。




1122-6-2016.jpg




そうして

豆太郎を亡くしてから

忘れたくなかった豆太郎の晩年や

最期の様子を遺しておきたくて

長らく放置していたブログを

もう1度書き始めることによって

私はまた

たくさんの方と知り合う機会を

与えられました。

豆太郎が結んでくれたご縁で・・・。



そして、ともすれば沈みがちで

後ろ向きになってしまう毎日も

ブログへ寄せて下さるコメントや

励ましのお言葉に救われたり

心を温かくしています。




1122-7-2016.jpg




豆太郎と過ごした時間

私は本当にたくさんの

かけがえのないものをもらったけれど

亡くなってからもなお

与えられている・・・・・。



そんなことを考えながら過ごした日。

豆太郎からもらった

プレゼントの1日でした。



☆私はどれだけお返しできただろう?☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今朝、目が覚めたら

窓が真っ白だったので

結露したのかと思って窓を開けたら

なんと濃い霧が出ていました w(*゚o゚*)w


しばらく待ってみたけれど

霧はなかなか晴れなそうになかったので

レインコートを着て

そら豆と朝のお散歩へ。




1121-1-2016.jpg




白く霞んだ町を歩いていると

馴染みの散歩コースが

いつもとは違う景色にみえるから

不思議です。




1121-2-2016.jpg




朝のお勤めをする

そら豆の丸めた背中さえ

ちょっと幻想的(笑)




1121-3-2016.jpg




田舎町ながらそれでもふだんは

通学する子供たちや

車通りがあるけれど

日曜の朝で、しかも濃い霧が

出ているせいもあってか

道には人通りがまったくなくて

シ~ンと静まり返った

白い世界を歩いていると

なんだか別の世界へ

迷い込んでしまったよう。




1121-4-2016.jpg





白い道。

白い世界。



もしかして

あの世へたどり着くまでの道のりも

こんな白い世界なのでしょうか?

そうして

白く霞んだ道の先に射す

かすかな光を目指して

歩いてゆくのでしょうか?

お空に昇った豆太郎も

こんな白い道をひとり

歩いたのでしょうか?





1121-5-2016.jpg





そんなことを考えながら

歩き続けた霧の朝。



豆太郎がたどり着いた光の先へ

いつか私も行けますようにと

願いながら・・・・・。



☆光の世界は幸せなのでしょうね☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



少し前になりますが

そら豆と歩く朝の散歩コースに

新しい喫茶店がオープンしました。




1120-1-2016.jpg




以前はお好み焼き屋さんを

やっていたお店がもう何年も

空き店舗になっていて

ある日、

道路に面したガラス窓の内側に

脚立が数台並んだので

改装でもするのかな?と思っていたら

1週間もしないうちに

新しい看板がかかって

喫茶店に変身しました。



ただこの喫茶店、

ちょっと謎な部分がありまして




1120-2-2016.jpg




コーヒー&ライター?


近ごろの喫茶店やカフェは

たとえば本屋さん&カフェとか

フラワーショップ&カフェとか

異業種とコラボしたお店も

多いけれど・・・・・

ライター??

でも、外から覗く限り

それらしき商品棚はないし

展示しているスペースも

見当たらないんです ( ̄へ ̄|||) ウーム

もしかしてコーヒーを飲みながら

高級ライターを品定めするって

趣向なのかしら?

純金製の金ピカのライターとかを??



しかも喫茶メニューが

これまた謎で・・・・・




1120-3-2016.jpg




売りであるコーヒーは

1杯100円!!


さらにフードメニューは

チキンライス 350円

ナポリタン 350円

ビーフカレーも 350円

トーストにいたっては100円と

どれも超激安!!

500円あればゴハン食べて

コーヒー飲んでもまだ

お釣りが来ちゃう信じられない

お安さなんですけど

あまりにも安いぶん

なんだか不安で・・・・・

じつはどのメニューも

ひと口サイズだったりして??




1120-4-2016.jpg




そんなワケで

興味は大いにあるけれど

まだ1度も入れていない

入る勇気がないこのお店。

安さに魅かれて入ったら最後

高級ライターを買うまで

出られないんじゃないかと

思ったりして (6 ̄  ̄)ポリポリ



後日もしも私が

「高級ライターを買っちゃいました」

な~んてブログに書き出したら

どうか笑ってやってください(笑)



☆じつはとっても良心的なお店かも?☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



とても嫌な夢をみました。



私は自宅の部屋にいて

ベッドにいる豆太郎を抱き上げようと

悪戦苦闘していました。



豆太郎の姿は

クッシング症候群が進んで

ぐったり弱っていた

晩年の豆太郎でした。




1119-1-2016.jpg




ベッドの隅

壁際に横たわったまま

私を見つめている豆太郎に

おいで、と腕を広げると

豆太郎はこちらに来ようと

立ち上がるのですが

足元がおぼつかなくて

尻もちをついてしまう。

何度も何度も転んでしまう。

ようやく立ち上がったかと思うと

今度はマットレスと壁の隙間に

脚をとられて挟まって・・・・・

そんなことを繰り返していました。



私はなぜか

ベッドへ乗ることができなくて

転んだり挟まったりしている豆太郎へ

腰を折って必死に腕を伸ばしていました。



そしてようやく

本当にようやく腕が届いて

豆太郎をしっかりダッコしたら

なんと豆太郎も

私を抱きしめてきたのです。

背中にまわる腕の感触。

少しずつ締めつけられる感覚。



けれど私は

自分の背中にまわされたのが

太短い豆太郎には似つかわしくない

やたらと冷えて長細くコツコツとした

まるで骸骨の腕のような感触で

あることに気づきました。

その違和感が何なのか確かめようと

自分の背後へと視線を向けたら・・・・・



ドクロがニヤリと笑って

驚いた私はギャッ!と叫び

抱いていた豆太郎の身体から

力を抜いてしまった瞬間

ハッと目が覚めたのでした。




1119-2-2016.jpg





目覚めは最悪でした。

それはヘンな夢をみたからではなく

ドクロなんかに驚いて

豆太郎の身体から

力を抜いてしまったから。

骸骨なんか怖くないのに。

豆太郎が小さな壺におさまった日から

骨はむしろ私にとって身近で

親しい存在になったのに・・・・。



どうしてあのまま

豆太郎だけを見て

豆太郎の身体だけを

抱きしめ続けなかったんだろう?

そうしたらもっとその先に

行けたかもしれないのに。

豆太郎のいる場所に

連れて行ってもらえたかもしれないのに。

いくじなしの自分に

腹がたちました。



ようやく腕の中に捕まえた豆太郎を

また手放してしまった自分が

情けなかった朝。

自己嫌悪から始まった朝でした。



☆今度は絶対に離さないから・・・☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



もうスッカリ忘れていたのに

何かの拍子に突然記憶の引出しが開いて

思い出すってこと、ありませんか?



夕方の散歩のとき

隣あわせたそら豆と私の長く伸びた影

を見ていたら、ある記憶が

突然よみがえりました。



そういえば昔、

誰かがご自分の愛犬のことを

「まるで影のよう」と云っていたなぁと。

そして、たしかそのことを

ブログに書いたなぁと。




1118-1-2016.jpg




で、「影」というキーワードを手掛かりに

ブログの管理ページから過去の記事を

探してみたら・・・・ありました!!

2006年12月15日

今から約10年前に

「 ライク・ア・シャドウ 」 というタイトルで

そのことを書いていました。



・・・・・涙がでました。

自分の書いたブログで泣くなんて

かなり恥ずかしいことだけど

そこには10年前の私たちがいて

まだバリ島で暮らしていた

5歳の豆太郎と3歳のそら豆の

生き生きとした姿が

切り取られていました。



以下、当時の日記を転記してみました。

少し長くなりますが

よろしければ見てやってください。



****************

2006年12月15日



先日、シンガポールからいらしたという

お客さまとお話していた時のこと。

嬉しいコトにその方もお国でパグちゃんと

暮らしてらっしゃるそうで、ついつい

うちの子談議

花を咲かせていたのですが・・・・・・

その方がご自身の愛犬を称して

こうおっしゃいました。



「あの子はね・・・まるで私の だわ!

だって、私の行くところなら

どこへでもついて来るんですもの!」



なるほど、甘えん坊の愛犬ちゃんを

上手いコト喩えるものだと感心しながらも

さて?うちのパグっぽたちはどうだろう?

と考えてみれば

私の後からどこへでもくっついてくるのは

同じだけれど

決して影には成りえない!

そう結論に達しました。




だって・・・・・




これは今朝のはなし。

珍しく気が向いたので、庭の草むしりなんぞを

始めてみたところ・・・・・



1215-1r




少し遅れて庭へ下りてきたそら豆↓ は・・・・・




1215-2





わたしの行動に興味シンシン 

なのはいいけれど・・・・・




1215-3





あ~あ、なんでワザワザ そこに

脚を置くかなぁ・・・?! 




1215-4





でもって、

なんで集めてある草を・・・・・




1215-5





ワザと、鼻で押したりするかなぁ・・・・・?! 



ねぇ?そら豆、かぁちゃんは

草むしりで忙しいんだよ?




1215-6





だからね!かぁちゃんの足に

アゴ乗せないのっ!!! 




1216-7





太ももでくつろがないのっ!! 



 あ゛・・・・
 



1215-8




まっ、豆太郎↑ は なぁに??



1215-9




オマエもかよっ!!!



あ゛ぁコラ!!

そら豆↓は、かぁちゃんの・・・・・

 


1215-10





尻のニホイをかがない~っ!





1215-11




もぉ、豆太郎↓ったら ・・・・・



1215





カリカリ して、かぁちゃんを呼ばないっ!!

 


1215-13





はぁぁ・・・・・




だ・か・らっ!!


  

1215-14





そら豆ぇ・・・

サンダルを押さえないでよぉ・・・ 




1215-15





豆太郎↓シツコイよ!

コレぢゃ、草むしりがはかどらない・・・・・

 


1215-12





・・・・・って、

ヒトの足踏むなぁぁぁぁ~~!!




1215-17





あ~あ、せっかく涼しい時間に

草むしりしちゃおうと思っていたのに・・・・・

 


1215-18





こんな風に・・・・・・・




1215-19





つきまとわれたんぢゃ・・・・・・





1215-20





見つめられたんぢゃ・・・・・・・





1215-21





はぁ・・・・・仕方ないなぁ。。。 



ぢゃぁ、みんなで・・・・・




1215-22





遊ぼっか♪♪♪ 





1215-23





そう・・・・・(笑)

私がパグっぽたちを呼べない理由。


だってパグっぽたちは、あまりにも

自己主張するんですもの!

影と呼ぶにはワガママすぎる・・・・・



影は・・・そっと静かに 家主へ寄り添うもの。

気づけばそこにある、そんな存在。




きっと、シンガポールで

彼女の帰りを待っているワンコは

キチンと躾の行き届いた子なのだろう。

間違ってもうちのパグっぽたちのように

うるさくつきまとったりは

しないんだろうなぁ・・・・・

な~んて、彼女の愛おしそうな話しぶりから

そんな風に感じました♪




ちなみに、彼女のパグちゃんのお名前は

「 ギズモ 」。
 
パグという犬種にはあまりにも

ピッタリくる可愛いお名前でした♪うふふ。




けっして静かな影ではないけれど

まるでインドネシアの影絵芝居

「ワヤン・クリット」みたく

自由自在に動き回る私の愛しい影たちも

なかなかどうして悪くない!

そんな親バカにひたる朝。

南の楽園に暮らすパグっぽたちは

今日も元気です!




****************



10年前の私たち。

10年前の豆太郎とそら豆。



あの日、

私にタコのオモチャを差し出した

豆太郎は今はお空のワンコになり

13歳になったそら豆は

寝てばかりいるおじいちゃん犬に

なってしまったけれど・・・・・



だけどやっぱり影じゃない。

10年後の今でも

私にとってフタリはけっして

影のような静かな存在ではなく

相変わらず個性的で

グイグイと自己主張をしてくる

光のような存在。



そして10年たっても相変わらず

私はこのキラキラの光たちが

愛おしくてたまらないのです。



☆みんな10年分若かったね~(笑)☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今日はいつもより少しだけ早く

帰宅できたので

まだ日のあるうちからそら豆と

散歩に出ることができました。




1117-1-2016.jpg




秋の日はつるべ落とし。

いつもの時間に帰宅しても

近ごろは薄暗い中での

お散歩になってしまっていたので

早く帰れる今日は

そら豆とゆっくりお散歩しようと

決めていました。



先週は豆太郎の一周忌だったこともあり

ふだん以上にメソメソしたり

豆太郎の祭壇の前に

いることが多かったので

そら豆孝行と罪滅ぼしも兼ねて。




1117-2-2016.jpg




ほとんど人が来ない穴場の遊歩道。

しばらく来ないうちに

ススキが穂をたれて

すっかり秋の風景になっていました。




1117-3-2016.jpg




ところでワンコって

わざと落ち葉を踏んで

カサカサ鳴らしたがりません?




1117-4-2016.jpg




わざわざ落ち葉のある場所を

選んで歩いてみたりとか。











うちは豆太郎もそら豆も

カサカサ音が好きらしく

今はお空で天使になった豆太郎も

毎年秋には落ち葉を鳴らして

得意気な顔をしていました。




1117-5-2016.jpg

1117-6-2016.jpg




豆太郎と歩いた秋も

そら豆と歩く秋も

落ち葉がたてる

カサカサという音がBGM。



フタリの愛しい8本の脚が

賑やかに秋の音を

奏でていた頃を想うと

ずいぶんと静かになってしまったけれど




1117-7-2016.jpg




気持ちはかわらず

サンニンで

ひとりと二頭で歩いている・・・・・

そんな秋のお散歩でした。



☆今年はお空の落ち葉で遊んでるの?☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎の一周忌を迎えて

あふれる感謝や止まない後悔

恋しさや淋しさ

悲しい気持ち

いろんな想いでいっぱいの

私ですが・・・・・



私が豆太郎を想うのと

同じくらい

きっと、そら豆も

この1年

豆太郎のことを想っていたのだと

思います。




1116-1-2016.jpg




豆太郎がいた頃

一緒に眠るベッドでのそら豆は

私と豆太郎にオシリを向けて

ひとりでノビノビと眠っていたけれど

豆太郎がお空にいってから

いつの間にか

生前の豆太郎のように

豆太郎がそうしていたように

私と同じ枕に頭をおいて

隣に眠るようになりました。



朝、仕事に出かける私を

いつまでも見送るようになりました。


夕方、帰宅する私を

仁王立ちして待つようになりました。


晩年の豆太郎がお気に入りだった

座椅子を好むようになりました。



まるで

かつての豆太郎を真似るように。

豆太郎の仕事を

引き継ごうとしているかのように。




1116-2-2016.jpg




そんな姿をみていると

言葉では語らないそら豆の

そら豆なりの

哀悼の意の表し方であり

淋しさの現れのように

思えてなりません。



私にとって豆太郎が

親友であり

家族であり

パートナーであったように

そら豆にとっても豆太郎は

かけがえのない

父犬であり

親友であり

相棒であったのだから。




1116-3-2016.jpg




大切な存在を亡くしたのは

自分だけではなく

そら豆もまた

かけがえのない存在を失い

悲しんでいることを

決して忘れてはならないと

胆に銘じる

一周忌でもありました。



☆豆太郎、そら豆は頑張ってるよ☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



68年ぶりに地球に大接近するといわれた

スーパームーン。

オオカミのように月に吠えたくなる

見事な満月が望めるかと期待していたのに

お天気は午後から雨ふり。

残念ながらスーパームーンは

見れませんでした。




オオカミのように立派ではないけれど

豆太郎も遠吠えをしていたそうです。


私が聞くことは

ついに1度もなかったけれど・・・・・。




1115-1-2016.jpg




あれはクッシング症候群が進んで

少しずつ身体が弱り始めたころでしょうか。

ある日、仕事から帰宅した私に

母が教えてくれました。

朝、私を見送ったあと

豆太郎が玄関で遠吠えをしていたと。



聞きちがいじゃないの?

最初私はそういいました。

だって豆太郎と暮らしてきた十数年

遠吠えする姿なんて1度も

見たこともなかったし

声だって聞いたことなかったから。

けれど、その後何度も母からは

遠吠えの報告を受けました。



鳴くのはたいてい朝。

私が仕事に出かけるのを

見送った豆太郎は

そのあともしばらく

玄関ドアを眺めて座り続け

そうして遠吠えをはじめるのだそうです。

目をショボショボさせながら

ウォォ・・・ン。

ウォォ・・・ンと

途切れ途切れの小さな声で

悲しそうに。



母が豆太郎のマネをしながら

鳴いてみせてくれました。




1115-2-2016.jpg




毎朝出かける私を見送る豆太郎は

少し淋しそうではあったけれど

駄々をこねたり外出準備の邪魔したり

することは1度もなかったのに・・・・。

じつは我慢していたんだと思うと

豆太郎に申し訳なくて涙がでました。

ゴメンねと何度も謝りました。



けれど仕事を辞めるわけにもいかず

その後も私は毎朝出かけました。



母からは1度休みの日にでも

出かけるフリをしてこっそり

ドアの外から聞いてみれば?と

いわれたけれど・・・・・。

そんなことをして豆太郎に

余計な淋しい思いや遠吠えは

させたくなかったので

結局、

私は豆太郎の遠吠えを

聞く機会は1度もありませんでした。

気弱な姿を私には見せることなく

豆太郎は逝ってしまいました。




1115-3-2016.jpg




今は私が遠吠えをしています。

豆太郎を想って

空を見上げて

豆太郎、豆太郎と名前を呼んでいます。

あの日・・・・・・

私を見送っていた豆太郎は

こんな淋しい気持ちを

抱えていたのだろうかと

苦しく想いながら・・・・・。



☆かーちゃんの遠吠え届いてますか?☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



2015年11月13日

1年前の今日は

豆太郎のお葬式でした。



肌寒い薄曇りの天気のなか

湖を見下ろす山の上の火葬場で

豆太郎を

豆太郎の身体を

お空に帰した日でした。




1113-1-2016.jpg





私を見つめてくれた瞳も

甘栗のような鼻も

ツルツルとした肌触りの耳も

シナモンロールのようなシッポも

ラクダ色の毛皮も

少し短い手脚も

豆太郎の魂と一緒に

お空に帰しました。




クッシング症候群に侵され

弱り切った身体を

豆太郎はさっぱり脱ぎすてて

身軽になってしまったけれど

私は・・・・・。

たとえ動かなくても

目を開けてはくれなくても

出来ることなら

許されるものならば

ずっとずっと

傍においておきたかったけれど・・・・・。



そうして豆太郎は

粉々になった骨の欠片を少しと

オデコがぽっこり膨らんだ

それだけは豆太郎の名残のある

小さな頭蓋骨だけを遺して

お空に昇っていったのでした。




1113-2-2016.jpg





あの日以来

私の胸には少し持ち重りのする

ちょっとネジに似た形をした

ペンダントが揺れています。

豆太郎が遺していってくれた

小さな小さな骨の欠片を収めた

遺骨ペンダント。



肌身離さずつけているから

ふだんは身体の一部のようだけど

何かの拍子にぷらりと揺れて

存在を主張してきます。

それは

豆太郎の分身がいてくれるような

安心感であると同時に

もういない現実を

つきつけられてるようでもあって

ちょっと複雑なんだけれど・・・・・。




1113-3-3-2016.jpg




お葬式の日以来

けれどこのペンダントは

私にとって大切な

お守りであり道しるべとなりました。



ある日突然私の命が尽きても

どこでどんな終わりを迎えたとしても

きっとこのペンダントが豆太郎の所へ

連れていってくれる・・・・・・

たとえそのとき私の姿が

ヨボヨボのおばあちゃんだったとしても

豆太郎はきっと私だと

気づいてくれる・・・・・・



迷信かも過信かもしれないけれど



そう信じることによって

私はようやく少し安心して

豆太郎のいない日々を生きれるし

この先も・・・・・

自分の命が終わる日まで

精いっぱい生きなくちゃと

思うことができるのです。




1113-4-2016.jpg




豆太郎が

14年と28日を

精いっぱい生きたように・・・・。



☆そしたらきっと迎えにいきます☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



昨日と今日。

ふたつが繋がって

過去になったり未来になったり

ひと続きになって

ずっとずっと

繋がっているように思えた毎日が

ある日突然プツリと途切れて

それまでの昨日と今日が

まったく別物になってしまうことがあります。



私にとって

豆太郎が亡くなった日が

そうでした。




1112-1-2016.jpg




昨日まで

大きな瞳をこちらに向けて

私をみつめていた豆太郎の瞼が

永遠に閉じてしまった日。

温かかった身体が冷たく硬くこわばって

もう、どれだけ呼んでもさすっても

なあに?と応えてくれなくなった日。



たった24時間しか違わないのに。

昨日までいた豆太郎が

今日はもういない。

豆太郎のいない日々が

始まったのでした。



そうして、

穏やかで優しかった昨日から

悲しくて淋しくて・・・・

後悔ばかりの今日になって

後悔の今日が昨日に変わって

また悲しい今日がはじまって・・・・

そんな昨日と今日を繰り返し

豆太郎を失ってから

1年という時間がたちました。




1112-2-2016.jpg




豆太郎がいないこの1年は

去年の今ごろ

豆太郎はああだった、とか

去年の今日

豆太郎とこんなことした、とか

1年前の今日や昨日を

引っ張りだして思い出して

なんとかやってきたけれど



だけど・・・・・・・。



だけど一周忌を迎えた今日からは

去年の今日を思い出しても

豆太郎はもういない。

あるのは亡くなってしまった

豆太郎の姿と

豆太郎のいない日々だけに

なってしまいました。




1112-3-2016.jpg




昨日と今日が途切れた日。

今年の今日もまた

昨日と今日とでは大きく違う

悲しい日となりました。



☆だけど去年の今日も今年の今日も愛してる☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎、

ゆうべ、君の夢をみました。



私は自転車の前カゴに君をのせて

何かから必死で逃げていました。

こいでもこいでも進まない自転車を

それでも必死にこいでいました。

けれど、道には障害物がいっぱいで

おまけに、ハンドルが壊れていたのか

ちゃんと真直ぐ進まない。

そうしてるうちに

自転車を壁にぶつけけてしまい

その衝撃で、前カゴにのっていた

君の頭もコツリと鈍い音をたてて

壁にぶつかってしまいました。



豆太郎が死んじゃう!!

豆太郎が死んじゃう!!



そう叫びながら

君の頭を必死でさすっていたところで

ハッと目が覚めて

現実の世界に戻ってきました。



だけど・・・・・・・。



現実の世界でも

君はもう、亡くなっていました。




1111-1-2016.jpg




豆太郎、

私は夢の世界でも

現実の世界でも

君を守り切れなかった。

ごめんなさい。

君のことを

何よりも大切に思っていたのに。

宝物だったのに。



クッシング症候群で

どんどん弱っていく君を

助けられなかった。



1年前の今日

君の心臓がその動きを

止めようとしていたとき

声をかけてあげることも

撫でてあげることも

抱きしめてあげることも

できなかった。



隣にいたのに。

同じ布団で寝ていたのに。

君の旅立ちに

気づくことができず

ひとりぼっちで逝かせてしまった。

淋しがり屋の君なのに・・・・・。

本当にごめんなさい。

悔やんでも悔やみきれない。

あの日の自分を殺してしまいたいです。




1111-2-2016.jpg




豆太郎、

君がお空にいってしまったこの1年は

だけど

君が私に与えてくれた

数えきれないたくさんのことを

想う1年でもありました。



バリ島で1番幸せなワンコにしてあげる!

仔犬の君にそう約束したけれど

幸せにしてもらったのは

じつは私のほうでした。

君は私にとってかけがえのない

親友であり

家族であり

人生のパートナーとなって

いつも隣りで私のことを見守り

支えてくれました。

感謝してもしきれないくれない

幸せな時間をもらいました。




1111-3-2016.jpg




豆太郎、

君の一周忌の今日

心の中で数えきれない

ありがとうとごめんなさいが

ぐるぐると渦巻いています。

1万回の感謝と1億回の後悔。



豆太郎、

そうして次の1年2年3年・・・と

たくさん時間がたって

いつか・・・・・・。

心の中が

ありがとうで満タンになったら

もう1度、君に会えるのでしょうか?



☆それまで君は待っていてくれる?☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



1年前の今日。

2015年11月10日



豆太郎がこの世で過ごした

最後の1日でした。




1110-1-2016.jpg




朝、いつもは私が起こすまで

ベッドにいる豆太郎が

この日は自分から起きてきて

寝室の真ん中で仁王立ちしていました。



顔を洗って部屋に戻った私は

珍しく自分から起きてきてくれた

ことが嬉しくて

おはようをいいながら

ギュッと抱きしめたら

豆太郎は丸いシッポをピコピコゆらして

応えてくれました。



それからフタリで散歩に出ました。

いつもなら1つ目の交差点で

帰りたがる豆太郎が

この朝は、次の曲がり角まで

歩いたのでした。




1110-2-2016.jpg




夕方は、仕事から帰宅する私を

待っていてくれました。

掃き出し窓の内側から

こちらをガン見している豆太郎の姿・・・。



夕方の散歩はそら豆も一緒に

ひとりと2頭で歩きました。

最後の散歩になるとも知らずに。



晩ゴハンは牛スジと納豆と野菜スープ。

もう以前のようにガツガツとは

食べなかったけれど

それでもゆっくりゆっくり

残さずぜんぶ平らげてくれました。



夜は一緒にテレビを観たけれど

豆太郎はスグに

寝息を立てはじめて・・・・・

11時すぎ庭へトイレにいくまで

うたた寝してたっけ。



ベッドに入ったのはたしか12時ごろ。

着ていたTシャツをツルリと脱いで

裸ん坊になった豆太郎をダッコして

一緒のベッドに入りました。

私の右側に落ち着いた豆太郎。

カラダをポンポンして

おやすみといって眠りにつきました。



そして・・・・・・。



それっきり・・・・・・。



豆太郎が目を覚ますことは

ありませんでした。



豆太郎、

14歳と27日目の日。




1110-3-2016.jpg




1年たった今でも

まるで昨日のことように鮮明に

覚えているのに

もう、

手の届かない時間なのでしょうか?




だけど・・・・・。




もしかして・・・・・。




ちょうど1年目の今夜なら

豆太郎の旅立ちの時刻なら



奇跡が起こって

もう1度豆太郎が

私のベッドに戻って来て

くれるかもしれない・・・・・。




そんな儚い期待をしてしまう

諦めの悪い私です。



☆神様どうかもう1度会わせてください☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ふと見れば

そら豆のベッドにオモチャが!




1109-1-2016.jpg





ふだんほとんど

オモチャで遊ばないそら豆が

ベッドにオモチャを持参するなんて

とても珍しいことでした。



そら豆がオモチャで遊ばないのには

理由があって

それは・・・・・・。




1109-2-2016.jpg




オモチャ将軍だった豆太郎が

ウチにあるオモチャをぜんぶ

独り占めしていて

そら豆には絶対に

貸してあげなかったから!




1109-3-2016.jpg

1109-4-2016.jpg

1109-5-2016.jpg




ふだんは優しい豆太郎だったのに

オモチャに関してだけは

とってもイジワルで

暴君ぶりを発揮していました(笑)




1109-6-2016.jpg




その結果

いつの間にかそら豆は

オモチャに興味を示さない子に

なったのですが・・・・・。



そんなそら豆が

珍しくオモチャ遊びを

したってことは・・・・・

今はお空にいる豆太郎から

ようやくお許しが出たのかな?




1109-7-2016.jpg




オモチャ将軍、

そら豆にオモチャを貸してくれて

ありがとね (*´∇`*)



☆お空のお友達にも貸してあげてね☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



ストックしていたカボチャ。

ハロウィンの飾りがてら

しばらく放置していたら!




1108-1-2016.jpg





こんなことになってました( ̄ω ̄;)!!



オシリの部分が

黒くなってしまったカボチャを

さてどうしよう?かと

眺めていたら

イタズラ心がムクムクと湧いて




1108-2-2016.jpg




こんなんしてみました(笑)



だけどこの顔ちょっと

誰かに似ているような・・・?




1108-3-2016.jpg




鼻黒コンビ(* ̄m ̄)プッ



もちろんその後カボチャは

(黒くなった箇所以外)すべて

美味しくいただきました~



☆マッシュしてサラダに変身!☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



きょうボクは

じぃちゃんの畑にいきました。



じゃがいも・・・・・?




1107-1-2016.jpg



ダイコン・・・・・?



1107-2-2016.jpg




じゃがいももダイコンも

ミドリのハッパしかなかったけれど

もうスグ美味しい実がなると

かーちゃんはいいました。





1107-3-2016.jpg




おイモもダイコンも

ボクは大好だから

うれしいなぁ♪



だけど・・・・・。





1107-44-2016.jpg




これはキライ・・・・・!!



丸くて黄色くて

見た目は美味しそうなのに

匂いを嗅ぐと

ボクの鼻は

クシャミが止まらなくなるから

キライです。




1107-5-2016.jpg




ねぇ、かーちゃん

これはカメムシの友だち?



☆レモンは苦手なそら豆です(笑)☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



といっても

ロマンチックなお話ではありませんが

愛しの山川さんについて (*´∇`*)




ご存知の通りパグ犬は

お顔にシワの多い犬種ですが、

みんなそれぞれ

シワの入り方は違っていて

とくにオデコのシワは

それぞれとっても個性的なんです♪




1105-1-2016.jpg




たとえば

うちのそら豆は・・・・・!




1105-2-2016.jpg




漢字の「 山 」の字のような

シワを持った、山さん(笑)



豆太郎は・・・・・




1105-3-2016.jpg




タテすじ模様が

刻まれた、川さん!




1105-4-2016.jpg




フタリ合わせて

山川さんです (*^m^*) ムフッ



残念ながら「 川 」の字は

去年、豆太郎が

お空にもって行ってしまって

今はもう見ることが

できないのだけれど・・・・・。




1105-5-2016.jpg




今でも大切な思い出。

今でも大好きな川さん。



傍にあってもなくっても

すっとずっと永遠に

私の愛しの山川さんなのです♪



☆もう1度、川さんに会いたいなぁ☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



近ごろ肌寒いせいか

温かい部屋に入ったり

食事をしたりして

身体があったまると

ついつい眠気がきて困ってしまいます。



このブログを書いてる今

時間は深夜2時すぎ。

晩ゴハンのあと

たしかテレビを観ていたハズなのに

ウトウトしてしまったようで・・・・・。

庭に出てトイレをしたいそら豆に

顔をペロンコされて

目が覚めました (6 ̄  ̄)ポリポリ


ゴメン、ゴメン、そら豆。




1104-1-2016.jpg




ところで先日、

長野へ遊びに行った時のこと。




1104-2-2016.jpg




ワンコ用ピザを食べて

満腹になったそら豆。

ずいぶん大人しくしてるなぁと

思っていたら・・・・・!!










ウトウト・・・・ガクッ!!

船をこいでいました (≧m≦)ぷっ!



おなかがいっぱいになると

スグ眠気がきてしまう

ワンコと飼い主。

ヘンなとこだけお揃いの

似た者同志です(笑)



☆でも気持ちいいんだよねぇ~☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



とってもキレイな夕暮れでした。




1103-1-2016.jpg




晴れた日の夕暮の

どんどん夜の準備をすすめてゆく

空の色がとても好きです。



太陽の名残のオレンジ色がブルーに溶けて

そしてどんどん紺色へと変化してゆく

なんともいえないグラデーション。

圧倒的な色のパワー。



とても神々しくて

ふだんは無心神な私でも

なんだか神様を信じたくなります。



そして、こんなキレイな空に

美しい空のどこかに

今はいる豆太郎は

きっと私の側にいたころよりも

穏やかに過ごしているのだろうと

考えたりします。




1103-2-2016.jpg




だけど、やっぱり

あの頃のように・・・・・・。



豆太郎と一緒に

豆太郎と並んで

見上げたかったと思う夕暮れでした。



☆神様、願いを叶えてくれないかなぁ☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆






このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



週末を利用して

恒例の長野旅行へ行ってきました。




1102-1-2016.jpg
長野の空は青くて高~い!




大好きなお友だちと

いつもの場所でいつも通り

楽しく美味しく過ごせる幸せ。



再会できる喜び。




1102-2-2016.jpg
フクちゃん15歳、そら豆13歳




ワンコたちが若いときは

ランで走ったりリンゴ狩りしたりと

みんなでいろいろ遊ぶことが

目的だったけれど

ワンコたちが歳を重ねて

天使になった子もいたりして・・・・・




1102-3-2016.jpg
2011年。賑やかだったリンゴ狩り




記念写真を撮っても

淋しくなってしまった今は

いつもと少し違う場所に身をおいて

いつもと少し違う空気を吸って

お互いの近況報告をしあうこと

また次回も元気に会えますようにと

約束しあうことが

旅の目的になっています。




1102-4-2016.jpg
初参加のちーちゃんは2歳のヤング




とはいえ、

色づき始めた木々の中を

のんびりお散歩したり




1102-5-2016.jpg
どすこい!どすこい!



お待ちかねの・・・・・!











ワンコ用ピザを食べたりと♪




1102-6-2016.jpg
ほっぺが落ちるね~(笑)




充実した時間を過ごせた長野旅行。



また次回、

ヒトもワンコも元気に

再会できますように!



☆もちろんお空組の子たちも一緒!!☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆




このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



今年もまた

このCMが始まりました。










三代目 J Soul Brothersの

キレッキレのダンスを眺めながら

去年の今ごろは

いつの間にか11月11日が

ポッキーの記念日になったことを知って

苦笑いしていました。

お菓子メーカーの仕掛けるイベントが

またひとつ増えたなぁ、なんて。



まさか・・・・・



人生でもっとも悲しい日に

なるとは思いもせずに・・・・・。



1101-1-2016.jpg




11月11日は

豆太郎が亡くなった日。

優しくて穏やかだった私たちの日常が

予告もなく途切れた日。



今年もまた記念日に向けて

CMが始まったけれど

私には・・・・・

豆太郎とのお別れの日への

カウントダウンを叫ばれているようで

複雑な気分です。



そんなに楽しそうにしないで

Share happinessなんて無理だもの

そう思う一方で、去年

ポッキーの記念日を知って

苦笑いしていた私の隣で

豆太郎がスースー寝息をたてていた

優しい記憶も蘇るのだけれど。




1101-2-2016.jpg




恒例のCMが始まり

11月のカレンダーが始まり

豆太郎がこの世で過ごした

最後の10日間も

始まります・・・・・。



☆去年の今ごろは一緒にいたのにね☆

●ひと押し下さると励みになります●

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆