このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



晩年の豆太郎の記録を残しておきたくて

豆太郎の四十九日からブログを再開してみた。



エントリーが欠けている無言の期間に

豆太郎はクッシング症候群を発症し

はじめは静かに

そして最後は急速に衰えていった。




0109-1 2016




おじいちゃんになっても病気になっても

ずっとずっと私の宝物だった豆太郎・・・・・・。




大切な豆太郎の最終章を

いつか霞んでしまうかもしれない

私の記憶だけに留めておくのではなく

ちゃんと文字に起こして残しておきたかった。




同時に、クッシング症候群と診断されるまで

ずいぶんと時間がかかってしまった豆太郎の

病気の兆候や症状も

ブログにあげておけばもしかして

誰かのお役に立てるかもしれないと思った。


豆太郎は全体の10~15%しかない

副腎腫瘍性(AT)のクッシング症候群だったから。





0109-2 2016




けれども、それらを書き残すより先に

豆太郎が逝ってしまった朝のことを

私はちゃんと書いておかなければならない。



大切な宝物だといっておきながら

最後の最後に・・・・・・

豆太郎をひとりぼっちにさせてしまった私の愚かさを

正直に告白しなければフェアじゃない。





0109-3 2016




旅立ちの前日のことは書いた。

いつも通りの1日を終えて

私の隣でひとつ布団の中で

逝ってしまった豆太郎。



『傍にいれてよかったね』

何人かの優しい友人が声をかけてくれた。



そう・・・・・・。

確かに私は豆太郎の傍にいた。

同じ布団で眠っていた。





なのに、あの朝。




私は豆太郎の死にまったく気づいていなかった。









にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/575-019f6c69