このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



4月も下旬になってそろそろ

そら豆の

フィラリアの検査や予防薬を

スタートしなくちゃいけない時期なのに

まだ病院に行けていません。




新しい病院を探しているけれど

なかなか、決められなくて。



ずっとお世話になっていた動物病院には

もう、行けそうになくて。





0418-1-2016.jpg






豆太郎が亡くなってから1度だけ

そら豆の血液検査に行ったとき




病院へ行く道にも

待合室の景色にも

診察台の上にも

もう、どこにも

豆太郎の姿が見当たらなかったのが

悲しくて、苦しくて。




豆太郎がクッシング症候群と診断されてから

月に1度は必ず

多い時には2度も3度も通った病院なのに

豆太郎がいるのが当たり前の待合室だったのに




いくら待っても待っても診察室からは

豆太郎の名前が呼ばれないのが

なんともいえず悲しくて・・・・・・・・




でも他の患者さんもいらっしゃる手前

メソメソすることもできず・・・・・・・・




だからずっとお世話になってきた病院には

とても感謝しているけれど

病院をかえようと思ったのが1月の終わり。




けれども・・・・・・・・・。

いまだに新しい病院を決めかねているのは

1度お世話になりはじめたらこの先ずっと

そら豆の健康を託すことになるので

慎重にならざるを得ないのと




もうひとつ、




豆太郎のカルテが

豆太郎が病気になってから亡くなるまでの

命のカルテが・・・・・・・・




遠い所にいってしまうことに

抵抗を感じている自分がいるからです。






0418-2-2016.jpg






いづれにしても

今月中には結論を出さなくてはいけないのだけれど。

必ず病院に行かなくてはならないのだけれど。




冬休みの宿題をいまだに終わらせていない

劣等生気分の今日この頃です。




ゴメンねそら豆、もう少しだけ待ってね・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございます☆




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/640-f07d9174