このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆


久しぶりに豆太郎の夢をみました。




0128-1-2017.gif




ドアを開けると

そこは青っぽい部屋で

部屋の真ん中には

やはり青い毛布があって

その上に1頭の犬が

丸くなっていました。



犬は背中を向けていて

だから顔はみえないのだけど

その丸いフォルムや被毛の色

そして頭のカーブや

垂れた耳の形は

とても見慣れたもの。

私が長い間大切にしてきた

愛しい後ろ姿でした。

だから私はひと目でその子が

豆太郎だと分かって

思わず駆け寄って

抱き上げました。

虹の橋にひとりで行ったきり

帰ってこないと思っていたら

こんな所にいたのねと嬉しくて

ギュッと胸に抱きしめました。



するとまた

私の前にはドアが現われて

開けると青い部屋に犬がいました。

豆太郎だと分かって

強く抱きしめました。



そしてまたドアが・・・・。



と、豆太郎を見つけて

胸に抱きしめるという

行為を何度か繰り返したあと

ようやくそういえば・・・と

何度も何度も同じシーンが

繰り返されていることに

気が付いて

そして目が覚めました。



腕にはまだ

豆太郎の重みが残っていました。

胸にはまだ

豆太郎の形を感じていました。



ようやく頭がはっきりしてきた頃

思いました。





0128-2-2017.jpg




人は、大切なものや愛しいものを

反射的に胸に抱きしめるんだな、と。

何度でも何度でも同じように

抱きしめてしまうんだな、と。



お空に逝ってしまった豆太郎の夢を

久しぶりにみた朝のことでした。



☆少し幸せで少し淋しい朝。。。☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆


スポンサーサイト