このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



「 私の豆太郎っ! 」



そう声をあげた自分の寝言で

目が覚めました。



どんな夢をみていたのか

目覚めたとたん夢の記憶は

泡のように消えてしまって

ただ、

目の前にいた豆太郎の映像と

自分が叫んだ言葉だけが

残っていました。



私の豆太郎。。。





0906-1-2016.jpg





豆太郎と暮らした14年間

私は豆太郎の名前の前に

さまざまな言葉をくっつけて

豆太郎に呼びかけました。



カッコイイ豆太郎

イイ子たんの豆太郎

カワイコたんの豆太郎

おかーさんの豆太郎

大事な大事な豆太郎・・・などなど



時には、豆太郎の大きな目を見つめながら

時には、ポッコリしたオデコをナデナデしながら

時には、ぎゅっと抱きしめながら。



たいてい豆太郎は

そんなの当然!って顔をしながらも

耳をピクピクしながら

自分の名前とその前につけられた

褒め言葉や修飾語を

ジッと聞いていました。


ただ、あんまりしつこく繰り返すと

また始まった・・・って

面倒くさそうな顔をされたんだけど(笑)





0906-2-2016.jpg





私の豆太郎。。。



豆太郎に捧げた修飾語は数あれど

夢の中で私は

「 私の豆太郎 」という

呼び方を

無意識のうちに選んでいました。




けれどもいったい

豆太郎はどんな風に呼ばれるのが

お気に入りだったのでしょう?



お空へいった今でも

私が呼びかけたさまざまな呼び名を

覚えていてくれるのでしょうか?





0906-3-2016.jpg





10日ぶりに取れた休みの日。

尻切れトンボの夢から目覚めたあと

そんなことをつれづれと考えた朝。



シッポの天使たちが持ち寄った

優しい修飾語であふれている

虹の橋のたもとを想像しながら・・・・・。



☆ポチっと呼びかけて下さると喜びます☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/768-cd26239c