このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



1年365日。

365枚ある

日めくりカレンダーのうち

もしも、1日だけを選ぶなら

もしも、1日だけに戻れるなら

私は迷わず、11月10日を

2015年の11月10日を

選びます。



2015年11月10日

2年前の11月10日

私の大切な豆太郎が

この世にいた最後の1日。

豆太郎の丸くて大きな瞳に

私が映っていた最後の日。



もう何度も何度も

擦れきれるほど思い出している

あの日の豆太郎は

クッシング症候群が進行して

ずいぶん弱ってはいたけれど

いつもに比べて

うんと元気そうにみえて

私を喜ばせてくれました。



朝は自分から起き出して

散歩に行ったしゴハンも食べた。

夕方のお散歩もいつも通り出かけて

晩ゴハンも残さず平らげ

庭で寝る前のチッコをしました。

見上げた夜空には

秋の星座が光っていました。

そうしていつも通りの1日を終えて

いつも通り一緒にベッドに入って。。。

それが最後でした。

翌朝私が声をかけた豆太郎は

体はまだホカホカ温かかったけれど

魂はもう、旅立っていました。



もしも。。。

もしも、1日だけ戻れるなら

もう1度

もう1度あの11月10日に

戻りたい。

これまで私がめくってきた

何万枚もの日めくりカレンダーの

たった1日だけでいいから。



明日にはお別れが来るという恐怖も

もう永遠に会えない絶望も

ぜんぶぜんぶ背負ってでも

もう1度だけあの日に戻って

仕事も用事もぜんぶキャンセルして

豆太郎だけを見つめていたい。

1分1秒も目を離さず

片時も傍を離れず

豆太郎に触れていたい。

これまでのありがとうと

どれほど愛しているかを伝えて

これから会えない分の

ありがとうも

永遠に愛している気持ちも伝えて。。。

そうして

豆太郎の最後の1日を

だけど

いつも通り穏やかだった1日を

傍で見守りたい。




1110-1-2017.gif




そんな風に

最後の1日見守りたかった。



見守りたかったのになぁ。。。




1110-2-2017.gif




2017年11月10日快晴



今夜も空には

あの日と同じように

ペガススが光るのだろうけれど

私のカレンダーは戻らない。

豆太郎も戻らない。

嫌でも明日がやってきて

11月11日のカレンダーになれば



豆太郎の二周忌がやってきます。



☆豆太郎のカレンダー最後の1日☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/1054-415ec7f2