このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



京都府北部にある

天橋立(あまのはしだて)に

行ってきました。





1004-1-2016.jpg





天橋立は松島や宮島と並ぶ

日本三景のひとつ。



宮津湾と阿蘇海を南北に隔てる

砂州なのだけれど、こんな壮大な

作品を造りあげる自然の

不思議さと偉大さに感動です!





1004-2-2016.jpg





その昔、イザナギノミコトという神様が

イザナミノミコトという女神に会うため

天上から地上にかけた長いハシゴが

ある日倒れて天橋立になったという

神話も残っていて 「 天への架け橋 」 とも

呼ばれていたそうです。




そして天橋立といえば有名な

「股のぞき」。

股の間から天橋立を見ることを

「股のぞき」と呼ぶそうです。





1004-3-2016.jpg





股の間からのぞき見る景色は

海と空が逆になって、

まさに天に架かる橋のように

見えるような?みえないような(笑)





1004-4-2016.jpg





天橋立。

天への架け橋。


豆太郎が亡くなってから

その地名に魅かれて

ずっと行きたいと思っていた場所でした。


天へと架かる橋ならば

空に逝った豆太郎に少しだけ

近づけるような気がして・・・・。

天に通じる橋ならば

旅立ちのときもしかして豆太郎も

そこを通ったかもしれない・・・・。



なんてね。





1004-5-2016.jpg





バリ島育ちで犬生のほとんどを

海の側で暮らし、朝夕毎日ビーチを

お散歩していた豆太郎なら

海から空へと伸びる橋を駆けぬけて

天国へと昇っていったような・・・・

そうであればいいという願いも込めて

この目でその橋を見てみたいと

思っていたのでした。





1004-6-2016.jpg





天への架け橋を眺めながら

天の豆太郎を想いながら

過ごした1日。



☆本当は天から戻ってきて欲しいんだけどな☆


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/795-5c6b0764