このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎、

200日です。

君が旅立って今日で200日目。




お空の様子はどうですか?

お友だちはできた?

懐かしいおともだちにも会えた?

オモチャで遊んでる?

いっぱい食べてる?

たまには、かあちゃんの所にも

来てくれているのかな?







0528-1-2016.jpg






豆太郎、

かあちゃんは相変わらずメソメソしていて

豆太郎、豆太郎と

名前を呼んでは

君が側にいない今日に

ガッカリしているのだけれど





それでも

あの秋の日から200日が過ぎて

冬をやり過ごし、春を見過ごし

夏の気配に気づくこの頃

思い出す君の姿が

豆太郎、という呼びかけに

応えてくれる君の顔が

病気になる前の元気な姿に

かわってきていることに気づきました。





少し前まで、

思い出すのは

弱々しい君の体と

そんな自分を持て余したような

悲しそうな顔ばかり。

だから何もかもが悲しくて

申し訳なくて・・・・・・。

出てくる言葉は「ごめんね」ばかり

だったけれど





でも最近ようやく

丸顔に大きな目をキラキラさせて

よく笑っていた君本来の姿を

思い出せるようになりました。







0528-2-2016.jpg






豆太郎、

これが日にち薬ってものなのかな?




200日がたって

ようやく効き始めてきたお薬は

とても優しくゆっくりと

君との時間を取り戻してくれています。




だから、

ずっと開けられなかった

過去のブログの記事を・・・・・。

君と過ごした

宝物の日々の記録も

少しずつ

読みかえせるようになりました。




そして、

URLに貼りつけられた

私たちのアルバムを見るたびに

思うんだ。






楽しかったよね?

幸せだったよね? って。







0528-3-2016.jpg







豆太郎、


君とのお別れは

いっそ死んでしまったほうが楽なくらい

悲しくて苦しくてやり切れなくて

今もちっとも楽じゃないのだけれど




でも、じゃあ

君との思い出を

半分差し出すかわりに

君を亡くした悲しさを

サッパリ拭ってもらえるとしても

それは、絶対したくない。




あんなに楽しかった時間を

こんなに大切な思い出を

1つたりとも失いたくはないから。




逆にどんなに苦しくて悲しくても

もう1度、

君と時間を過ごせるなら

かあちゃんは何度でも

この苦しみを受け入れます。







0528-4-2016.jpg







豆太郎、




こんな風にアレコレ想いながら

かあちゃんは過ごしています。




そして、君への置き手紙が

どんどん増えていきます。




でも、どうか読まないで。







0528-5-2016.jpg







豆太郎、


かあちゃんが迎えに行く日まで

君はそこで

のんびり楽しくいて下さい。




そして

もう1度会えたとき




君のまあるい体をギュッと抱きしめて

君のおっきな目を見つめながら




どんなに会いたかったか

どんなに愛しているか

君に直接、伝えます。





だから、手紙は読まないで。

かあちゃんがそちらへ行くまで

そのまま置いておいて下さい。






0528-6-2016.jpg







豆太郎、


何度呼んでも愛しい名前。



豆太郎、


今日も相変わらず大好きです。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
☆今日もありがとうございました☆




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/680-f5cff36e