このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎、

あの日から2年が経ちました。

君がお空に旅立って2年。




1111-1-2017.gif




豆太郎、

2年前の早朝

君はベッドの中からひとり旅立って

私が目覚めたときにはもう

隣の君は動かなくなっていたけれど



それでも

まだ温かい体で亡くなっていた君を

何度も何度もさすってゆすって

泣き叫びながら

抱きしめていたあの日が

私とっては

君との最後の思い出が残る日です。



あの時の

驚きと悲しみと絶望ったらなかった。

怒りと後悔ったらなかった。

君の時計が止まって

そして私の時計も止まりました。



豆太郎、

君が死んでしまった日

私の半分も死んで

半分になった私で今日まで

過ごしてきたのだけれど

まるで手術で半分切り取られた臓器が

残された器官を補うように

それでも機能してきたのだけれど



だけど半分はやっぱり半分で

笑っているつもりでも

楽しんでいるつもりでも

何かに夢中になっていても

足りません。

満たされません。

君がいた頃のようには。



それでも私が

今日もこうしてここにいるのは

君が与えてくれた、たくさんの思い出

君が教えてくれた、たくさんのこと

君が繋いでくれた、たくさんの人々

それらのおかげです。




1111-2-2017.gif




11月11日。

1年で1番

悲しくて悔しくて後悔する日。



だけど、

君のまだ温かい体を

この手できつく抱きしめた

私の宝物だった君のことを

この手に抱きしめることができた

最後の日だったから



豆太郎、

1年で1番悲しくて大嫌いな

この日さえ

今では愛しく思えてなりません。



☆わんわんわんわんの日に旅立った君へ☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/1055-c281f0b6