上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎は私に

どれほどたくさんのものを

与えてくれただろう。


私は豆太郎から

どれほどたくさんの

プレゼントを受け取ったんだろう。




1222-1-2017.gif




まっすぐにこちらを見つめる瞳。

私に向けてくれた

混じりっ気のない信頼感。

言葉はなくともこれほど

通じ合えるという喜びと感動。

柔らかい体のぬくもり。

まるで永遠の夏休みのような

楽しい時間。

落ち込むたびにそっと寄り添ってくれた

さりげない優しさ。

お腹がよじれそうなほど笑った

数々のハプニング。



季節ごとに違う景色。

クローバーの群生

足元に小さく咲く花々の存在。

落ちていたパンの欠片。

同じように見えて実は

毎日違っている日常風景。

豆太郎と歩かなければ

気づくことのなかった

多くのものたち。



たくさんの人とのご縁。

とくに犬ブログを通じて

知り合った方々。

豆太郎を亡くした私を

支え励ましてくれたのは

豆太郎が繋げてくれた方々のおかげ。




1222-2-2017.gif




書き上げたらキリがないほど

本当にたくさんのものを

私は豆太郎から与えてもらいました。

その半分も

お返しできなかったにも関わらず

生きた14年の間中ずっと

豆太郎はかけがえのないプレゼントを

私に贈り続けてくれました。



そして昨日。。。



思いがけず職場に

尋ねて来てくださったのは

まだバリ島に暮らしているときから

ブログを通じて豆太郎を応援

してくださっていたという方。

関西の片田舎のカフェで働く私に

広島からわざわざ

会いに来てくださいました。



亡くなって2年が経つのに

いまだにメソメソしがちな私を

励ましに遠くから

来てくださったことが嬉しくて。。。

天国の豆太郎のことを今も

覚えていてくださることが嬉しくて。。。

バリ島で元気に暮らしていた

若い豆太郎の姿まで

ご存知くださるのにも感激して。。。

仕事中にも関わらず

涙腺が崩壊してしまいました。




1222-3-2017.gif




一緒に過ごした14年の間

たくさんのプレゼントを私に

遺してくれた豆太郎は


天国に逝ってもなお

素晴らしいプレゼントを

贈り続けてくれていることに

気づいた日でした。



☆天国からのプレゼントをありがとう☆

●ひと押し下さると励みになります●


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/1075-ab1c58cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。