このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



食いしん坊のパグ犬にもれず

豆太郎もそれはそれは食いしん坊だった。


晩年、病気で体や歯が弱ってからも

食欲だけは旺盛で

ポロポロこぼしながらもクッチャクッチャと

ものすごく時間はかかったけれど

1度も残さずに完食してくれた。



だから虹の橋にいってからも

毎日朝晩、ゴハンを用意している。

『ヨシ!』の掛け声で

いただきますをするのは生前とかわらない。

ごちそう様のあと、減ってない器をさげるときは

毎回淋しくなるけれど。



朝ゴハンのあと、

いつも食べていたバナナは今も

そら豆と半分こして豆太郎の分も用意する。



愛用のオヤツ。

ワンコ用のボーロやジャーキー

ミルクビスケットなど。


食いしん坊の豆太郎が口淋しくないように

祭壇にはいつも食べ物がお供えしてある。



ほかにも

リンゴやイチゴ、ミカンなど。

頂き物があったり、

スーパーで美味しそうなものを見つけると

ついつい写真の前に並べてしまう。



豆太郎が好きそうなものを見つけると

豆太郎が食べれそうなものがあると

嬉しくなって、ついお供えしてしまう。






0308-1 2016






ところが先日ふと思った。




豆太郎はもう、

何でも食べれるんじゃないか・・・・?、と。

何を食べてもいいんじゃない・・・・?、と。



ハンバーグもハムも親子丼も豚の生姜焼きも

チョコでもケーキでもポテトチップスさえ


ワンコの豆太郎は

1度も口にしたことのなかったものだけど


天使の豆太郎は

もう食べてもいいのかもしれない・・・・と。




だってもう、

病気になることはないし

そもそも体を気遣う心配がないんだから。


生前、食べたそうに眺めていたもの何でも

あげてもいいかもしれない、と。






0308-2 2016





我ながらこのひらめきは

目からウロコだったのだけれど・・・・・。




でもやっぱり体に悪そうで

いまだに勇気がでない。



ハンバーグやチョコレートを

まだお供えできずにいる。

だって・・・・・・・

豆太郎が病気になったら困るから。




ヘンだと思う。

バカげていると思う。

矛盾だらけで我ながら可笑しくなるけれど



長年の習慣を

なかなか改められないでいる。





☆こんな顔して食べる豆太郎に、ポチっ☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/607-0f44605f