2010.01.31 パブロフの犬


このブログは、 神々の住まう島 バリ島に暮らすパグ犬 豆太郎 と そら豆
そして、嫁き遅れ飼い主の トホホな毎日をつづった熱帯低気圧日記です。



                         ☆ ☆ ☆


『 パブロフの犬 』 といえば

ご存知、パブロフ博士による犬を使った実験。

犬にエサを与えるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ

たとえエサが無くてもベルの音を聞いただけで

犬はヨダレを垂らすようになったという、条件反射の実験です。



・・・・・・・実験 ( ̄ー ̄)ニヤリ



そこで今日は。

パブロフ博士に倣ってわたくし2豆の局も

犬の実験をしてみたいと思います♪


ではさっそく、

被験者となるワンコをご紹介しましょう。




10 0131-1




被験者のパグ犬は

そのムッチリした外見からもお分かりの通り、非常に食欲旺盛!

食べ物を見せると目の色が変わるどころか

目まで剥いてしまう・・・・・・・・・・・。




10 0131-2




・・・・・・そんなパグ犬 (゚_゚i)タラー


パブロフの犬はベルの音とエサを条件づけましたが

このパグ犬はベル音など聞かなくても、いつだって・・・・・

おなかを空かせているんだそうです (飼い主談)




10 0131-3




さて、実験ですが!

概要は至ってシンプル。

被験者のパグ犬に、ただ・・・・・・・・・・・。




10 0131-4




飼い主の握りこぶしを見せるだけ。

ただ、見せるだけです!

もちろん、手の中には何も入っていません。

気を引くような、匂いもありません。




10 0131-5




あるのは、飼い主のグーだけ。。。。

なのに!!


このパグ犬は、やたらと反応します!

しかも、舌なめずりしながら・・・・・(汗)









もうお分かりかと思いますが。

この実験は・・・・・・・・・・・。


食いしん坊度を測る実験! 


食べ物への 『期待』 と 『執着』 の度合いを試す実験でした(笑)




10 0131-6




そして、被験者のパグ犬のように

期待と執着が大きければ大きいほど!


カンタンに・・・・・・・・・・・




10 0131-7




・・・・・ダマされます (* ̄m ̄) ププッ  


あぁ、悲しき食いしん坊。。。。。



                         ☆ ☆ ☆



まぁ、わざわざ実験しなくても すでに判りきったコトなんだケド・・・・・・・・・・・・・(笑)
南の楽園に暮らす パグっぽたちは 今日も元気です!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/469-cbf9126e