このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



豆太郎のハーネス。

以前にも書いた事がありますが・・・・・。
(過去の記事はコチラ→




1025-1-2016.jpg




ピンク地に黒いドットを散らしたハーネスは

豆太郎が亡くなる2が月ほど前

去年の夏の終わりに新調したものでした。

そして、

亡くなる前の晩まで使っていたものでした。



早朝に亡くなった豆太郎はそのほんの数時間前、

就寝前のチッコをするため庭に出た時まで

クッシング症候群のせいで弱り

痩せてしまった脚をそれでも自分から

このハーネスに通していました。




1025-2-2016.jpg




そんな豆太郎のハーネスが

いまだに手放せなくって・・・・・。



去年の11月

豆太郎の身体を空に帰したお葬式の日から

外へ出かける時は必ず

バッグにつけたりズボンの

ベルトループにひっかけたりして

豆太郎のハーネスを持ち歩いています。




1025-3-2016.jpg




身体はなくなってしまっても

豆太郎と一緒にお出かけしたくて。

そして、

もしどこかで豆太郎に出会えたらいつでも

ハーネスをつけておウチに帰れるように。




1025-4-2016.jpg




そうして間もなく

1年が経とうとしているのですが

豆太郎の愛しいアンヨが通されていた頃には

まだまだ新品同様だったハーネスも

この1年ですっかりくたびれてしまいました。



だから先日の豆太郎のお誕生日に

新しいハーネスをプレゼントしたんです。

去年ピンクのハーネスを

豆太郎と一緒に選んだペットショップに

偶然色違いのものが売っていたので。



古びたハーネスでお出かけするんじゃ

豆太郎に申し訳ないし

思い出のハーネスがこれ以上

傷んでしまうのも悲しかったので・・・・。




1025-5-2016.jpg




でもね・・・・・・。


やっぱり手放せないんです。

豆太郎を、豆太郎の身体を、

知っているピンクのハーネスが。




モノに執着しても仕方ない

これ以上使ったら本当に傷んでしまうと

分かっているけど手放せない・・・・・。

我ながら情けないです。




1025-6-2016.jpg




お誕生日に贈った新しいハーネスは

まだ豆太郎の祭壇に置かれたまま・・・・

今日も私の傍で

ブラブラと揺れている

くたびれたピンクのハーネスを撫でながら

豆太郎の名前を呼んでいる

未練がましい私です。



☆豆太郎はどっちのハーネスを選ぶ?☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/817-9dca82a1