このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



おやすみ、カズくん・・・・・・。

ゆっくり休んでね。

18歳と聞いていたけれど

本当は22歳だったんだって?

おばあさんに教えてもらって

ビックリしています。

長い犬生、お疲れ様でした。

最期までよく頑張ったね。




ありがとう、カズくん・・・・・・。

会えばいつも

優しくご挨拶してくれて嬉しかったな。

豆太郎とそら豆に

オヤツをたくさんおすそ分けしてくれて

ありがとう。




サヨナラ、カズくん・・・・・・。

水曜日の朝は元気そうに

お散歩している姿を見かけたのに。

お別れだなんて・・・淋しいよ。

おじいさんとおばあさんが

とても気落ちしてらっしゃって・・・・・

見ていて辛かったです。




どうかお空へは

急がずゆっくり出発してあげてね。






0305-4 2016






いつもお散歩で出会うカズ君が

お空へ旅立ちました。




前に1度書いた通り→  

『カ~ズゥ~、こら、カ~ズゥ~』と

いつも怒ったように名前を呼びながらも

カズ君をたっぷり可愛がっていたおじいさんが

今朝は珍しく1人で散歩していたから

『カズ君はどうしたの?』って

声をかけたら・・・・・・。




カズは、死んだ。

ゆうべ、9時25分、死んだ。




背筋を伸ばして・・・・・

声を張り上げて・・・・・

まるで宣言するような

もしくは決別するような

おじいさんの声が返ってきました。




そして、そら豆の頭を撫でながら

『 今日、カズの葬式 』

と、今度は小さな声でそら豆にいって

いつものサンダル履きの足を

いつも通り少し引きずり気味にして

去っていきました。




まるでいつもカズ君と

お散歩をしているみたいな後ろ姿で・・・・・・。






DSC_0135-1.jpg






夕方、お花を持って

お宅に伺ったら

おばあさんが出てらっしゃって

カズ君の最期を教えてくださいました。




この2日ほど少し体調が悪そうで

散歩に出たがらなかったのだけれど

カズ君は毎年この時期

皮膚の疾患がひどくて

あまりにも被毛が汚れていたので

お風呂に入れてあげたら

スッキリしたのかよく眠って

そのまま逝ってしまったそう。




22年一緒にいたから

淋しくて淋しくて・・・と

肩を落としてらっしゃったおばあさん。




お宅にはカズ君の愛用品がたくさんあって

おじいさんおばあさんお二人で

カズ君を大事にしてらっしゃった様子が

ひと目で見てとれました。





0305-3 2016






奇しくも豆太郎の月命日に

カズ君の訃報を聞かされた悲しい出来事。




どうかカズ君の眠りが

安らかでありますように・・・・・・。






☆カズ君とおじいさんに・・・ポチっ☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/692-94229455