このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



私の愛犬

そら豆パグ犬14歳。




0809-1-2017.gif




近ごろ、

そら豆との暮らしの中で

気付いたことがあります。



それは、

褒めることが多くなった!

ということ。




0809-2-2017.gif




とはいえ、決してそら豆が

お利口さんだから、というワケでは

ないんですよ。

むしろ、その逆で。。。

シニアになって

ニンゲンなら後期高齢者と

呼ばれる年齢になって

若い頃ならフツーにできたことも

覚えていたコマンドも

歳とともに出来なくなったり

忘れてしまったことのほうが

多くなってしまった今日この頃。



けれども、

だからこそ、



いつもよりほんの少し

長く散歩で歩けただけで

朝ちゃんと目を覚まして

自分で起き出してきただけでも

ゴハンをしっかり食べたことも

いいウンPが出たことも

たっぷりチッコしたことも



もぉ嬉しくって、有難くって

ついつい褒めちゃうんですよね。

スゴイね~!

カッコイイね~!!

いい子ちゃんだね~!!! って。




0809-3-2017.gif




若いワンコさんたちなら

出来て当たり前の事ばかりでしょうけど

愛犬がシニアになるにつれて

そんな当たり前のことを

当たり前に出来ることの

素晴らしさや難しさ

有難みが身に沁みるようになりました。



そうして思い出したのは

そら豆がまだヨチヨチの仔犬だった頃。

起きては喜び、食べては褒めて

ちゃんと排泄できれば天才扱い。。。

何をしても褒めちぎっていた

パピーのそら豆と

同じ扱いを、今私は

シニアのそら豆にしているなぁって。




0809-4-2017.gif




そう考えると

もしかして私はもう1度、

パピーのそら豆に

出会っているのかもしれないと。。。


なんだかそんな風にも思えて

与えられた2度目のチャンスを

大切にしたいと思う

今日この頃なのです。



☆今日も良いウンPをありがとう☆

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆


スポンサーサイト