このブログは、 南国バリ島に生まれ育った野生児パグ 豆太郎 と そら豆 が
ニッポンへ上陸しちゃった、トホホな 帰国犬日記 として 再スタートしました m(-_-)m





                         ☆ ☆ ☆



古い友人の訃報が届きました。

バリ島から。



彼女と出会ったのは20代のはじめ。

私がまだ学生の頃でした。

ひとり旅でバリ島を訪れた際

ひょんなことから彼女と知り合い

私にバリ島で暮らし始める

キッカケを与えてくれた人でした。



その後、彼女との付き合いは

ついたり離れたりだったけれど

お互いワンコ好きということもあり

一時期はよくお互いのワンコを連れて

ビーチへ散歩に通ったり

犬ブログを始めた彼女に

勧められたのがキッカケで

このブログを始めたりもしました。

バリ島時代に書いた記事には

何度彼女とワンコたちに

登場してもらったことか・・・・・。



そんな友人の訃報が届きました。




0313-1-2017.gif




急死だったそうです。

先週の日曜日に頭痛がするからと

友人との約束をキャンセルしたあと

連絡が途絶え、

心配した友人が自宅を訪ねたところ

ベッドのうえでひとり

亡くなっていたそうです。



残念ながら私はバリ島から帰国後

彼女とは疎遠になってしまっていて

近況などはまるで知らなかったけれど

心身ともにパワフルな彼女のことだから

元気にやっているものだと

思っていたのに・・・・・

とても悔しくて残念です。



ひとりで旅立ったという彼女。

きっとこんな突然に

逝きたくはなかったろう。

痛かったかもしれない。

辛かったかもしれない。

悔しかったかもしれない。

だけど、だけど、

最期のときは

彼女が愛して

そして見送ったワンコたちが

きっと、きっと、

彼女の旅立ちに優しく

付き添ってくれたと信じたい。

彼女は決してひとりじゃなかった。

おかーさん、おかーさん、と

愛しい子たちに伴われながら

賑やかに天国へと

旅立っていったのだろうと

私は信じています。




0313-2-2017.gif




●●さん、ありがとう。

あなたに出会えて楽しかった。

あなたと、

あなたのワンコたちと過ごした

あのビーチの時間を

永遠に私は忘れません。



☆すいません。今日はコメント欄閉じますね☆

●ひと押し下さると励みになります●


☆今日もご訪問頂きありがとうございました☆


スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://mame2bali.blog58.fc2.com/tb.php/937-60504846