このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



高グロブリン血症と診断されたそら豆。 →


先週の月曜日に受けた

「多発性骨髄腫」を診断する検査のひとつである

「ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査」と

マダニ媒介性の感染性疾患の

「エールリヒア症」のスクリーニング検査の

結果がでました。





0704-1-2016.jpg






まずは、「ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査」

の結果について。



そら豆が高グロブリン血症と診断された当初

先生から最も可能性があると言い渡され、

そして私が最も恐れていた

「多発性骨髄腫」については

「ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査」で

見事“ 陰性 ”と出ました。



これによりそら豆が

「多発性骨髄腫」である可能性は

ほぼほぼ無くなりました! ふぅ~ ε=( ̄。 ̄;)



理由は、蛋白分画検査がグレーで

「多発性骨髄腫」を証明しきれず

ベンス・ジョーンズ蛋白尿検査でも陰性、

そしてグロブリン値が上昇しはじめた

2012年から現在まで、何の症状もみられず

日常生活を維持できていることは

「多発性骨髄腫」の場合まず不可能である

という3点から、このたび晴れて

「多発性骨髄腫」の不安から

解放されることとなったのでした♪






0704-2-2016.jpg






もぉね、この報告を受けたとき

思わず小躍りしちゃいました!

だって、そら豆が「多発性骨髄腫」

などという難しい血液のガンだなんて・・・・。

ちっとも信じられなかったし

だけどグロブリン値が高いのは

まぎれもない事実だから

もしかしてそうなのかも?なんて

不安にかられたりで・・・・・。

嫌でも悪い考えが浮かんできましたから。



でもね、いくら記憶を辿ってみても

そら豆にはそれらしい症状が

見当たらなかったし。

だいたい、恐ろしい血液のガンに罹った子が

こんなにムチムチと太ってられるハズ

ありませんものね~






0704-3-2016.jpg






うんうん、良かった!

本当に良かった!


そら豆のむっちりボディを

こんなに頼もしく思ったことは

いまだかつてありません(笑)





そして、もうひとつ。

マダニ媒介性の感染性疾患の

「エールリヒア症」のスクリーニング検査の

結果なのですが・・・・・。




少し長くなったので

続きはまた明日させてもらいますね。



☆良かったね~のお祝いにポチっ☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/712-f763410f