このブログは  神々の住まう島、  バリ島に暮らす パグ犬 豆太郎 と そら豆
・・・ そして、  結婚できない 大食い三十路オンナ の 日常を つづったものです。



                         ☆ ☆ ☆


少し前のコトですが。

日本にいる父が、 こんな本を送ってくれました。




08 0815-1




あはは・・・・・・・・・・(汗)


でも。

父の名誉のために、  いっておきますと!

べつに父は、 いきおくれた娘への 当てつけに

この本を 送りつけてきた ワケではなく (笑)

書評が面白かったから、 興味があれば送るよ?  と。

そんな経緯で、 届いた本です (笑)




08 0815-2




まぁ、 内容については

これから読まれる 方のために、  とっておくとして!


ただ・・・・・・・・・・。

この本を読んで ハタ! と考えたんです、 わたし。

もし、 このまま 嫁にも行かず、 ひとりのまま 過ごしたとしたら!



いったい、 わたしは・・・・・・・・・・。

いつまでワンコと 暮らせるのだろう?  って。





08 0815-3





あと 20年もすれば、 わたしも 初老の域。

その時まで パグっぽたちに、 元気でいてね? と・・・・・・・・・・。

強要するのは、  さすがに酷な お願いだし。


かといって、 新しいワンコを 迎えたとしても。

歳をとった自分が、  ひとりっきりで・・・・・・・・・・。

ワンコのお世話を ちゃんとしてあげられるか? は、 疑問。


となれば・・・・・・・・・・。

わたしにとって、 パグっぽたちが


・・・・・ラスト ワンコかも? 




08 0815-4




あっ でもね。

だから 悲しいとか

おひとりさまの老後が 淋しいだとか

悲観しているワケぢゃ、 ないんですよ。


むしろ、その逆! 




08 0815-5




もし、 わたしにとって

パグっぽたちが、 ラスト・ワンコに なってくれるなら・・・・・・・・・・!



・・・・・ソレって本望! 




08 0815-6




だったら。

今、 わたしが 彼らに してあげられることを

精一杯 やりきって・・・・・・・・・・!


たとえ。

自分に ワンコが飼えなくなる時期が、 やって来たとしても。

おひとりさま プラス ワンコ の 老後が、 迎えられなかったとしても。

 
だけど もう十分だよね♪ と 納得できるくらい

パグっぽたちと、 濃密な時間を 過ごせたならば・・・・・・・・・・!
 


・・・・・ソレってサイコー! 





08 0815-7




そう、気がついたら。。。。。


今の時間が、 今日という1日が。

とっても愛しく、 大切に感じられる・・・・・・・・・・。

今日この頃なんです♪




08 0815-8




                         ☆ ☆ ☆



だけど・・・! 出来るコトなら この先20年でも 30年でも 元気でいてね? と。。。。。
中年パグたちを 勧誘しつつ・・・・・・・・・(笑) 南の楽園に 暮らす パグっぽたちは
今日も 元気です!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/338-7fc9a7d0