このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎はくっつき虫だった。

台所、お風呂、トイレ・・・・・

まるでストーカーのように

私が行くところにはどこへでも一緒についてきて

おっきな目で私の行動を観察していた。



うたた寝している豆太郎の目を盗んで

こっそり動こうものなら

怒ったような顔した豆太郎が

カチカチ爪音を響かせて

あとから慌ててやって来た。



晩年、クッシング症候群を発症して

脚が弱り、体が弱り、

寝てばかりになってしまうと

そんな可愛い姿も

見れなくなってしまったけれど・・・・・・。





0304-1 2016





豆太郎が逝ってから

私は急に後ろを振り返ったり

わざと真逆に顔を向けてみたり

一度閉めたドアを急に開けてみたり

不意打ちの行動を

わざとするようにしている。



家の中、そら豆との散歩中、

スーパーやレストランや街中でも。

他人から見ればちょっとアブナイ人に

見えるかもしれないけれど。



見るのは地面から35cmあたり。

豆太郎の・・・・・体高。



天国をぬけ出した豆太郎が

私について来てきていることを期待して。

あのおっきな目で

私を見あげていることを期待して。





0304-2 2016





まるで「だるまさんが転んだ」を

しているみたいだけれど・・・・・・。

残念ながら振り返った視線の先は

いつも空白だけれど・・・・・・。




不意打ちを続けていれば

いつか・・・・・・。

油断した豆太郎が姿を現すかもしれないと

期待を込めて。


「だるまさんが転んだ」を続けていれば

もしかして・・・・・・。

止まり切れなかった豆太郎が

動くかもかもしれないと

望みをかけて。





私は永遠に

鬼のままかもしれないけれど・・・・・・・。




1度くらいはこのゲームに

勝てれば、いいな。


もう1度、

豆太郎を見れたら、いいな。





☆なかなか動かない豆太郎に・・・ポチっ☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/602-45cfa992